柔道組織に関する情報

アジア柔道連盟(Judo Union of Asia)

沿革

アジア柔道連盟(JUA)は、1956年にチャイニーズ・タイペイ、カンボジア、インドネシア、日本、韓国、フィリピン及びタイが加盟国となって創立されました。初代の会長は、日本の嘉納履正(嘉納治五郎の息子)が就任しました。
第1回のアジア柔道選手権大会は、1966年にフィリピンのマニラで開催されました。当初7ヵ国から発足したアジア柔道連盟の加盟国は年々増加し、1970年末までには、スリランカ、マレーシア、インド、パキスタン、トルコ、ベトナム、北朝鮮、ビルマ(現在のミャンマー)、シンガポール、クウェート、サウジアラビア、バングラデシュ、イラン及びシリアなどが加盟し、23ヵ国までになりました。
男子柔道の普及とともに女子柔道も次第に盛んになり、1981年には、初めてのアジア女子柔道選手権大会が、インドネシアのジャカルタで第4回アジア柔道選手権(男子)と同時に共催されました。
1980年代には、中国、マカオ、ネパール、パレスチナ、イエメンが加盟し、さらに中央アジアのウズベキスタン、カザフスタン、キルギスタンとトルクメニスタンの4ヵ国も加わり加盟国は32ヵ国になりました。1998年末には、カンボジア、タジキスタン、アゼルバイジャン、アラブ首長国連邦(UAE)、カタール、ラオス、レバノンが加わり、加盟国は、39ヵ国(2009年現在)まで拡大しています。

組織図

組織図

役員

役職 名前 国籍
会 長 オベイド アル アンジ
(Obaid Al-Amzi)
クウェート
副会長 ハッサボディン ロヤナチバ
(Hassabodin, Rojanachiva)
タイ
東地区副会長 キム ユン ハン
(Kim Jung Haeng)
韓国
南地区副会長 バラチャリャ ディーパク
(Bajracharya Deepak)
ネパール
中央地区副会長 エセンベイェフ マジット
(Yessenbayev Mazhit)
カザフスタン
西地区副会長 マ ジャマール ユッセフ ナセール
(Maj. Jamal Youssef Nasser)
シリア
オリンピック 宋 兆年
(Song, Zhaonian)
中国
事務総長 チョ ヨン チュ
(Cho Yong Chul)
韓国
財務総長 クマール ムケッシュ
(Kumar Mukesh)
インド
スポーツ理事 謝 廣漢
(Che, Kuong Hon)
マカオ
審判理事 川口 孝夫 日本
教育コーチング理事 デラクフッサン モハマド
(Derakhshan Mohammad)
イラン
マーケティング理事 ラザビ セイェ アブドール ジャリ
(Razavi, Seyed Abdol Jalil)
イラン

加盟国(39ヵ国)

  • アフガニスタン
  • アラブ首長国連邦(UAE)
  • イエメン
  • イラク
  • イラン
  • インド
  • インドネシア
  • ウズベキスタン
  • カザフスタン
  • カタール
  • 韓国
  • カンボジア
  • 北朝鮮
  • キルギス
  • クウェート
  • サウジアラビア
  • シリア
  • シンガポール
  • スリランカ
  • タイ
  • タジキスタン
  • チャイニーズ・タイペイ
  • 中国
  • トルクメニスタン
  • 日本
  • ネパール
  • パキスタン
  • パレスチナ
  • バングラデシュ
  • フィリピン
  • ベトナム
  • 香港
  • マカオ
  • マレーシア
  • ミャンマー
  • モンゴル
  • ヨルダン
  • ラオス
  • レバノン

※ 日本語五十音順

アジア柔道連盟が主催する主な大会

  • 世界柔道選手権大会(アジア地域で開催時)
  • グランプリ大会(アジア地域で開催時)
  • アジア柔道選手権大会
  • アジアジュニア&ユース選手権大会
  • アジアクラブリーグ

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード