• HOME
  • 柔道大会トピックス
  • 第35回全国高等学校柔道選手権大会「男子:浦安高校・女子:敬愛高校が三大大会初戦を制覇!」

柔道トピックス

男子:浦安高校・女子:敬愛高校が三大大会初戦を制覇!

男子:浦安高校・女子:敬愛高校が三大大会初戦を制覇!

大会二連覇を達成した東海大学付属浦安高校

2012年3月19日(火)〜20日(水・祝)に、全国高校三大大会のひとつ「第35回全国高等学校柔道選手権大会」が日本武道館(東京都)で開催された。

高校柔道の2013年幕開けとなる今大会は、1・2年生の新チームで臨む高校三大大会の最初の大会。団体戦では、男子が勝ち抜き戦、女子は3人の点取り試合が行なわれた。

男子は東海大学付属浦安高校(千葉県)(以下、浦安高校)が、国士舘高校(東京都)を破り、2年連続2度目の優勝。これにより、昨年「高校三大大会三冠」の偉業を成し遂げた浦安高校は、今年もまた三冠の挑戦権を得ている。

敗れた国士舘高校は、決勝では伝統の試合運びの上手さで2人を残し、浦安高校を大将まで追い込むものの、高校ナンバーワンの実力を持つウルフ・アロンに副将戦で内容負け、大将戦で引き分け、代表戦では、合わせ技一本を喫し、あと一歩届かなかった。

ベスト4には、東海大学付属相模高校(神奈川県)(以下、相模高校)と桐蔭学園高校(神奈川県)が入っている。相模高校は昨年の春・夏に接戦の末敗れた浦安高校への雪辱を誓い臨んだが、今回もまた浦安高校を追い詰めることはできなかった。

夏の金鷲旗高校柔道大会は、今大会と同様の勝ち抜き戦。昨年優勝の経験を持ち、腕力・スタミナも十分のウルフ・アロンをどう止めるのかが、各校の今後の課題になるのではないだろうか。

一方の女子は、敬愛高校(福岡県)が昨年の柔道グランドスラム東京63kg級の覇者:津金恵を擁する松商学園高校(長野県)を1-1の内容勝ちで下し、3年ぶり2度目の優勝を遂げた。

敬愛高校は昨年、同メンバーで臨んだ本大会で松商学園高校に準々決勝で敗退。昨年の悔しさを晴らした。

優勝の立役者は今大会の最優秀選手にも選ばれている岡史生。女子の場合は3人制のため、1つの勝利が非常に重要となるが、大事な場面を全て取り、決勝でも合わせ技一本を奪い逆転で優勝へ導いた。

監督からも「この一年で精神的にも強くなったし、体も一回り大きくなった」と成長を評価される逸材。チームの軸となっての活躍が今後期待される。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード