• HOME
  • 公認柔道指導者資格制度

公認柔道指導者資格制度

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

公益財団法人全日本柔道連盟における、柔道指導者のさらなる資質の向上、及び指導力の強化を図り、日本柔道の普及・発展に寄与することを目的に「公認柔道指導者資格制度」が設けられました。

ここでは、公認柔道指導者、及び公認柔道指導者資格制度についてご紹介します。

公認柔道指導者

指導者の区分

全日本柔道連盟が公認する柔道指導者として、A指導員、B指導員、C指導員、準指導員の4つの区分が設けられています。

指導者の位置付けと資格

@A指導員
指導者を養成するために必要とされる程度の高度な指導力を有する者。
指導者向け講習会の講師を務める資格、及び全日本柔道連盟、またはその加盟・構成団体が主催する大会において、その出場するチームまたは選手の監督を務める資格です。また、A指導員取得者は日本スポーツ協会公認スポーツ指導者(コーチ) を取得することが望ましいとされています。
AB指導員
選手の指導に必要とされる専門的な指導力を有する者。
全日本柔道連盟、またはその加盟・構成団体が主催する大会において、その出場するチーム、または選手の監督を務める資格です。また、B指導員取得者は日本スポーツ協会公認スポーツ指導者(指導員)を取得することが望ましいとされています。
BC指導員
選手の指導に必要とされる基礎的な指導力を有する者。
全日本柔道連盟の加盟・構成団体が主催する各都道府県大会において、その出場するチームまたは選手の監督を務める資格です。また、全日本柔道連盟またはその加盟・構成団体が主催する全国、及び各地区レベルの大会(各都道府県大会のレベルを超える大会)において、A指導員またはB指導員が監督を務める下で、その出場するチーム、または選手のコーチとして帯同する資格です。
C準指導員
単独での指導は認められていませんが、A指導員、B指導員、C指導員による選手の指導を補佐できる者とされています。

公認柔道指導者 資格基準

公認柔道指導者資格の認定を受けるためには、各区分に応じ以下の基準をすべて満たさなければなりません。また、公認柔道指導者資格の認定を受けた方は、指導者の区分による登録の手続きを行なうと共に、毎年度、更新の手続きを行なわなければなりません。

A指導員 B指導員 C指導員 準指導員
登録(※) 全日本柔道連盟 登録会員であること
年齢(※) 満20歳以上 満18歳以上
段位(※) 三段以上 二段以上 初段以上
指導経験等
(※)
B指導員資格取得後2年以上かつC指導員資格取得後、8年以上継続的に指導にかかわっていること C指導員資格取得後、2年以上継続的に指導にかかわっていること なし
推薦 都道府県の資格審査委員会からの推薦を受けること - 所属登録団体の指導者(A〜C資格保有者)からの推薦を受けること
試験等 全日本柔道連盟が実施する講習会を受講し、資格審査試験に合格すること 各都道府県を統括する加盟団体が実施する講習会を受講し、資格審査試験に合格すること 各都道府県を統括する加盟団体が実施する講習会を受講すること

※受講時点で基準を満たしていること。

このページのTOPへ

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード