柔道トピックス

大会レポート「女子団体戦・大成高校が2年連続2度目の優勝!」

大会レポート「女子団体戦・大成高校が2年連続2度目の優勝!」

8月2日(火)の大会4日目は、女子団体戦の3回戦〜決勝戦と、女子個人戦の3階級(48s級、52s級、57s級)が行なわれた。

女子団体戦、注目となった試合は高校柔道大会三冠の期待がかかる敬愛高校(福岡県)と、春の高校選手権、先日行なわれた金鷲旗高校柔道大会ともに敬愛高校に破れ雪辱に燃える大成高校(愛知県)の準決勝戦。

試合は取りつ取られつの攻防の末に代表戦となり、粂田晴乃が児玉ひかるに崩袈裟固で一本勝ちし、大成高校が決勝に駒を進めた。

決勝戦は長崎明誠高校との対決。大成高校は、先鋒の岡田、中堅の粂田がそれぞれ瀬戸口、西村を下すと、大将戦は大成高校の松井と大幸との戦いとなるも、決着が付かず引き分けに終わった。この時点で大成高校が、大会連覇となる2年連続2度目の優勝を手にした。

女子団体戦の最終結果は以下の通り。

【女子団体最終結果】
優勝:大成高校(愛知県)
準優勝:長崎明誠高校(長崎県)
3位:富士学苑高校(山梨県)
3位:敬愛高校(福岡県)

女子個人戦は、48kg級は金知秀(夙川学院高校)、52kg級は瀧川萌(比叡山高校)、57kg級は舟久保遥香(富士学苑高校)が優勝。

大会最終日となる8月3日(水)は、女子個人戦の4階級(63s級、70s級、78s級、78s超級)が行なわれ、5日間におよぶ「平成28年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技大会」の大会全日程が終了する。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード