柔道トピックス

全日本柔道連盟 新年会

全日本柔道連盟 新年会

2017年1月26日(木)、公益財団法人全日本柔道連盟(以下、全柔連)主催の「新年会」が東京都内のホテルで行なわれた。

当日は柔道関係者をはじめ、国会議員や東京柔道競技(五輪)の組織委員、スポンサー企業、オフィシャルパートナーの東建コーポレーション株式会社など、各界から多数出席。全日本柔道連盟 会長 宗岡正二氏による2017年の決意表明や、昨年の大会実績報告、選手サイン付写真パネルが当たる抽選会などが催された。

また年間スポンサーを代表して、ミズノ株式会社会長 水野正人氏が挨拶。「オフィシャルスポンサーとして引き続き支援していく」と述べている。

全日本柔道連盟 会長・副会長・監督コメント

会長 宗岡正二

会長 宗岡正二

変えて良いところは変え、変えてはいけないところは守り抜く考えのもと、全柔連改革に取り組んできました。この改革が日本の他のスポーツ連盟の模範となるように、全国の柔道関係者の皆様と力を合わせて今後も進めたいと思っています。

また、柔道MINDプロジェクト特別委員会による広報誌MINDの発行をはじめ、少年少女柔道教室の全国展開、海外への学生ボランティア派遣、女子柔道の進行など、引き続き推進して参ります。

競技面としては、リオデジャネイロ柔道競技(五輪)で史上最多の12個のメダルを獲得し、「日本柔道は復活した」との評価を頂きました。

これは、選手たちの努力はもちろん、監督、コーチ、スタッフ等による科学的なトレーニングや、世界各地の武道の技への対応、選手の自立性を育てる指導と従来の練習方法に対する改革の名のものであります。

リオデジャネイロ柔道競技(五輪)の実績に満足せず、勝って兜の緒を締める気持ちで、さらなる高みに挑戦していく決意をしていきたいと思っております。

副会長 山下泰裕

副会長 山下泰裕

昨年のリオデジャネイロ柔道競技(五輪)において、日本柔道は力強く各種に貢献したと思っております。

しかし、これからが本番です。さらに勢いを付けて、2020年の東京柔道競技(五輪)は日本柔道界の力を結集して、柔道界をとりまく多くの皆様にご支援を頂きながら、前に進んでいきたいと思っております。

男子監督 井上康生

男子監督 井上康生

リオデジャネイロ柔道競技(五輪)では、男子は7階級すべてでメダルを獲得することができました。

これもひとえに、選手たちの頑張り、支えて頂いたスタッフ、多くの観客、全柔連の方々、サポーターの皆様のおかげと思っております。

しかしながら監督としましては、この結果に満足している訳ではありません。選手たちの個々の能力を見た上では「まだまだやれたな」と思うところが正直あります。

2020年の東京柔道競技(五輪)まで監督という形となりましたので、気を引き締め直して、これからも精進して参りたいと思っております。

女子監督 増地克之

女子監督 増地克之

女子につきましては、リオデジャネイロ柔道競技(五輪)が終わり、10月より新体制がスタートしました。コーチングスタッフに関しては、各方面から優秀な先生方を迎え入れ、監督としても心強く感じております。

2020年の東京柔道競技(五輪)に向けて、今年の8月末に行なわれるブダペスト世界柔道選手権大会がスタートとなります。新ルールが話題となっておりますが、何事にも動じることなく、しっかりと準備をして戦っていきたいと思います。

新年会の模様

  • 永山竜樹・阿部一二三・橋本壮市選手
  • 王子谷剛志・角田夏実・芳田司選手
  • 抽選会の様子
  • 橋本壮市・角田夏実・芳田司選手
  • 会場風景@
  • 会場風景A

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード