ぎっくり腰をぶり返したくない方へ 法花坂口鍼灸整骨院/柔道チャンネル

2019年5月28日(火)

こんにちは(^^)/徳島県大谷町にある坂口鍼灸整骨院・法花院です。 みなさんぎっくり腰になったことありますか?経験がない方も今後なる可能性があるのでご紹介していきますね。 ぎっくり腰ってどういう状態なのか簡単に説明すると足がつった時の感覚がそのまま腰に出ちゃったという状態です。ぎっくり腰はくしゃみや床からものを拾おうとしたときなど何気ない日常生活動作により急に起きてしまうものです。確かに急に起こるものなんですが実はこれって日ごろの積み重ねで筋肉に疲労が溜まってかつ姿勢や骨盤の歪み・ズレから来てる可能性があるので放っておくと何度も再発してしまいます。 ですのでぎっくり腰をぶり返したくない方は法花坂口鍼灸整骨院か近くの坂口グループまでお問い合わせください。

肩の痛み・腰の痛みでお困りのあなた!!法花坂口鍼灸整骨院/柔道チャンネル

2019年5月28日(火)

こんにちは!坂口鍼灸整骨院・法花院です。 梅雨の時期で雨はジメジメしてますね。体調管理はしっかり日ごろから整えておきましょう。 本日は肩の痛みや腰の痛みで困っている方へご紹介させていただきます。肩や腰の痛みって初めて痛めた時は整形に行ってしっかり見てもらってたと思います。同じような症状を繰り返すとあの時の痛みと似てるから何とかなると放置される方が多くいます。その繰り返しによってよくなるはずの症状がだんだん悪くなって気づいた時にはヘルニアや坐骨神経痛になってコルセットが手放せないってことになりかねません。 ですので少しでも違和感を感じた時点で身体の状態を定期的に診てもらえるようにしておきましょう。 また、当院は交通事故の治療も承っていますので万が一交通事故に遭われた際は法花坂口鍼灸整骨院までお問い合わせください。

腰痛・肩こり・むくみ(マタニティ) 法花坂口鍼灸整骨院/柔道チャンネル

2019年5月28日(火)

こんにちは!坂口鍼灸整骨院・法花院です。 今日みなさんにご紹介するのはマタニティの症状についてです。旦那さんや男性の方には一見関係ないように思われますがご自身の奥さんがマタニティの時にどんな状態なのかをわかっていると家の事や洗濯物など少しでもやらなきゃと思って頂ければと思います。 では実際にどういう状態なのかというところですが症状で多いのは肩凝り・腰痛、頭痛、むくみなどが良く見られます。お腹に赤ちゃんがいてる間は薬も飲めないので痛みがあっても横になって安静にしておくことがほとんどの対処法だと思います。それが続くと身体だけじゃなくてメンタル的なところにも影響してくるのでママもお腹の赤ちゃんにとっても良くありませんよね ?どこにいけばそういう治療をしてくれるのかわからない方、当院坂口鍼灸整骨院・法花院へお越しください。 万全な状態で出産していただけるように全力でサポートさせていただきます。施術中はお身体に一番負担の少ない姿勢の状態でさせて頂くのでお腹の赤ちゃんにとっても安心して受けて頂けます。 マタニティによる肩こり・腰痛・むくみ・頭痛で気になるかたお待ちしております。

産後のケアが気になる方へ 法花坂口鍼灸整骨院/柔道チャンネル

2019年5月28日(火)

みなさんこんにちは(*^▽^*) 坂口鍼灸整骨院・法花院です。 今回は産後のケアについてご紹介していきます。ご出産されたばかりのママや産後1年以内のママさん出産されたあとの骨盤そのままにしてませんか?産後の骨盤をそのままにしておくとどうなるか @産前履けていたズボンが入らない➁体重が増えて戻らない➂肩こり腰痛がひどいCウエストが大きくなってポッコリお腹が、、、なんてことになってしまいます。マタニティの時や産後でも運動を制限されてしまいますので元々あった筋力より下がってしまいます。特にお尻周りやふとももなどの筋肉は日々の努力が必要になりますし姿勢に大きく関わっているインナーマッスルは普段から意識して鍛えようにも自分の意志で動かすことが出来ない部分ですのでかなりの努力が必要になります。 しかし、開いてしまった骨盤は当院でできる産後骨盤矯正により締めることが出来ますし腰痛や尿漏れなどの症状も良くすることが出来るので産後2〜6か月が一番ベスト(1年以内であれば矯正可能)ですので開いた骨盤、弱ってしまった筋肉、元に戻したいウエスト・体重など産後のケアで気になる方 法花坂口鍼灸整骨院までお越しください。 お子様連れのママも安心していただけるようにキッズスペース、ベビーベッドもございますので気軽にお立ち寄りください。

成長痛、オスグット、シーバー病,有痛性外脛骨でお困りの方/柔道チャンネル

2019年5月28日(火)

みなさんこんにちは たなかファミリア整骨院です。 こんなことでお困りではないでしょうか? 足が痛くて病院に行って成長痛、オスグット、シーバー病など診断されたが安静にしましょう、運動を控えましょうなど言われたもう何週間も何か月も経つがなかなか良くならずにどうしていいか分からないこんなことはありませんか? 成長痛であれば身長が止まるまでずっと痛いのか?そんなことはありません!成長して痛みが出ているのであれば両足痛くなるのが普通です、意外に片足だけ痛くなることの方が多いみたいです、ではなぜか、スポーツしている学生は同じ動きの繰り返しになってきますし、使いやすい方を軸に使うことが多くなってくると思います! 例えば器用な右を使えば良いのにわざわざ不器用な左を使う必要はないのです。 なので使いやすい方を使っていると身体のバランスが悪くなり片方だけに負担がかかり痛みなどを発症するのです、でもみんな年も近くて、使い方も対して変わらないと思いますが次に考えられるのが姿勢の歪みでこれ自体が歪んでくると身体の構造が崩れますのでさらに負担がかかり症状が出やすいと考えています。 なので安静にしていても改善しない方は今後安静にしていても改善するのは難しいのかもしれません。 そういった成長痛、オスグット、シーバー病でお悩みの方はぜひご相談ください、今現在もしそういった状態であれば説明いたしますのでお気軽にご連絡ください。
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルが展開する「接骨院/整骨院ブログ」は、接骨院や整骨院に関する様々な情報を発信しています。

接骨院や整骨院に馴染みのない方に向けて、接骨院や整骨院をもっと知って頂くため、もっと身近に感じて頂くために、柔道チャンネルがオススメする接骨院や整骨院ごとにセールスポイントや、柔道整復師の先生をご紹介しています。先生方の顔も見えるので接骨院や整骨院選びの参考になります。

その他にも、ケガや肩こりなど接骨院や整骨院に適した症例や、季節ごとのお役立ち情報もご紹介しています。接骨院や整骨院に興味がある方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご愛読下さい。

注目ワード