柔道トピックス

大会初日、日本代表全階級制覇!

大会初日、日本代表全階級制覇!

女子48kg級決勝 浅見八瑠奈 VS ダヤリス・メストレ

国内唯一の国際大会「柔道グランドスラム東京」が、11月30日から国立代々木第一体育館(東京都)で開幕。初日は男女5階級が行なわれ、日本代表選手が全階級金メダルを獲得した。

男子はロンドンオリンピックで史上初の金メダルゼロに終わり、再建を託された井上康生監督が国内で初めての指揮。

60kg級の藤直寿(東海大学1年)は、準々決勝で世界柔道選手権二連覇中のリショド・ソビロフ(ウズベキスタン)に一本勝ち。その後の決勝でも、石川裕紀(了徳寺学園職)に肩車で一本勝ちをし、初優勝。

66kg級は2010年の世界柔道選手権大会の覇者:森下純平(筑波大学4年)が、決勝でダビド・ラロス(フランス)に内股で一本勝ちをして、こちらも初優勝を飾った。森下は海老沼匡(パーク24)の欠場による繰上げ出場。井上監督も「巡ってきたチャンスをものにした」と評価している。

女子は、国際試合復帰戦となる48kg級の浅見八瑠奈(コマツ)が、決勝でダヤリス・メストレ(キューバ)に横四方固めで一本勝ちをし、大会二連覇を達成。

52kg級は、橋本優貴(コマツ)が決勝で谷本和(環太平洋大学3年)に優勢勝ち、57kg級は山本杏(桐蔭学園高校3年)が決勝で平井希(自衛隊体育学校)に優勢勝ちをして、それぞれ初優勝を飾っている。

初日に最高のスタートを切った日本代表。明日はロンドンオリンピック代表選手が出場するとあって、この勢いに乗り本日以上に会場を沸かせてほしいところだ。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード