接骨院イメージ

きわみ鍼灸整骨院 博多院

福岡県福岡市博多区

「きわみ鍼灸整骨院 博多院」の最新情報をご紹介します。

産前産後 3/柔道チャンネル

2021年4月2日(金)

それでは今日も続きを行ってみましょう!!

【消化器系】

水分の吸収が増加して便秘や痔になりやすくなります。

ホルモン作用によって消化器が弛緩したり、大きくなった子宮により胃や腸の消化管が圧迫されたりもします。食道も弛緩するので30%〜80%の方に食道逆流がみられます。


【泌尿器系】

頻尿や尿失禁にもなりやすくなります。

血液の循環量が増加することで当然腎臓の血流量も増加して尿量が増加することや、膀胱が子宮による圧迫にも影響を受けます。
また、骨盤底筋群の機能低下も起こります。


【内分泌系】

○ ヒト絨毛性ゴナドトロピン

妊娠4週目に尿中に出現するため妊娠判定に利用されています。
つわりの原因と言われており胎盤ができる15週頃に減少していきます。

○ プロゲステロン

妊娠を維持するホルモン。
体内に水分をためる働きがあるためむくみやすくなります。

○ エストロゲン

いわゆる女性ホルモン。
妊娠を維持し、妊娠後期になると子宮頚管を柔らかくします。

○ リラキシホルモン

子宮筋をゆるめ妊娠継続させる働きがあります。
出産に向けて靭帯や結合組織もゆるめて骨盤を広げやすくします。
12週で最大となるため妊娠初期〜中期の骨盤帯痛の原因となります。

※ 17週以降は50%を維持し、出産後3日で出産前に戻りますが授乳中は分泌され続けます。
※ 授乳中は過度のストレッチは避け、『 産後の骨盤矯正は早めがいい等を謳った整体などには気を付てください!!


今回はこの辺で終了とします。

また次回お会いしましょう!!
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの「接骨院/整骨院ブログ」では、福岡県福岡市博多区のきわみ鍼灸整骨院 博多院の最新情報をブログでご紹介します。

きわみ鍼灸整骨院 博多院の施術案内や日々の出来事などを中心に、通院を希望する方やそのご家族に向けた情報を発信。

また、きわみ鍼灸整骨院 博多院の施設情報も掲載致します。きわみ鍼灸整骨院 博多院への通院をご検討されている方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご活用下さい。

注目ワード