アジア柔道選手権大会(女子)

友達に教える

男子の試合結果を見る

試合結果

「アジア柔道選手権大会」は、1966年に始まり毎年開催される柔道のアジアチャンピオンを決める大会です。

過去(2017年〜2000年)のアジア柔道選手権大会の女子の試合結果を掲載しております。

開催
年月
都市
(国)
階級 優勝 2位 3位
2017年
5月
香港 48kg級 ムンフバット・
ウラン
ツェツェグ
(モンゴル)
オトゴン
ツェツェグ・
ガルバドラフ
(カザフスタン)
チョン・
ボギョン
(韓国)
カン・ユジョン
(韓国)
52kg級 志々目 愛
(日本)
チントグトフ・
アッザヤ
(モンゴル)
ワン・シン
(中国)
パク・ダソル
(韓国)
57kg級 芳田 司
(日本)
クォン・
ユジョン
(韓国)
レン・チンレイ
(台湾)
ル・
トンジュアン
(中国)
63kg級 鍋倉 那美
(日本)
バルドルジ・
ムングンチメグ
(モンゴル)
ボルド・
ガンハイチ
(モンゴル)
キム・ジジョン
(韓国)
70kg級 大野 陽子
(日本)
キム・ソンヨン
(韓国)
ゼレ・
ベクタスキジー
(カザフスタン)
ホン・ソンヨン
(北朝鮮)
78kg級 濱田 尚里
(日本)
マ・
ジェンジャオ
(中国)
イ・
チョンギョン
(中国)
パク・ユジン
(韓国)
78kg超級 稲森 奈見
(日本)
キム・
ミンジョン
(韓国)
グルジャン・
イサノワ
(カザフスタン)
バトゥルガ・
ムンフツヤ
(モンゴル)
2016年
4月
ウズベキ
スタン
(タシケント)
48kg級 オトゴン
ツェツェグ・
ガルバドラフ
(カザフスタン)
ムンフバット・
ウラン
ツェツェグ
(モンゴル)
渡名喜 風南
(日本)
キム・ソルミ
(北朝鮮)
52kg級 志々目 愛
(日本)
馬 英楠
(中国)
グルバダム・
ババムラトワ
(トルクメ
ニスタン)
ムンフ
バータル・
ブンドゥマー
(モンゴル)
57kg級 ドルジスレン・
スミヤ
(モンゴル)
金 珍迪
(韓国)
山本 杏
(日本)
連 珍羚
(台湾)
63kg級 マリアン・
ウルダバエワ
(カザフスタン)
津金 恵
(日本)
楊 俊霞
(中国)
ツェンド
アユシュ・
ツェレンナ
ドミド
(モンゴル)
70kg級 大野 陽子
(日本)
キム・ソンヨン
(韓国)
グルノザ・
マトニヤゾワ
(ウズベキ
スタン)
チョウ・チャオ
(中国)
78kg級 張 浙慧
(中国)
高山 莉加
(日本)
プレブ
ジャルガル・
ルハムデグド
(モンゴル)
薛 京
(北朝鮮)
78kg超級 キム・
ミンジョン
(韓国)
グルジャン・
イサノワ
(カザフスタン)
井上 愛美
(日本)
オドフー・
ジャフズマー
(モンゴル)
2015年
4月
クウェート
(クウェート
シティ)
48kg級 浅見 八瑠奈
(日本)
ムンフバット・
ウラン
ツェツェグ
(モンゴル)
キム・ソルミ
(北朝鮮)
カン・
ユチョン
(韓国)
52kg級 馬 英楠
(中国)
ムンフ
バータル・
ブンドゥマー
(モンゴル)
西田 優香
(日本)
リム・
ソンシム
(北朝鮮)
57kg級 玉置 桃
(日本)
レン・チンレイ
(台湾)
リウ・ヤン
(中国)
金 珍迪
(韓国)
63kg級 ツェデブ
スレン・
ムンフザヤ
(モンゴル)
西川 真帆
(日本)
マリアン・
ウルダバエワ
(カザフスタン)
バク・ジユン
(韓国)
70kg級 ツェンド
アユシュ・
ナラン
ジャルガル
(モンゴル)
グルノザ・
マトニヤゾワ
(ウズベキスタン)
ヌンイラ 華蓮
(日本)
ジョウ・チャオ
(中国)
78kg級 梅木 真美
(日本)
ソル・キョン
(北朝鮮)
張 浙慧
(中国)
ユン・
ヒョンジ
(韓国)
78kg超級 于 頌
(中国)
キム・
ミンチョン
(韓国)
稲森 奈見
(日本)
グルジャン・
イサノワ
(カザフスタン)
2013年
4月
タイ
(バンコク)
48kg級 遠藤宏美
(日本)
キム・ソルミ
(北朝鮮)
ムンバット
(モンゴル)
モ・キンキン
(中国)
52kg級 宮川拓美
(日本)
バルジニャム
(モンゴル)
チャヌアンゴン
(インド)
リュウ・ジン
(中国)
57kg級 石川慈
(日本)
キム・ジャンジ
(韓国)
ドルジャスレン
(モンゴル)
ミンガソバ
(カザフスタン)
63kg級 リュウ・リリ
(中国)
キム・スギョン
(北朝鮮)
田中美衣
(日本)
ツェンデ・アユシュ
(モンゴル)
70kg級 ワン・イェスル
(韓国)
ナランジャルガル
(モンゴル)
ヌンイラ華蓮
(日本)
マトニアゾフ
(ウズベキスタン)
78kg級 ジョン・ギョンミ
(韓国)
ソル・キョン
(北朝鮮)
ムンカツヤ
(モンゴル)
ツァン・ヘフイ
(中国)
78kg超級 リ・ジョンウン
(韓国)
立山真衣
(日本)
サトジャデット
(タイ)
リ・ヤン
(中国)
2012年
4月
ウズベキ
スタン
(タシケント)
48kg級 ムンクバット
(モンゴル)
ウ・シュウゲン
(中国)
チャン・ジャンギョン
(韓国)
伊部 尚子
(日本)
52kg級 西田 優香
(日本)
ムンクバータル
(モンゴル)
ヘ・ヒョンメイ
(中国)
キム・ミリ
(韓国)
57kg級 山本 杏
(日本)
レン・ツェンリン
(台湾)
ドルジャスレン
(モンゴル)
キム・ジャンディ
(韓国)
63kg級 上野 順恵
(日本)
チェデブスレン
(モンゴル)
シュ・ユファ
(中国)
ジョン・ダウン
(韓国)
70kg級 ファン・イスル
(韓国)
上野 巴恵
(日本)
ツェンダユシュ
(モンゴル)
ソル・キョン
(北朝鮮)
78kg級 プレブジャルガル
(モンゴル)
ジャン・ズィー
(中国)
岡村 智美
(日本)
ジョン・ギョンミ
(韓国)
78kg超級 キン・カン
(中国)
イサノヴァ
(カザフスタン)
キム・ナヨン
(韓国)
橋口 ななみ
(日本)
2011年
4月
アラブ
首長国連邦
(アブダビ)
48kg級 遠藤 宏美
(日本)
シェ・シシ
(中国)
ファン・リュオク
(北朝鮮)
ヴァン
(ベトナム)
52kg級 西田 優香
(日本)
ブンドゥマ
(モンゴル)
ジョ・ソンフィ
(北朝鮮)
キム・キュンオク
(韓国)
57kg級 佐藤 愛子
(日本)
キム・ジャンディ
(韓国)
リェン・チェンリン
(台湾)
リュウ・トンジャン
(中国)
63kg級 シュ・リリ
(中国)
ジョン・ダウン
(韓国)
セデンスレン
(モンゴル)
上野 順恵
(日本)
70kg級 ファン・イスル
(韓国)
田知本 遥
(日本)
チェン・フェイ
(中国)
ツェンドアユシュ
(モンゴル)
78kg級 プレフジャガル
(モンゴル)
ジョン・ギョンミ
(韓国)
高橋 千尋
(日本)
ジャン・メイソン
(中国)
78kg超級 田知本 愛
(日本)
キム・ナヨン
(韓国)
ドルジュゴトフ
(モンゴル)
イサノワ
(カザフスタン)
2009年
5月
台北
(チャイニーズ・
タイペイ)
48kg級 チャン
(韓国)
伊部 尚子
(日本)
ウランセトセ
(モンゴル)
モオ
(中国)
52kg級
(中国)
ブンドマー
(モンゴル)
垣田 恵利(日本)
ミンガゾバ
(カザフスタン)
57kg級 リン
(北朝鮮)
徳久 瞳
(日本)
バッツグス
(モンゴル)
ヌン
(中国)
63kg級 リン
(中国)
ワン
(北朝鮮)
ムンクザヤ
(モンゴル)
アルディコバ
(カザフスタン)
70kg級 上野 巴恵
(日本)
ヤオ
(中国)
ルクハンデグ
(モンゴル)
ワン
(韓国)
78kg級 ジョン
(韓国)
ドゥルマ
(モンゴル)
ヒョン
(北朝鮮)
池田 ひとみ(日本)
78kg超級 イサノワ
(カザフスタン)

(中国)
キム
(韓国)
立山 真衣(日本)
無差別級
(中国)
キム
(韓国)
ドゥルマ
(モンゴル)
立山 真衣(日本)
2008年
4月
済州島
(韓国)
48kg級 山岸 絵美
(日本)
パク
(北朝鮮)
シャン
(中国)
チョン
(韓国)
52kg級 パク
(北朝鮮)
バンドマ
(モンゴル)
カリエバ
(カザフスタン)

(チャイニーズ・
タイペイ)
57kg級 松本 薫
(日本)
カン
(韓国)
エディネット
(モンゴル)
チョー
(北朝鮮)
63kg級 小澤 理奈
(日本)
コン
(韓国)
ワン
(北朝鮮)
バッツゥゲス
(モンゴル)
70kg級 上野 雅恵
(日本)
パク
(韓国)
ザンズノフ
(カザフスタン)
ワン
(中国)
78kg級 ハン
(中国)
ジョン
(韓国)
穴井 さやか(日本)
ルカメドル
(モンゴル)
78kg超級 立山 真衣
(日本)
シェケロフ
(ウズベキスタン)
イッサノフ
(カザフスタン)
ツェレンハンド
(モンゴル)
無差別級 杉本 美香
(日本)
ジョー
(韓国)
ツェレンハンド
(モンゴル)
シェケロバ
(ウズベキスタン)
2007年
5月
クウェート
(クウェート)
48kg級 山岸 絵美
(日本)
キム・ヨンラン
(韓国)
デビ
(インド)
パク・オクソン
(北朝鮮)
52kg級 シ・ジュンジ
(中国)
パク・ミョンヒ
(北朝鮮)
君島 奈津子(日本)
キム・キョンオク
(韓国)
57kg級 佐藤 愛子
(日本)
ク・ヤン
(中国)
キシグバット
(モンゴル)
イ・ユンヒ
(韓国)
63kg級 上野 順恵
(日本)
ドウ・シュメイ
(中国)
マリアン
(カザフスタン)
ホン・オクソン
(北朝鮮)
70kg級 岡 明日香
(日本)
ザンズノバ
(カザフスタン)
キム・ミジュン
(韓国)
キュレルドル
(モンゴル)
78kg級 リュウ・シャ
(中国)
プレブジャーガル
(モンゴル)
堀江 久美子(日本)
アビケエワ
(カザフスタン)
78kg超級 薪谷 翠
(日本)
ツェレンハンド
(モンゴル)
イ・ジュンユ
(韓国)
ヤン・ファ
(中国)
無差別級 ヤン・ファ
(中国)
立山 真衣
(日本)
イサノワ
(カザフスタン)
イ・ジュンユ
(韓国)
2005年
5月
タシケント
(ウズベキスタン)
48kg級 福見 友子
(日本)
キム・ミョンオク
(北朝鮮)
キム・ヨンラン
(韓国)
シャオ・ダン
(中国)
52kg級 アン・クンエ
(北朝鮮)
キム・キョンオク
(韓国)
横澤 由貴(日本)
ムンカバーター
(モンゴル)
57kg級 キシグバット
(モンゴル)
宮本 樹理
(日本)
ユ・ヤリン
(中国)
チェン・ヘミ
(韓国)
63kg級 上野 順恵
(日本)
ワン・チンファン
(チャイニーズ・
タイペイ)
ヘ・キャオリ
(中国)
イ・ブクヒ
(韓国)
70kg級 渡邉 美奈
(日本)
リュ・シュユン
(チャイニーズ・
タイペイ)
ベ・ユンヒ
(韓国)
タイザノワ
(カザフスタン)
78kg級 中澤 さえ
(日本)
キム・ミリョン
(北朝鮮)
チョン・ギョンミ
(韓国)
ジャン・ヤンチュン
(中国)
78kg超級 杉本 美香
(日本)
ユ・ソン
(中国)
シェケロバ
(ウズベキスタン)
チョン・ジウォン
(韓国)
無差別級 杉本 美香
(日本)
アビケエワ
(カザフスタン)
シェケロバ
(ウズベキスタン)
ユ・ソン
(中国)
2004年
5月
アルマトイ
(カザフスタン)
48kg級 北田 佳世
(日本)
リ・キョンオク
(北朝鮮)
ジャオ・シュンヒン
(中国)
シシキナ
(カザフスタン)
52kg級 イ・ユンヒ
(韓国)
シャン・ドンメイ
(中国)
君島 奈津子(日本)
アン・クンエ
(北朝鮮)
57kg級 リュウ・ユシアン
(中国)
エルデントッド
(モンゴル)
日下部 基栄(日本)
チョ・ヒョンジュ
(北朝鮮)
63kg級 谷本 歩実
(日本)
イ・ボクヒ
(韓国)
ホン・オクソン
(北朝鮮)
リ・シュファン
(中国)
70kg級 上野 雅恵
(日本)
キム・リョンミ
(韓国)
キム・ミジョン
(韓国)
アビケバ
(カザフスタン)
78kg級 中澤 さえ
(日本)
リュウ・シャ
(中国)
チョ・ソンヒ
(韓国)
マッシャジーナ
(カザフスタン)
78kg超級 クー・フーヤン
(中国)
エルデナ
(モンゴル)
江口 啓(日本)
チョ・ヒョジン
(韓国)
無差別級 キュウ・リフイ
(中国)
杉本 美香
(日本)
チョ・ヒョジン
(韓国)
シェケロバ
(ウズベキスタン)
2003年
10月
済州島
(韓国)
48kg級 キム・ユンラン
(韓国)
北田 佳世
(日本)
ゴウ・リジュン
(中国)
ダジュラエバ
(ウズベキスタン)
52kg級 キム・キョンオク
(韓国)
佐藤 愛子
(日本)
チャヌ
(インド)
リ・イン
(中国)
57kg級 日下部 基栄
(日本)
エルデントッド
(モンゴル)
ジャン・イェミ
(韓国)
ヤン・シェンツ
(チャイニーズ・
タイペイ)
63kg級 上野 順恵
(日本)
イ・ボクヒ
(韓国)
ワン・シンファン
(チャイニーズ・
タイペイ)
タン・ファファン
(中国)
70kg級 貝山 仁美
(日本)
ベ・ユンヒ
(韓国)
リュウ・シュユン
(チャイニーズ・
タイペイ)
ワン・ジュアン
(中国)
78kg級 松崎 みずほ
(日本)
マッシャジーナ
(カザフスタン)
ツェレンハンド
(モンゴル)
リー・ソエン
(韓国)
78kg超級 リュウ・ファンヤン
(中国)
チョ・ソッキ
(韓国)
徳田 美由樹(日本)
ドルゴルマ
(モンゴル)
無差別級 ジャ・クウイン
(中国)
江口 啓
(日本)
リー・シャイフン
(チャイニーズ・
タイペイ)
ドルゴルマ
(モンゴル)
2002年
9月
釜山
(韓国)
48kg級 北田 佳世
(日本)
キム・ユンラン
(韓国)
リ・キョンオク
(北朝鮮)
シャオ・ダン
(中国)
52kg級 イ・ユンヒ
(韓国)
横澤 由貴
(日本)
ケー・スンヒ
(北朝鮮)
カリエバ
(カザフスタン)
57kg級 ホン・オクソン
(北朝鮮)
日下部 基栄
(日本)
エルデネッド
(モンゴル)
キム・ソワホ
(韓国)
63kg級 谷本 歩実
(日本)
イ・キョンスン
(北朝鮮)
ワン・シャンファン
(チャイニーズ・
タイペイ)
リ・シュンファン
(中国)
70kg級 リ・ダンユン
(中国)
ベ・ユンヒ
(韓国)
上野 雅恵(日本)
リュウ・シュユン
(チャイニーズ・
タイペイ)
78kg級 ジョ・スーヒ
(韓国)
松崎 みずほ
(日本)
ファン・ギョッキ
(中国)
サラエワ
(トルクメニスタン)
78kg超級 ソン・フーミン
(中国)
チョ・ソッキ
(韓国)
ペストニー
(タイ)
ドルゴルマ
(モンゴル)
無差別級 トウブン
(中国)
塚田 真希
(日本)
ドルゴルマ
(モンゴル)
ジョ・スーヒ
(韓国)
2001年
4月
ウランバートル
(モンゴル)
48kg級 リ・キョンオク
(北朝鮮)
カン・シンヒョ
(韓国)
ゲレルトゥヤ
(モンゴル)
ユ・インイン
(チャイニーズ・
タイペイ)
52kg級 横澤 由貴
(日本)
ジャン・ジェシン
(韓国)
ジャアングダシュク
(タイ)
カリエバ
(カザフスタン)
57kg級 エルデネット
(モンゴル)
リ・ミョンザン
(北朝鮮)
山田 真由美(日本)
ミン・キョンスン
(韓国)
63kg級 谷本 歩実
(日本)
タガエバ
(カザフスタン)
リム・ジュンソク
(韓国)
イ・キョンスン
(北朝鮮)
70kg級 風戸 晴子
(日本)
ジェ・ミンジュン
(韓国)
ワン・シャンウェン
(チャイニーズ・
タイペイ)
ナザレンコ
(トルクメニスタン)
78kg級 チョ・ソーヒー
(韓国)
松崎 みずほ
(日本)
サラエワ
(トルクメニスタン)
ダシドゥラム
(モンゴル)
78kg超級 薪谷 翠
(日本)
チョ・ソッキ
(韓国)
ドルゴルマ
(モンゴル)
無差別級 薪谷 翠
(日本)
チョ・ソッキ
(韓国)
ドルゴルマ
(モンゴル)
ジュアン
(チャイニーズ・
タイペイ)
2000年
5月
大阪
(日本)
48kg級 長井 淳子
(日本)
ゴ・リジュン
(中国)
チャ・ヒョンヒャン
(北朝鮮)
アタエバ
(トルクメニスタン)
52kg級 磯崎 祐子
(日本)
チン・ビシャン
(中国)
シン・ペイチュン
(チャイニーズ・
タイペイ)
キム・キョンオク
(韓国)
57kg級 日下部 基栄
(日本)
エルデネット
(モンゴル)
リ・ミョンザン
(北朝鮮)
シェン・ジュン
(中国)
63kg級 ジョン・スン・ソク
(韓国)
ジ・キョンサン
(北朝鮮)
前田 桂子(日本)
アルタモノバ
(キルギスタン)
70kg級 上野 雅恵
(日本)
ツェレンハンド
(モンゴル)
チョ・ミンスン
(韓国)
リャン・ヘンシャ
(中国)
78kg級 イン・ユフェン
(中国)
松崎 みずほ
(日本)
サラエワ
(トルクメニスタン)
ダシドゥラム
(モンゴル)
78kg超級 トウブン
(中国)
キム・ショヤン
(韓国)
山下 まゆみ(日本)
クシェルバエバ
(カザフスタン)
無差別級 ソン・フーミン
(中国)
チョ・ソッキ
(韓国)
リー・シャイフン
(チャイニーズ・
タイペイ)
薪谷 翠(日本)

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード