接骨院イメージ

コツコツ接骨院

愛知県春日井市

「コツコツ接骨院」の最新情報をご紹介します。

若い人でもなるスマホ老眼とは?/柔道チャンネル

2021年1月30日(土)



先日、ある番組で21歳の女性がスマホの使い過ぎによる

「スマホ老眼」と指摘されていました。


普通の老眼は、老化で毛様体筋(ピントを合わせる筋肉)や

水晶体(レンズ)が固くなって起きます。

若い人でも長時間、近い距離でスマホを見続けることで、

毛様体筋が硬くなり、ピント調整がきかなくなります。


これがスマホ老眼です絵文字:危険・警告





 【スマホ老眼ケア】

100円ショップにある+2.0の老眼鏡を用意します。
5分間かけてわざと、目をぼやけさせます。

2m以上遠くをぼーと見ます。
見えない状態を作ることで、目や脳がピント調節をやめます。

休憩状態になり、目を休ませることができます。

気分がわるくなったら、すぐにやめてくださいね。



【まとめ】

目にいいのは、緑を見るより遠くを見ること。

 遠くを見ると、また瞳孔が広がって、瞳がきれいに

見えるみたいですよ。



あと、暗いところで本を読んでも、目が疲れることは

 あっても、視力が悪くはならないそうです!「へぇ〜〜〜!」絵文字:目



【コツコツ接骨院】 愛知県春日井市六軒屋町5丁目158-2 ≪完全予約制≫ 0568-84-2951

脳梗塞・心筋梗塞の原因を消し去る?!/柔道チャンネル

2021年1月29日(金)


脳梗塞・心筋梗塞の原因を消し去る食材

それは納豆なんです


【ナットウキナーゼ】

納豆のネバネバは、ナットウキナーゼが含まれます。

ナットウキナーゼが、血管が詰まる原因の血栓を溶かしてくれます。

だから血栓を予防するには、納豆がいいんです絵文字:!!




【ナットウキナーゼの注意点絵文字:危険・警告

高温で菌が効力を失います(上限は約70度)。
アツアツご飯は約80度なのでダメです絵文字:ドン


納豆炒飯にすると、ナットウキナーゼは全滅してしまいます。

ご飯に乗せるなら、ご飯の温度は40〜48度で。


納豆のオススメの食べ方は、

・そのまま食べる。

・冷たいものと合わせる。(納豆そばなど)



【最大限引き出す方法】

納豆を器に開けて、20分放置。
納豆は常温で放置することで、 ナットウキナーゼが活性化します。
粘り・旨味も増します。



【納豆を食べるタイミング】

血栓は就寝中にできやすいです。
ナットウキナーゼは食後4時間で効果を発揮、8時間ほど持続します。
なので、朝よりも夜食べるのがオススメです絵文字:ひらめき

 


【コツコツ接骨院】 愛知県春日井市六軒屋町5丁目158-2 ≪完全予約制≫ 0568-84-2951

キムチの乳酸菌パワー/柔道チャンネル

2021年1月28日(木)

・乳酸菌の種類
キムチ:野菜などで育つ植物性乳酸菌
ヨーグルト:乳製品などで育つ動物性乳酸菌

植物性乳酸菌のほうが、胃酸に強いので、
生きて腸まで届きやすい。


・乳酸菌がより多いのはどんなキムチ?
キムチが酸っぱいのは、乳酸菌が酸味を増やすため。
乳酸菌が多いほど酸っぱくなります。

なので、辛いキムチよりも、すっぱいキムチがおすすめ。


・1日の適量は?
キムチの乳酸菌パワーを効果的に得られるのは、
1日50g。小皿1杯分程度。

一度に多く摂るよりも、毎日食べることが大事。


・おすすめの食べ方は?
キムチの弱点は熱。熱を加えると
乳酸菌パワーが減ってしまいます。

そのまま生で食べるのがおすすめ。

キムチに限らず乳酸菌のほとんどは
60℃以上に熱すると死んでしまいます。

鍋に入れる時は、最後に火を止めてから
入れるといいでしょう。

あなたはしっかり睡眠がとれていますか?/柔道チャンネル

2021年1月26日(火)

睡眠は仕事や生活の質を左右します。
最近はスマホやゲームの影響で
生活リズムを一定に保つことが難しくなりました。

ここで理想的な睡眠を紹介します。

1食事は2時間前に済ませる
消化が胃腸のへの負担を高め、質の良い睡眠を妨げる

2寝る1〜2時間前に入浴
寝る直前に入浴すると交感神経を刺激するほか深部体温が下がらないので眠れない

3寝る直前にパソコンやスマホは見ない
まぶしさが交感神経を高ぶらせる

4自分に合った睡眠時間で、毎日一定のリズムで眠る
7時間は眠ることが理想的

5朝、30分は太陽の光を浴びる
体内リズムは25時間周期。1時間のズレを太陽の光を浴びて調整し、毎日同じ時間に眠る

6寝だめをしない。
休日などに昼過ぎまで寝てしまうと
体内リズムが狂い寝つきが悪くなる原因に

睡眠障害は不安や焦り、睡眠習慣の乱れによって起きます。
毎日、規則正しい生活を送ることが大切です。

ジャガイモで寿命100?!/柔道チャンネル

2021年1月25日(月)




100gあたりのビタミンC含有量は、

レモン100r、みかん32r、じゃがいも28r絵文字:ピカピカ



ビタミンCは熱に弱い栄養素。

しかし、じゃがいものビタミンCは、加熱しても損なわれにくいです。

デンプンがビタミンCを守るためです。

ポテトチップスは短時間で揚げるので、

結構ビタミンCが残っているそうですよ絵文字:指でOK



 【料理によって、ビタミンCがとれる量が変わります】

じゃがいもを茹でると、ビタミンCが

茹で汁に溶けだしてしまいます。

茹で汁と一緒に食べる料理が、ビタミンCを多くとれます絵文字:ひらめき

料理のポイントは、大きめに切る事絵文字:!!

カレーを作るなら、大きいじゃがいもで




 【栄養を逃さないためには、皮ごと茹でる】
・じゃがいもの皮が、ビタミンCの流出を防ぐ。

・皮や皮の近くは、ビタミンや

食物繊維が豊富。

電子レンジは、加熱時間が短いので、

1番ビタミンCが残ります絵文字:ひらめき



 【じゃがいもで太るイメージは誤解】
100gあたりのエネルギーは、

じゃがいも81〜85㎉。白米は168㎉。

米の半分くらいのエネルギーで、

満腹感をえやすい食材なのですって絵文字:笑顔



【コツコツ接骨院】 愛知県春日井市六軒屋町5丁目158-2 ≪完全予約制≫ 0568-84-2951
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの「接骨院/整骨院ブログ」では、愛知県春日井市のコツコツ接骨院の最新情報をブログでご紹介します。

コツコツ接骨院の施術案内や日々の出来事などを中心に、通院を希望する方やそのご家族に向けた情報を発信。

また、コツコツ接骨院の施設情報も掲載致します。コツコツ接骨院への通院をご検討されている方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご活用下さい。

注目ワード