柔道トピックス

大会レポート「女子団体戦・大成高校が悲願の初優勝!」

大会レポート「女子団体戦・大成高校が悲願の初優勝!」

愛知県代表の大成高校が今季二冠目を狙う福岡代表の敬愛高校を破り大会初優勝を飾った。

金鷲旗高校柔道大会と同カードとなった決勝戦は、大成高校の先鋒・鍋倉が技ありでポイントを奪取。中堅戦で敬愛高校のエース児玉に期待がかかるも、一本が奪えず指導2つでの勝利。ポイントで上回る大成高校は、大将の中江がそのまま引分けに持ち込み、1-1の内容で大成高校が勝利している。

大成高校の鍋倉、鈴木、中江は1年生からレギュラーとして活躍していたが、1年時は3位、2年時は2位とインターハイでは過去涙を呑んできた。

今季3年生となり臨んだ春の高校柔道選手権大会、夏の金鷲旗高校柔道大会はいずれも2位。これまであと一歩が届かなかった3人だったが、高校生最後の全国大会で悲願の初優勝を掴んだ。

女子団体の最終結果は以下の通り。

【女子団体最終結果】
・優勝:大成高校(愛知県)
・2位:敬愛高校(福岡県)
・3位:桐蔭学園高校(神奈川県)
・3位:埼玉栄高校(埼玉県)

また、大会4日目(8月11日)には、女子個人戦の3階級が行なわれ、48kg級:坂上綾(夙川学院高校)、52kg級:黒木七都美(大成高校)、57kg級:舟久保遥香(富士学苑高校)が個人戦を制している。

坂上と黒木は大会連覇を達成。春の高校柔道選手権大会の決勝で敗れた舟久保は、雪辱を果たし初の高校日本一に輝いた。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード