柔道トピックス

IJFアートエキシビジョン

IJFアートエキシビジョン

IJF(国際柔道連盟)主催の柔道とアートのコラボレーションイベント「IJFアートエキシビジョン」が、公益財団法人講道館東京都)の新館2階にて開催されている。

IJFアートエキシビジョンは、各年の世界柔道選手権大会(以下、世界選手権)に付随するイベントとして始まり、2017ブダペスト、2018バクー世界選手権に続く実施となっており、日本では初めての開催だ。

イベントには、海外アーティスト4名による計40点の絵画の他、全日本柔道連盟のオフィシャルパートナー・東建コーポレーション株式会社の刀剣ワールド財団から、以下の日本刀(刀剣)2振りと甲冑1領などが展示されている。

日本刀・甲冑紹介

太刀 国宗−たち くにむね−

太刀 国宗 −たち くにむね−
長 さ 67.3cm 反 り 2cm

本刀は、上杉三十五腰(上杉謙信の所蔵品の中から上杉景勝が気に入った上杉家伝来の日本刀を選抜した名刀リスト)のうちの1振です。

刀 銘 肥前国忠吉(倶利伽羅)−かたな めい ひぜんこくただよし−

刀 銘 肥前国忠吉(倶利伽羅)−かたな めい ひぜんこくただよし−
長 さ 69cm 反 り 1.3cm

本刀は、大英博物館の日本刀展示会において、日本刀の代表作の1振として展示された刀です。

鉄錆地三十二間総覆輪兜 金小札緋絲威二枚胴具足−てつさびじさんじゅうにけんそうふくりんかぶと きんこざねひいとおどしにまいどうぐそく−

鉄錆地三十二間総覆輪兜 金小札緋絲威二枚胴具足 −てつさびじさんじゅうにけんそうふくりんかぶと きんこざねひいとおどしにまいどうぐそく−

当具足は徳川十六神将のひとり、本多忠勝(ほんだただかつ)で有名な本多家伝来と伝えられる甲冑です。

また、嘉納治五郎師範 没後80年記念刀剣献納式で献納された刀剣も、「IJFアートエキシビジョン」に展示されている。

嘉納治五郎師範 没後80年式典・偲ぶ会

今回のイベントにあわせ、IJF殿堂、及び柔道資料館の拡張スペースも新設。同スペースのオープニングもかねており、講道館新館2階フロアはすべて柔道とアートにまつわる展示スペースとなっている。

なお、8月24日(土)のオープニングセレモニー以降は、2019世界柔道選手権東京大会期間中の8月25日(日)〜9月1日(日)まで一般開放。各日10時〜17時まで入場料無料で観覧できる。

IJFアートエキシビジョンの模様

  • IJFアートエキシビジョンの模様@
  • IJFアートエキシビジョンの模様A
  • IJFアートエキシビジョンの模様B
  • IJFアートエキシビジョンの模様C
  • 新設されたIJF殿堂@
  • 新設されたIJF殿堂A

バーチャル刀剣博物館 刀剣ワールド 近日公開!刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開しています!

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード