柔道トピックス

大会レポート「女子78kg超級、素根が大会連覇達成!」

大会レポート「女子78kg超級、素根が大会連覇達成!」

今年9月にアゼルバイジャンで開催される2018年バクー世界柔道選手権大会の代表選考会を兼ねた「平成30年全日本選抜柔道体重別選手権大会」が、2017年4月7日(土)・8日(日)に福岡国際センターで開催。

大会初日は、男女計7階級が行なわれ、女子78kg超級では素根輝(南筑高校3年)が、朝比奈沙羅(パーク24)を相手に11分56秒の長い激闘の末、反則勝ちで勝利し、大会連覇を達成した。

男子73kg級の決勝は、昨年度の世界選手権王者である橋本壮市(パーク24)とリオ五輪(柔道)銅メダリスト、海老沼匡(パーク24)の対決となった。パーク24の選手同士による決勝戦となったが腰車で技ありを奪った橋本が勝者となった。

男子は60kg級の有力選手だった志々目徹(了徳寺学園職員)が旭化成の大島優磨に敗れ、まさかの初戦敗退に終わった。一方、志々目を下した大島は、その勢いのまま準決勝で市川龍之介(東海大学1年)に勝利。決勝戦でも米村克麻(センコー)から縦四方固で一本を奪い、見事大会初優勝を飾っている。

明日は、男子81〜100kg超級、女子48〜57kg級の計7階級が行なわれ、各階級の王者が出揃う。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード