交通事故で起こる病気!!脳脊髄液減少症とは!?/柔道チャンネル

2019年2月23日(土)

みなさん、こんにちは。 阿南坂口鍼灸整骨院の川アです。 今回は、交通事故によって起こる 傷害についてご説明させていただきます。 その中でも今回は 【脳脊髄液減少症】とゆう症状について ご説明させていただきたいと思います。 脳脊髄液減少症とは、脳脊髄液が 脳脊髄液腔から漏出することにより量が 減ってしまい、その結果 頭痛やめまい・耳鳴りなどの症状や 身体の倦怠感 など様々な症状を起こしてしまう 疾患です。 ではなぜ脳脊髄液減少症は交通事故により 起こってしまうのでしょうか? 脳脊髄液減少症は、外部からの衝撃 つまり、交通事故を起こして頭をぶつけた方や 直接的ではないものの、頭を大きく揺さぶられたりすることにより発症します。 頭蓋骨の内部の硬膜が傷つくことにより髄液が 漏れ出し、硬膜内部の圧が減少し起こります。 それにより頭痛・耳鳴りなどが起こってきてしまうので、別名【低髄液圧症候群】と言われることもあります。 交通事故の他にもスポーツなどを行なっている際の頭部や体幹に対する衝撃においても引き起こされることがわかってきました。 ですが、ここで難しくなってくるのが 交通事故で強い負荷がかかることによって起きるむち打ち損傷との鑑別です。 むち打ち損傷も、脳脊髄液減少症と同様 頭痛やめまい・吐き気などが症状として 現れてきます。 症状が同じため鑑別をすることが難しいのですが、一番の違いとしてあげられるのが 症状の出る期間 つまり症状が出ている長さです。 むち打ち損傷は、どれだけ長くても 6ヶ月で症状が改善します。 それに比べて脳脊髄液減少症は 症状が数年継続することもある病気です。 ですので、長期間継続して頭痛やめまいが 出ている方は早急に病院に行き診断を受けることをオススメします。 病院では、MRIなどを使って検査を行なっていただけます。 また、治療法としては 【ブラッドパッチ療法】という治療かあり ブラッドパッチ療法の内容としましては 血液が固まるという性質を利用して、硬膜外腔に血液を注入して漏出を起こしていた穴を埋めて行くという治療法です。 この治療法で7割〜8割の患者様に 改善が見られるとされています。 当院は交通事故の患者様を多く受け入れておりますが、なかなか頭痛めまいが治らない際には しっかりと検査をさせていただきます。 それにより、脳脊髄液減少症が疑われるのであれば病院に通院いただくのですが、もし脳脊髄液減少症でなかった際にも、今お困りになっておられる頭痛などの症状を無くす適切な治療をさせていただきます。 また、阿南坂口鍼灸整骨院は交通事故治療を 窓口負担金0円!! 整形外科との併用OK!! 土日祝営業!! 20時まで営業!! で営業させていただいております。 ですので、お仕事でお忙しい方などでも 多くの人に通っていただいております。 是非お気軽にご相談ください。 その他にも 肩こりや頭痛、腰の痛みなどで お困りの方やスポーツ外傷(捻挫・肉離れなど) でお困りの方もお気軽にご連絡ください。
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルが展開する「接骨院/整骨院ブログ」は、接骨院や整骨院に関する様々な情報を発信しています。

接骨院や整骨院に馴染みのない方に向けて、接骨院や整骨院をもっと知って頂くため、もっと身近に感じて頂くために、柔道チャンネルがオススメする接骨院や整骨院ごとにセールスポイントや、柔道整復師の先生をご紹介しています。先生方の顔も見えるので接骨院や整骨院選びの参考になります。

その他にも、ケガや肩こりなど接骨院や整骨院に適した症例や、季節ごとのお役立ち情報もご紹介しています。接骨院や整骨院に興味がある方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご愛読下さい。

注目ワード