水分補給をしっかりしましょう!/柔道チャンネル

2019年6月27日(木)

こんにちは!鴨島坂口鍼灸整骨院です!今回は、水分についてお伝えしようと思います( ..)φメモメモ 皆さんは一日にどれくらいの水分を摂っていますか??人が一日に必要な飲料水は約2リットルと言われています。大きなペットボトル1本を飲むと考えたらかなり大変ですよね(+o+)でも人間は尿や便、汗として一日2〜2.5リットルもの水分が体外へ出ているんです!!寝ている間にも汗はかいていて皆さんが思っている以上に体内の水分は外に出ています。水というのは人間の身体に最も多く含まれている物質です! では、水分不足になるとどういった症状がでるかご存知ですか?人間は水分不足になると、のどの渇き・めまい・吐き気・食欲減退・筋けいれん・失神など水を飲まないだけでこのような怖い症状が現れ、ひどい場合は命の危機にもなります!! これからの季節、どんどん暑くなるので熱中症になる危険性も高くなってきます(*_*)のどが渇いてから水分を摂るのではなく、こまめに水分補給を行いましょう♪ でも、「いきなり2リットルの水分を摂るのは難しい( ;∀;)」という方もいらっしゃいますよね?そういう方は、「まずは1リットル飲む!」と決めて徐々に量を増やしていってみてください(*^-^*) もし、皆さんの周りでなにかお身体にお困りの方がいらっしゃいましたらお気軽に当院にご相談くださいね(*´ω`*)

五十肩について!!/柔道チャンネル

2019年6月27日(木)

みなさんこんにちは!北島坂口鍼灸整骨院です!今回は五十肩についてご案内します( ..)φメモメモ 五十肩は主に年齢を重ねることで起こる肩関節の運動制限や痛みのことを言います。一般的に時間とともに治っていきますが適切な治療をしないまま放っておくと肩関節の動きが悪いまま治ってしまうこともあります。なので五十肩になったあとの治療もすごく重要ですがもっと重要なことがあります。それは・・・『姿勢』です!!! 正しい姿勢を維持して五十肩を予防することがとても重要です!! どうして姿勢が大事かと言うと、姿勢が悪いと肩が挙がらなくなります。試しに肩を内に入れていわゆる巻き肩にして背中を丸めた猫背の状態で肩を上げてみて下さい。挙がりましたか?おそらく挙がらない人がほとんどなのではないでしょうか。こんな風に姿勢が崩れると肩の動きが悪くなります。そのまま放っておくと筋肉や関節が固まってしまいそれにより炎症による痛みや肩の運動制限が起こって来ます。こんな状態になるのは嫌じゃないですか?一回なった人はもう二度と五十肩にならないような身体を手に入れたくありませんか? そんな方はぜひ北島坂口鍼灸整骨院にお任せください!!!当院では『MPF』と言う特殊な手技を用いて筋肉の硬さを取って痛みの軽減をするとともに姿勢や骨盤の歪みを整えていくことが出来ます!!五十肩になりたくない方!!五十肩を繰り返したくない方!!是非坂口鍼灸整骨院までお越しください!!気軽に相談でも大丈夫です!お待ちしております!!

顎関節症 顎痛い 小松島坂口鍼灸整骨院/柔道チャンネル

2019年6月27日(木)

こんにちは!! 小松島坂口鍼灸整骨院です。 みなさん顎関節症になっている方やなったことがある方その顎痛は大丈夫ですか? 顎関節症はストレス的なところから歯ぎしりをする人食事をとる際に片側だけで噛む人や筋肉によるものまであります。 顎関節症は歯医者さんでマウスピースを処方してもらって対処してる方もいらっしゃると思います。が硬くなっている顎の筋肉も緩めてあげることも大事です。小松島坂口鍼灸整骨院ではハイボルトという特殊な電気や鍼灸治療、原因になっている筋肉にアプローチする治療で改善させていきます。 治療で症状を緩和することできますが普段の日常生活でも片側で噛まないや頬杖をしないなど気を付けてみてください。 肩こり、首凝りも原因になりますので是非、小松島坂口鍼灸整骨院までお問い合わせか直接起こし下さい。 徳島県小松島市日開野町破閑道35−1マルナカ敷地内 0885‐38‐9290
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルが展開する「接骨院/整骨院ブログ」は、接骨院や整骨院に関する様々な情報を発信しています。

接骨院や整骨院に馴染みのない方に向けて、接骨院や整骨院をもっと知って頂くため、もっと身近に感じて頂くために、柔道チャンネルがオススメする接骨院や整骨院ごとにセールスポイントや、柔道整復師の先生をご紹介しています。先生方の顔も見えるので接骨院や整骨院選びの参考になります。

その他にも、ケガや肩こりなど接骨院や整骨院に適した症例や、季節ごとのお役立ち情報もご紹介しています。接骨院や整骨院に興味がある方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご愛読下さい。

注目ワード