お尻の痛み?腰の痛み?/柔道チャンネル

2021年4月2日(金)

皆さん、坐骨神経痛をご存知ですか?
腰、お尻にかけて足にかけて伸びている坐骨神経がさまざまな原因によって圧迫や刺激されて起こり臀部や太もも、ふくらはぎ足先に電気がはしったような痛みや痺れ、強く張っている感じなどの症状のことを指します。
腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などが原因で起こる場合、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が病名で坐骨神経痛症状ということになります。
A腰部脊柱管狭窄症 脊柱管は背骨の中央にあり、脊髄とそれに続く神経が通り脊柱管がせまくなると脊柱管狭窄症となり腰のあたりに発生すると腰部脊柱管狭窄症となります。
@腰椎椎間板ヘルニア クッションの働きをする椎間板というものがはみ出したり、飛び出したりすることで神経を圧迫し症状を起こしている。 B変形性腰椎症 腰椎の形が変形して神経を圧迫して腰や足のしびれを起こします。
手技については、一般的な整体やマッサージでよくならない 骨盤矯正を何度もしているがよくならない マッサージや整体で痛みが良くならない! 薬や痛み止めに頼らずによくなりたい! といった方に受けていただきたい施術になります。
当院では坐骨神経痛に対して手技やハイボルト療法で高電圧の刺激を筋肉などに浸透させて痛みの軽減や治癒促進をはかります。 また、ハイボルトは検査目的でも使用出来るため、レントゲン、MRIに写らなかった筋肉や神経の悪い部分を探せるという治療兼検査機として用いることができます。 坐骨神経痛は姿勢の歪みから来ている場合もあるので
慢性的な痛み・痺れでお困りの方は是非当院へご相談くださいい
自分自身の姿勢の状態を知ることが大事になってきます! 当院では姿勢の確認から症状確認までしっかりとさせていただき状態を説明させていただきます!

頭痛は肩こりからも来る!?/柔道チャンネル

2021年4月2日(金)

こんにちは!
鴨島坂口整体院です!

今日は肩こりからくる頭痛についてお話をしたいと思います。

 
デスクワークが多い、長時間同じ姿勢でいることが多い方、あとは首や肩がこりやすい、ぎゅーっと締め付けられるような感じがある、肩こりや首こりと頭痛が一緒にくる、目が疲れやすい。


このような症状でお困りの方も多いのではないでしょうか?

これらの症状は筋肉が原因になっていることが多いんです!

長時間同じ姿勢でいることによって負担のかかっている筋肉がずっと緊張しているので、筋肉が硬くなってしまい、神経や血管が圧迫されます。


その神経は痛みを伝えるものなので、肩こりや頭痛の発生に繋がります。

また、肩こりの症状が悪化すると、今までたまにしか出ていなかった頭痛も、頻繁に出てくるようになります。

頻繁にでてくるようになると、その頭痛が慢性化してしまいます。

そのため、何よりも症状の悪化を予防することが大事です!! 

肩こり、首こり、頭痛などの症状にお困りの方はぜひ当院にご相談ください♪


また、毎月20日30日には患者さま感謝デーとして1日5名様限定で骨盤矯正などの施術体験を500円で受けることができるイベントも行っていますのでお気軽にお越しください★


 鴨島坂口整骨院 
平日9:15~12:00/15:30~20:00 
土曜8:15~17:30 
日祝8:15~12:00 
住所 吉野川市鴨島町牛島139-3 マルナカパワーシティ鴨島内 
電話 0883-36-1445

ランニングの時足に痛みを引き起こす、姿勢の歪みからくる症状・・・腸脛靭帯炎について!!!/柔道チャンネル

2021年4月2日(金)

皆さん、こんにちは!小松島坂口整体院です!
本日は「腸脛靭帯炎」についてご紹介させていただきます!
まず腸脛靭帯とは、人間の両足にそれぞれ骨盤から膝の外側にかけてくっついている靭帯であり、この靭帯が炎症を起こしている状態を腸脛靭帯炎と言います!特にこの疾患はランニングなどで膝の曲げ伸ばしを繰り返すことにより、膝の外側と腸脛靭帯の間で摩擦を繰り返すことにより発生するため、陸上選手やマラソンランナーなどのよく長時間走る人に良く発生することから「ランナー膝」とも呼ばれております!
皆さんは普段の生活の中で、このような症状やお悩みはありませんか?

・膝の外側に痛みや熱っぽい感覚がある。
・歩いている時や走っている時に膝の外側に痛みが出る。
・膝を曲げ伸ばしする際に膝の外側の痛みが増強する。
・膝の外側を抑えると痛みがある。

このような症状がある方、腸脛靭帯炎になっている可能性が高いです!
またこの腸脛靭帯炎、実はそれほど走ったり膝を酷使したりしていない方でもなる事がありまして、この場合原因は普段の姿勢や骨盤に歪みがある場合が殆どです。なぜかというと、人間の身体は姿勢や骨盤に歪みがある状態だと身体の重心の偏りや筋肉にかかる負担が大きくなってしまうため、筋肉が緊張しやすい状態になってしまいます。その状態を放置していると、筋肉が徐々に硬くなって柔軟性が落ちてしまうため、膝を屈伸した時の腸脛靭帯の摩擦が強くなってしまいます。また、筋肉が硬くなっていると血流も悪くなってしまうため、炎症が起きている場所の炎症因子や老廃物の排泄もうまくいかなくなり、炎症症状がより強く出てしまいます!
当院では、腸脛靭帯炎の患者様に対して「MPF療法」と「インナートレーニング」という治療を行っております!
MPF療法は首から足にかけての筋肉の硬さを取り除き、姿勢や骨盤の歪みを取り除く手技になります!姿勢の歪みが治ると腸脛靭帯にかかる負担も減り、血行が改善することにより炎症の治りも早くなります!
また、インナートレーニングは普段人間の姿勢を無意識に支えている筋肉…深層筋(インナーマッスル)を鍛えるトレーニングで、深層筋自体が弱っていることにより姿勢の歪みが出てしまっている方はこのトレーニングをすることで体幹がぶれにくくなり、姿勢が歪みにくくなるため腸脛靭帯炎が出にくい身体にすることができます!
腸脛靭帯炎の患者さまには上記の二つの治療を行い、手技で炎症や痛みを取りつつ姿勢や骨盤の歪みを根本から治療していくようになります!
膝の痛みでお悩みの方や、ご自身の姿勢に歪みを感じる方、良ければ是非一度、当院にご相談下さい!!

・ホームページ:http://expand-a.net
・住所:〒773-0010 徳島県小松島市日開野町破閑道35-1 マルナカ敷地内
・TEL:0885-38-9290
・開院時間
平日:午前9:15〜12:00   午後15:30〜20:00
土曜日:8:15〜17:30   日曜日・祝日:8:15〜12:00
・感染病予防対策
@要予約 A要マスク B要検温 Cスタッフはマスク着用
Dスタッフによる検温あり E次の患者様の案内前に、スタッフによる消毒実施

医師の方が実践しているマスクの使い方★/柔道チャンネル

2021年4月2日(金)


少しでも参考になれば嬉しいです。




●マスク着用時の水分補給
表面を触らないよう、ゴム紐だけはずし、水分補給をします。

つけなおすときも、ゴム紐だけを持って。


あごマスクはNGで、絶対にダメです。

マスクに覆われていない顎のあたりは、ウイルスがついている可能性があるためだからです。。



●外すべきではない場所
屋外で、人と2m以上離れている場所は、マスクを外しても大丈夫です。

1人になれるところで外し、こまめに休憩しましょう。

ただし、スーパーではマスクは外さないこと。

マスクをはずして会話すると、商品に飛沫がかかるかもしれないからです。。



●マスク熱中症対策
以前のジャーナルでも紹介しましたが、脱水、熱中症対策には、塩パイナップルがおすすめです。

パイナップルは、水分、カリウム、マグネシウムが含まれます。

しかしナトリウムは含まれないので、塩をふってナトリウムをプラスして食べましょう。

外出時は、冷凍パイナップルを持参し、塩をかけて食べるといいそうです。



●帰宅後の正しい処理
家の外でマスクを外して、ウイルスを家に持ち込まないこと。

直接捨てず、ビニール袋へ。

玄関にマスク専用ゴミ箱を置くのもおすすめです。


【コツコツ接骨院】 愛知県春日井市六軒屋町5丁目158-2 ≪完全予約制≫ 0568-84-2951

産前産後 3/柔道チャンネル

2021年4月2日(金)

それでは今日も続きを行ってみましょう!!

【消化器系】

水分の吸収が増加して便秘や痔になりやすくなります。

ホルモン作用によって消化器が弛緩したり、大きくなった子宮により胃や腸の消化管が圧迫されたりもします。食道も弛緩するので30%〜80%の方に食道逆流がみられます。


【泌尿器系】

頻尿や尿失禁にもなりやすくなります。

血液の循環量が増加することで当然腎臓の血流量も増加して尿量が増加することや、膀胱が子宮による圧迫にも影響を受けます。
また、骨盤底筋群の機能低下も起こります。


【内分泌系】

○ ヒト絨毛性ゴナドトロピン

妊娠4週目に尿中に出現するため妊娠判定に利用されています。
つわりの原因と言われており胎盤ができる15週頃に減少していきます。

○ プロゲステロン

妊娠を維持するホルモン。
体内に水分をためる働きがあるためむくみやすくなります。

○ エストロゲン

いわゆる女性ホルモン。
妊娠を維持し、妊娠後期になると子宮頚管を柔らかくします。

○ リラキシホルモン

子宮筋をゆるめ妊娠継続させる働きがあります。
出産に向けて靭帯や結合組織もゆるめて骨盤を広げやすくします。
12週で最大となるため妊娠初期〜中期の骨盤帯痛の原因となります。

※ 17週以降は50%を維持し、出産後3日で出産前に戻りますが授乳中は分泌され続けます。
※ 授乳中は過度のストレッチは避け、『 産後の骨盤矯正は早めがいい等を謳った整体などには気を付てください!!


今回はこの辺で終了とします。

また次回お会いしましょう!!
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルが展開する「接骨院/整骨院ブログ」は、接骨院や整骨院に関する様々な情報を発信しています。

接骨院や整骨院に馴染みのない方に向けて、接骨院や整骨院をもっと知って頂くため、もっと身近に感じて頂くために、柔道チャンネルがオススメする接骨院や整骨院ごとにセールスポイントや、柔道整復師の先生をご紹介しています。先生方の顔も見えるので接骨院や整骨院選びの参考になります。

その他にも、ケガや肩こりなど接骨院や整骨院に適した症例や、季節ごとのお役立ち情報もご紹介しています。接骨院や整骨院に興味がある方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご愛読下さい。

注目ワード