産後の骨盤矯正について/柔道チャンネル

2020年6月20日(土)

皆さんこんにちは!末広坂口鍼灸整骨院です(^^)/ お子さんを産んで腰痛や関節痛、産後太りで産前履いていたズボンが入らなくなったなどお困りの方おられませんか? その症状は骨盤の歪みからきているものです。 そんな方には当院で行なっている産後の骨盤矯正をお勧めします! “骨盤矯正”と聞いて無理矢理されたり、バキバキされたりするイメージをお持ちの方が多いと思います。 当院の骨盤矯正は動かせる範囲で動かして体に負担のない手技になっています。 妊娠中に分泌されるホルモンの影響で歪んだ骨盤を直すことで筋肉を正しい位置に戻し痛みを和らげるのはもちろん、開いた骨盤の矯正をすることでお尻周りが小さくなります。 妊娠によって歪んだ骨盤を直すのに適した期間は2ヶ月〜6ヶ月というふうに言われています。 6ヶ月を過ぎてしまうとだんだん骨盤が固まってしまい効果が出にくくなってしまいます。 なので出産後歪んだ骨盤を直すには6ヶ月までがベストです! 今症状があまり出ていなくても今後に影響してきます。 なので出産後はぜひお子さんと一緒にお越しください! ☆末広坂口鍼灸整骨院☆ 住所:徳島県徳島市末広1丁目4-30 088-679-7343

姿勢について!(腸腰筋)/柔道チャンネル

2020年6月20日(土)

みなさんこんにちは!国府坂口整骨院です(「`・ω・)「 今回は前回の姿勢からの続きになります!! 前回のブログで姿勢の大切さ、重要さ、が伝わったと思います!!(;;;・_・)もし伝わってなく、わからなかったらちょっと1度お話ししましょう!!(゜皿゜;www けど最近と言う訳ではないんですが、姿勢に注目もされてるんでネットとかで調べてもすぐ出てくるのが嬉しいですよね( ˘ ³˘)それでもわからない事があればいつでもご相談ください(。・ω・。)ノ     それで今回のブログはその姿勢を支えている筋肉についてお話ししたいと思います!!ᕙ(⇀‸↼‶)ᕗムキッ!    ではどの筋肉の説明かというと「腸腰筋」です!みなさんは腸腰筋というものを知ってますか?まぁ僧帽筋とか上腕二頭筋とかみたく聞く機会はあんまりないかもしれないんですが… アスリートの方達だけじゃなく、一般、むしろ人間にとってとても重要な筋肉なんです!!(「`・ω・)「   腸腰筋といってもそういう名前の筋肉がある訳じゃなく、背骨の腰椎と脚の付け根の大腿骨を繋ぐ「大腰筋」と、骨盤と脚の付け根の大腿骨を結ぶ「腸骨筋」「小腰筋」が組み合わさった筋肉です!その「大腰筋」「腸骨筋」「小腰筋」などの腰椎と大腿骨を結んでいる筋肉群の総称が【腸腰筋】なんです! なので、簡単に説明したら、椅子に座っててフトモモをさらに上に引き上げる際に使用する筋肉のことです!… 書いてて思ったんですが、簡単やなくわかりにくくてすみません!( ๑¯◡¯๑;) そして腸腰筋は「深腹筋(しんふっきん)」や深部腹筋群と総称もされ、いわゆるインナーマッスルの部類に入る筋肉です。インナーマッスルの中でもかなり筋肉の面積が大きいのでインナーマッスルの代表とも言える筋肉なんです! まぁそんな腸腰筋なんですが、どんな役割かと言うと、上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉です!そう!唯一なんです!そして、腰をS字状にキープしたり、さっき説明した、フトモモや膝を持ち上げる動きを行います。さらに、立ち姿勢(立位姿勢)を保つ際に、重力に抗う筋肉(抗重力筋・こうじゅうりょくきん)でもあります。深腹筋とは名前だけじゃなく、奥深い体の中心にあり、見えない位置にある筋肉なんですが、運動能力のほか、姿勢やプロポーションに関わってくる筋肉なんです。また、速く走るための筋肉としても注目も集まってます!   なので前回説明したように、正しい姿勢を保ったり、姿勢を整える為には非常に重要、大切な筋肉になってくるんです!! 今回はここまでにして、また次回腸腰筋についてお話しさせてもらいますね!ᕙ(⇀‸↼‶)ᕗムキッ! ではこれにて!!(。・ω・。)ノ
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルが展開する「接骨院/整骨院ブログ」は、接骨院や整骨院に関する様々な情報を発信しています。

接骨院や整骨院に馴染みのない方に向けて、接骨院や整骨院をもっと知って頂くため、もっと身近に感じて頂くために、柔道チャンネルがオススメする接骨院や整骨院ごとにセールスポイントや、柔道整復師の先生をご紹介しています。先生方の顔も見えるので接骨院や整骨院選びの参考になります。

その他にも、ケガや肩こりなど接骨院や整骨院に適した症例や、季節ごとのお役立ち情報もご紹介しています。接骨院や整骨院に興味がある方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご愛読下さい。

注目ワード