全国強豪校監督インタビュー

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

石田輝也 監督大成高校(愛知県)

石田輝也監督

柔道部としての歴史は浅いながらも着実に力を付け、2015年の高校柔道三大大会ではすべて3位以内入賞という結果を収めながらも、あと一歩のところで優勝に届かず悔しい思いをした大成高校。

打倒、国士舘高校と語る石田輝也監督に、今年にかける意気込みを語って頂きました。

2015年を振り返って

2015年を振り返って

2015年は勝てる力を持ったチームであったものの、弱い部分が出てしまい優勝を逃すことが多い1年でした。

3月に開催された全国高等学校柔道選手権大会では、なんとかトーナメントを勝ち上がって、決勝は国士舘高校との試合。しかし、なかなかコンディションが上がらずに大差で敗北を喫してしまいました。準優勝という結果に終わり、多くの反省点が見つかった試合でしたね。

全国高等学校柔道選手権大会が終わってから、夏の金鷲旗高校柔道大会に向けて、大会で見つかった反省点を修正していきました。気持ちの強さも含めて、体調が悪いときでも良いときの状態に近づけられるよう練習を繰り返して、そして大会に臨みました。

しかし、金鷲旗高校柔道大会でもあと一歩及ばず、結果はまたしても準優勝。大将戦までいったのですが、大将が興奮しすぎてしまっていて。試合に送り出す前に「落ち着け、落ち着け」とは言っていたんですけれども、自分を見失った柔道をして負けてしまいましたね。

私自身も、国士舘高校監督・岩淵先生との指導力や経験の差が出てしまった結果かなと反省すると同時に、とても大きな経験をしたと感じています。

そしてインターハイでは、準決勝でいつも競っている日体荏原高校と対戦したのですが、途中までは良い試合展開ができていたのですがね、大将戦でまた気持ちの弱さが出てしまい、大きな逆転負けをしてしまいました。

どの大会も私たちの目指していた「優勝」まであと一歩及びませんでした。「国士舘に絶対に三冠を獲らせない」という意気込みで昨年1年間やってきたのですが、結果的に国士舘に三冠を獲られてしまったのは、力があっても精神的な弱さが出てしまったことと、私と他校のベテラン監督との差が出てしまったことに起因していると思います。自分の力不足を感じた1年でしたね。

練習内容について

練習内容について

朝は30分の走り込みを中心にトレーニング。午後は毎日だいたい3時間から3時間半くらいで、体操や基礎練習の打ち込み、それを踏まえた寝技立ち技、乱取りなどを行なっています。

やはり基本は大切なので、打ち込みや寝技の基本練習に力を入れて練習していますね。他にも投げるための崩しの練習や、押さえ込みに入るための形の反復練習なども重視しています。

大会前には、試合を意識した実践的な練習も取り入れています。その中でも、生徒を14、15人並べて、それを1人ですべて抜いていく「抜き練習」は、大成高校ならではの練習かもしれません。

抜き勝負はかなり厳しい練習なのですが、出場する大会が抜き勝負ですからね。それを意識してあえてきつい練習をさせ、気持ちを本番に向け整えています。

生徒への指導

生徒への指導

やはり柔道は組み手が大切。組み手7割、技3割と言うくらい、組み手は勝利に繋がってきます。持ったら離さない、持ったら極力自分から動いて技を掛けていくこと。生徒にもそれを重視して指導しています。

あとは、投げたあとの決めですね。相手を投げるときに投げ捨てるのではなくて、しっかりと決める。そういったところをしっかりしていかないと、競ったときに必ず自分の弱点が出るので、日頃からうるさく、厳しく指導しています。

また、昨年の反省からメンタル面の強化にも力を入れています。本当の勝負はきつくなってきてからだと思いますので、練習中も選手が「きつくなってきたな」を感じたときは常に声をかけて、気持ちが負けないように指導しています。自分から攻めていく柔道をさせるように意識していますね。

あと、生徒とのコミュニケーションは、そこまで意識はしていません。ただ、やはり試合前になると生徒の調子が気になるので、そんなときは私が聞くことももちろんあるのですが、あまり直接呼んで話すと生徒たちが緊張してしまいますので、同じ部員や他の先生から聞いてもらうようにすることもありますね。

新チームについて

新チームについて

昨年は、スター性のある選手がいて派手なチームであるイメージも強かったと思うのですが、その3年生が引退したあとの新しいチームは、地味であるものの力量的には昨年と同じか、それ以上のチームになっています。

昨年12月上旬の黒潮旗武道大会で、国士舘高校、東海大学付属相模高校を破って優勝を果たし、さらに同月下旬の水田三喜男杯争奪選抜高等学校柔道大会でも優勝と、新チームで2度の優勝経験ができたことで、選手たちも自信を持てるようになったのではないかと思います。

そのおかげか、今年1月の全国高等学校柔道選手権大会県予選では、私が監督に就任して初めて、初戦から決勝まですべて5人抜きという非常に良い形で勝ち上がることができました。

一人ひとりが練習に必死に取り組み、年末からどんどん力を付けていますので、試合当日が本当に楽しみなチームですね。

全国高等学校柔道選手権大会をはじめ、今年の大会への抱負

全国高等学校柔道選手権大会をはじめ、今年の大会への抱負

全国高等学校柔道選手権大会では昨年決勝で悔しい思いをしているので、今年こそは絶対に優勝。優勝しか狙っていません。

昨年末からずっと勝ってきて、今良い形でここまで来ていますので、この勢いのまま優勝候補筆頭の国士舘高校に勝って昨年の雪辱を果たすのはもちろん、その前に当たる学校との試合も一つひとつ確実に勝利して、優勝を獲りに行きたいと思っています。

そのために、今生徒たちは厳しい練習を必死に頑張っていますし、私自身も鬼にならなくてはいけません。

大きいことを言えば、「三冠」を達成したいという目標もあります。しかし、大成高校柔道部としての歴史はまだ浅いので、まずは目の前の大会をひとつずつ勝っていき、最後にふたを開けたときに「あ、今年三冠が獲れたな」と気付くくらいがベストかなと考えていますので、それを目指して頑張っていきます。

インタビュー:2016年3月上旬

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

2015年、あと一歩のところで優勝を逃してきた愛知・大成高校。柔道部としての歴史は浅いながらも着実に力を付け、昨年の高校柔道三大大会ではすべて3位以内に入賞という結果を収めました。こちらのページには、大成高校柔道部の石田輝也監督へのインタビューを掲載しています。2015年を振り返っての反省点や新チーム、全国高等学校柔道選手権大会や他の大会に対する抱負などを語って頂きました。昨年の雪辱を果たすべく、厳しい練習を重ねる大成高校柔道部の姿を、インタビューを通じてご覧下さい。
柔道チャンネルは、柔道を志すすべての方を応援しております。

注目ワード