自律神経の乱れを整えるストレッチ!part3/柔道チャンネル

2020年6月17日(水)

みなさんこんにちは!国府坂口整骨院です(「`・ω・)「        今回は前に言ったようにふくらはぎの筋肉の説明から入って、ストレッチまで書いていこうと思います!   ではまずふくらはぎの筋肉について説明していこうと思います!  「ふくらはぎの筋肉構造」 ふくらはぎの筋肉を構成する筋肉郡は、 ・腓腹筋(ひふくきん) と ・ヒラメ筋 の2つです。 ふくらはぎの筋肉である「腓腹筋」(ひふくきん)と「ヒラメ筋」という2つの異なる筋肉により構成されていて、腓腹筋の2つの筋頭とヒラメ筋と合わせて「下腿三頭筋」(かたいさんとうきん)と呼びます。ヒラメ筋は腓腹筋の内側に位置あり、より大きな筋肉です。そして、腓腹筋とは、下腿の上部に位置する筋肉の塊であり、脚を蹴り下ろす運動をつかさどっています。また、膝関節の屈曲を行うのも、この筋肉になります。「ふくらはぎ」と言うときに人々が思い浮かべるのは、どちらかというと腓腹筋のほうになります。あの棍棒のようなw ふくらはぎに憧れた事は男性なら少なからずいるはずです!(「`・ω・)「  ちなみにヒラメ筋は、腓骨筋(ひこつきん)の深層に位置になるわけなので、大きく形の良い… もう1度言いますが、あの棍棒!!のようなふくらはぎを生み出すためには、まずは表面の腓骨筋を鍛えることが必要となります!(๑¯◡¯๑)     では早速ストレッチの話なんですが、ふくらはぎの筋肉は膝関節から足関節をまたいで付いているため、ふくらはぎの柔軟性が低下すると膝関節や足関節の歪みの大きな原因になってしまうんです!これは「O脚」・「X脚」・「XO脚」にも繋がってしまうんで、ふくらはぎをストレッチして筋肉の柔軟性を高める必要があるんです!(ノ ̄皿 ̄)ノ さらに、ふくらはぎの筋肉は、足首を足裏側へ動かす「足関節底屈(屈曲)」の働きを持っています。この筋肉が硬くなると走行時に関節や腱に負担が掛かり、結果として関節が歪んでしまう恐れもでてきます!(*﹏*;) ここまで言えばふくらはぎのストレッチの重要性が前回のブログ(自律神経の乱れを整えるストレッチpart)からより一層深まりましたね!(┛✧Д✧))┛     さぁ!!!ここからストレッチですよ!!!内容は薄いし(むしろ1個とか2個ぐらいです(´;ω;`))、言葉でお伝えするんでわかりにくい所も多いと思いますが、最後までお付き合いください!(。・ω・。)ノ まぁ簡単に言えばふくらはぎ・アキレス腱のストレッチ 多分皆さんの想像してる通りだと思うんですが… 腰に手をつき、伸ばしたい方の逆の足を一歩ちょい前へ、そして腰を落とす!前に出した膝を曲げる!そうすれば自分の後ろにある足のふくらはぎはかなりストレッチがかかってるでしょ?(☞゚∀゚)☞ むしろこれだけやれば充分ではあります! 他にもあるんですがこれだけでもおさえてくれれば大丈夫です!(*´ω`*)    寝る前などは仰向けで寝て、両足のつま先を自分の脛につける気持ちでぐーっと伸ばします!何秒かKEEP!!次に逆につま先を限界まで伸ばす!何秒かKEEP!!【この時ふくらはぎが攣りそうになるんでほんま気を付けてください!!!!!(´;ω;`)攣りそうになる前には戻してください!ならない方はぐーっと伸ばしてください!】次につま先で円を描くように、足首を回す様にぐるーっと大きく2周!逆周りにぐるーっと大きく2周!さぁこの一通りを2セット〜3セット!!これで今日は爆睡です!!(┛✧Д✧))┛爆睡はできなくても睡眠の質は上がるはずです!(*´ω`* ; ) 以上です!!!(‘◉⌓◉’)←え? またまた薄い内容ですみません!(*﹏*;) ではこれにて!(。・ω・。)ノ

産後は何を食べればいいの??/柔道チャンネル

2020年6月17日(水)

こんにちは!鴨島坂口整体院です! 今回は産後に食べると良い食材についてお話していきます!産後は母乳の関係もあり、血液成分が含まれている鉄分が不足しがちになります。また、赤ちゃんの骨を作るために使ったカルシウムも不足します。 鉄分不足には、海藻類(わかめ、ひじき)・レバー・ほうれん草、納豆などが効果的です!カルシウム不足には牛乳などの乳製品・カツオ・小魚・豆腐・大豆食品などが効果的です!これらの吸収を高める為には、たんぱく質やビタミンDを一緒に取るといいみたいです!たんぱく質が豊富な食材は、肉類・魚類・卵類・大豆製品・乳製品などがあります!ビタミンDが豊富な食材は、サケやマスなどの魚類・きくらげ・鶏卵などがあります! 産後は母乳で栄養が必要となるので普段よりも意識して栄養を摂取しましょう!!当院では、産後の骨盤矯正を行っております!産後は骨盤が開き、不安定な状態になっており、育児でいままでなかった動作が増えるので痛みがでやすくなります!骨盤が開いたままでは将来痛みが出やすくなったり、産後太りにつながったりと様々なデメリットがあります!産後の骨盤矯正を行うことで骨盤を閉め、産後太りを抑えたり、痛みの出にくい身体を作っていきます!では、産後の骨盤矯正はどのタイミングで行うかの説明をします!産後の骨盤矯正を行う一番いいタイミングは「産後2〜6ヵ月」です!この時期が一番骨盤が緩み、閉めやすい状態になっています!それよりも前だと骨盤がグラグラでかなり不安定な状態になっていますので安静にしておくのが理想です!逆にそれよりも後になると骨盤が開いた状態で筋肉が硬くなるので閉まりにくい状態になってしまいます!産後の骨盤矯正を行うには期間が限られている為、是非ベストなタイミングで行いましょう!!骨盤を閉めて産前のお身体を取り戻しましょう★ お気軽に当院にご相談ください♪ また、毎月20日30日には患者さま感謝デーとして1日5名様限定で骨盤矯正などの施術体験を500円で受けることができるイベントも行っていますのでお気軽にお越しください★ 吉野川市鴨島町牛島139-3 マルナカパワーシティ鴨島内 0883-36-1445

運転には気を付けて!!交通事故患者様が増えてきています!/柔道チャンネル

2020年6月17日(水)

みなさん、こんにちは! 北島坂口鍼灸整骨院です!! 新型コロナウイルスも落ち着き始め、外出する機会が増えてきています。また梅雨の時期に入り、雨での運転が多くなってきていることで、交通事故が増えてきています。 雨の日の運転は地面が濡れており、ブレーキを踏んでも止まりづらくなり、事故を起こしてしまいます(;゚Д゚) 交通事故を起こしてしまう、遭ってしまうとパニックになり、何をしていいかわからなくなる人が多いです!! そうならないためにも、交通事故が起きた場合のイメージをして焦らず行動できるようにしておきましょう! 交通事故から治療まで流れ・・・ @怪我人の有無の確認 A警察に連絡 B保険会社に連絡 C怪我がある場合は、病院・接骨院に通院することを 保険会社に伝えて通院 ※・原則窓口負担0円  ・1回通院による慰謝料最低4.200円 という流れになっています。 事故から期間が空いてしまうと交通事故治療として認められず、実費での治療になってしまったり、症状がずっと残ってしまうことがあります。 事故後にお身体のことで少しでも気になることがありましたら、お気軽にご相談下さい!! 当院は新型コロナウイルス対策として・・・ @スタッフ・患者様の検温、消毒 Aスタッフのマスク着用 Bベット使用後の消毒 Cベットの間隔を空けての施術 を徹底していますので、安心してご来院ください!!

「かかと」の痛みでお悩みの少年・少女へ!/柔道チャンネル

2020年6月17日(水)

皆さん、こんにちは! 小松島坂口鍼灸整骨院の須原です。 本日は、スポーツをしている少年・少女に発生しやすい「踵(かかと)」の痛みについてご紹介していきます。 踵の痛みを訴えることが多いのは、サッカーをしている男の子に多いといわれています。 この時に、注意していただきたいのが、 「セーバー病」という症状があるということです。 セーバー病は、 「骨端症」という総称名があり、その中の特に踵の痛みを訴えている症状をセーバー病といいます。 骨端症には、代表的なものに、 「オスグッド・シュラッター病」といわれる、膝の痛みを訴える症状もあります。 セーバー病などの骨端症は、使い過ぎによって起こってくるものです。 セーバー病では、踵の骨にアキレス腱が付いているため、そのアキレス腱が繰り返し収縮を起こすことによって、踵の骨の端が炎症を起こして痛みが出るものになります。 踵の痛みがセーバー病かどうかは、レントゲンを撮らないことには確定できないものになりますので、少しでも気になる方は、一度、整形外科を受診することをオススメします。 セーバー病ではなく、単純な踵の痛みですと、当院で行っている「ハイボルト療法」でしっかり痛みを取ることが出来ます。 セーバー病の場合も、ハイボルト療法で痛みを取ることはできますが、痛みが再発することが多いため、根本的な解決にはなりません。 セーバー病は、成長に伴って、踵の骨がしっかり出来てくると、痛みが出なくなりますので、保護者の方は、ご安心ください。 本日は、踵の痛みについてご紹介してきました。 最近は、部活動も始まって、久しぶりに体を動かすことが多くなり、疲労が溜まりやすい状況になっていますので、 少しでも違和感などを覚えた場合には、当院にお気軽にご相談ください!
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルが展開する「接骨院/整骨院ブログ」は、接骨院や整骨院に関する様々な情報を発信しています。

接骨院や整骨院に馴染みのない方に向けて、接骨院や整骨院をもっと知って頂くため、もっと身近に感じて頂くために、柔道チャンネルがオススメする接骨院や整骨院ごとにセールスポイントや、柔道整復師の先生をご紹介しています。先生方の顔も見えるので接骨院や整骨院選びの参考になります。

その他にも、ケガや肩こりなど接骨院や整骨院に適した症例や、季節ごとのお役立ち情報もご紹介しています。接骨院や整骨院に興味がある方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご愛読下さい。

注目ワード