グランドスラム東京2011

柔道グランドスラム東京:大会3日目の見どころ

昨年の大会風景

11日の3日目は、男子:100kg級、100kg超級、女子:70kg級、78kg級、78kg超級の5階級が行なわれる。

大会最終日の3日目は、男子:100kg級、100kg超級に注目したい。

ここ最近混迷している日本男子の重量級。昨年、今大会で優勝した穴井隆将((学)天理大学職員)以降、100kg級、100kg超級では国際大会での優勝がない。

8月に行なわれた世界柔道選手権大会では惨敗。その後行なわれた世界柔道無差別選手権大会でも、最高成績が3位。怪我などの要因はあるが、戦い方自体が外国人選手に研究されており、以前のように勝てなくなってきている。

その意味でも、今注目されているのが若手選手の活躍である。注目は、100kg級の羽賀龍之介(東海大学)、100kg超級の石井竜太(日本中央競馬会)だ。

この2選手は、先日行なわれた講道館杯全日本柔道選手権大会で優勝した次代のエース候補。

羽賀は、内股を軸に戦う本格派で、安定感の良さに定評があり、石井は外国人選手を相手にしても力負けしない恵まれた身体が武器。どちらもワンランクパワーアップすれば国際選手として期待できる逸材なのだ。

この2選手は、現在オリンピック出場圏外ではあるが、可能性はゼロではない。今大会での優勝はもちろん、日本のトップ選手や、有力な外国人選手を脅かす存在になれば、来年以降の国際大会に挑戦ができ、代表選抜を有利に進めることができる。

今大会は来年のオリンピックの代表をにらんでの大勝負になりそうだ。若手2選手の活躍に注目したい。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード