柔道トピックス

全日本学生柔道体重別団体優勝大会開催!

全日本学生柔道体重別団体優勝大会

今大会注目の東海大学:中矢力

2011年10月29日、30日にベイコム総合体育館(兵庫県)にて「全日本学生柔道体重別団体優勝大会」が開催され、全国の予選を突破したチームが、2日間にわたりトーナメントで優勝が争われる。

この大会の大きな特徴は、2日間とも配列(対戦する階級の順番)が抽選によって決定することだ。従来は最初は軽量級で、最後に重量級とういう順番ではなく、いきなり超級が先鋒になったりするところに試合運びの面白さがある。

初日の配列は下記の通り。(2日目の配列は1日目終了後に抽選)

【男子】

  • 先鋒:90s級
  • 次鋒:60s級
  • 五将:100kg級
  • 中堅:81s級
  • 三将:100s超級
  • 副将:66s級
  • 大将:73s級

【女子】

  • 先鋒:52s級
  • 次鋒:57s級
  • 五将:78kg級
  • 中堅:48s級
  • 三将:78s超級
  • 副将:63s級
  • 大将:70s級

体重別で争われるだけに、階級すべてに選手層の厚い大学が当然有利と言える。

男子では、東海大学国士舘大学が優勝候補の筆頭だろう。

世界柔道選手権大会・73kg級で金メダルを獲得した中矢力(4年)をはじめ、日本代表でも活躍する高木海帆(3年)、羽賀龍之介(2年)に加え、吉田優也(4年)、橋本壮一(2年)と信頼のおける選手がおり、東海大学は穴がない。

国士舘大学は、先日行なわれた全日本学生柔道体重別選手権大会(以下、学生体重別)で、春山友紀(3年)、寺島克興(4年)、百瀬優(4年)が優勝しており安定感がある。今年は頂点が狙えるチームと言えるだろう。

一方の女子は、昨年本大会で優勝した環太平洋大学が有力だ。

こちらも学生体重別で谷本和(2年)、安松春香(2年)、ヌンイラ華蓮(2年)の3人が各階級を制しており、戦力的には昨年より充実している。今もっとも勢いに乗っている環太平洋大学の連覇はなるかが見どころである。

今大会は、大学柔道における全国2大大会のひとつ。今年最後を締めくくるのはどの大学か。まもなく熱戦が繰り広げられる。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード