接骨院イメージ

北島坂口鍼灸整骨院・整体院

徳島県板野郡北島町

「北島坂口鍼灸整骨院・整体院」の最新情報をご紹介します。

寒さによる筋肉の緊張で頭痛が出ているかも!?/柔道チャンネル

2020年11月24日(火)

みなさん、こんにちは! 北島坂口鍼灸整骨院です!! 寒さが日ごとに増してきて、気温の低下による身体の不調を訴える方が増えてきました。 その中で、特に多くなってきているのが『頭痛』です。 頭痛の原因は様々ですが、気温の低下に伴って現れるものとして考えられるのは『筋緊張性頭痛』です。 寒さで筋肉は硬くなっていきますが、頸部の筋肉が緊張すると頭に向かう神経・血管を圧迫することで神経が興奮・血流量低下の酸素不足になり、頭痛を起こします。 患者様も、頸部の筋肉の緊張を緩めることで症状が改善することも多いです。 しかし、筋肉の緊張以外でも頭痛は起こります。 そうした場合、室内と室外の寒暖差により、自律神経の乱れによっておこる頭痛も考えられます。 当院では、自律神経系の症状に対して、鍼灸治療が得意としています。 このように、症状によって最適な治療を選択させて頂いていますので、頭痛でお困りの方は、早めにお気軽にご相談下さい! 当院は、新型コロナウイルス対策として・・ 1.患者様・スタッフの検温・手指の消毒 2.スタッフのマスク着用 3.施術後ベッドの消毒 4.ベッドの間隔を空けての施術 を徹底しておりますので、安心してご来院下さい!!

女性の方に多くみられる【寛骨臼形成不全症】とは?/柔道チャンネル

2020年11月24日(火)

みなさん、こんにちは! 北島坂口鍼灸整骨院です!! 女性の方で、はっきりとした怪我の理由もなく股関節に痛みがある場合、頭に入れておかないといけないのが『寛骨臼形成不全症』というものです。 股関節は、球関節というボール状と器状になっている関節です。 この関節の構造で、ボール状の受け皿となっている器が通常より小さくなっていて、関節として不安定な状態になっているのが寛骨臼形成不全症というものです。 アジア人、とりわけ日本人には多く、日本の股関節痛の患者様の約8割は、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)を有しているといわれます。 また、関節部が不安定のため、関節に負担の掛かる量も多くなるので、変形性股関節症の発症しやすい原因にもなります。 自覚的に気が付くことは稀で、ほとんどの方が、股関節痛を抱え、整形外科でレントゲンを撮って初めてその異常に気付き、驚かされることが多いようです。 小さい頃から姿勢や歩き方の注意を受けてきた方、内股傾向や床での座り方に特徴や癖がある方では、臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)の存在が強く疑われます。 放置しておくと変形性股関節症に移行しやすいので、関節の安定性を出すために股関節を動かしている筋肉の強化と姿勢の改善が必要です!! 当院では、姿勢に関与する筋肉を調整して、身体を正しい位置に戻し、身体を正しい位置にとどめておくのに必要なインナーマッスルの強化を並行しておこなうため、今後お身体に痛みの出ない身体作りを目指せます! 股関節の痛みはもちろん、他の症状でも痛みを感じている場合はお気軽にご相談下さい!! 当院は、新型コロナウイルス対策として・・ 1.患者様・スタッフの検温・手指の消毒 2.スタッフのマスク着用 3.施術後ベッドの消毒 4.ベッドの間隔を空けての施術 を徹底しておりますので、安心してご来院下さい!!

変形性の膝関節症にならないためには!/柔道チャンネル

2020年11月21日(土)

みなさん、こんにちは! 北島坂口鍼灸整骨院です!! 寒さが増してきており、関節痛が酷くなってくる時期となりました。 関節痛で最も多い症状が、膝の変形性膝関節症です。 膝は、常に荷重がかかる場所のため、一番変形しやすい関節です。 要因としては、姿勢不良による体重ののり方が悪い、スポーツによる過度な運動量などがあげられます。 関節面には関節軟骨という関節の動きをスムーズにしているものが骨を覆っています。 この軟骨部が、過度に関節部に負担がかかることで擦り減ってきます。軟骨部は神経・血管が通っていないため、擦り減っても痛みは感じません。 しかし、擦り減りすぎて軟骨の下にある骨に到達すると骨の表面には神経・血管があるので、痛みを出します。 このように、変形性関節症のやっかいなところは初期症状がないため、痛みを感じ始めた頃には変形が進んできている状態ということです。 また、一度擦り減った軟骨は保存療法では元には戻らない為、消耗させないことが大切です! 保存療法では、これ以上関節部の変形を進行させないようにすることはできます。 変形性関節症で歩くのが痛いなどの症状でお困りの方がいましたら、お気軽にご相談下さい!! 当院は、新型コロナウイルス対策として・・ 1.患者様・スタッフの検温・手指の消毒 2.スタッフのマスク着用 3.施術後ベッドの消毒 4.ベッドの間隔を空けての施術 を徹底しておりますので、安心してご来院下さい!!

身体を支えるインナーマッスルの重要性とは!?/柔道チャンネル

2020年11月19日(木)

みなさん、こんにちは! 北島坂口鍼灸整骨院です!! 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅でできる趣味をみなさん探し始めて、ストレッチや筋トレを始める人が増えてきているようです! 患者様も何人かはじめており、インナーマッスルを鍛えるトレーニングを聞かれることが多いです。 そこで、インナーマッスルがどういう筋肉で何をしてくれているのかご説明致します!! インナーマッスルは、身体の奥にある筋肉で【姿勢・骨盤を支えている筋肉】になります。 そのため、トレーニングで身体を動かすのはアウターマッスル中心の運動になり、インナーマッスルへの刺激は少量となっています。 このように、インナーマッスルはトレーニングでは鍛えずらい筋肉であることがわかります。 当院では、インナーマッスルを鍛える特殊な機器があり、効率的に刺激を入れて最短の期間で鍛えることができます。 インナーマッスルが鍛えられると、姿勢が原因の身体の痛み・スポーツパフォーマンスの向上・内臓機能の向上など様々な効果がありますので、お身体にお困りのことがございましたら、お気軽にご相談下さい!! 当院は、新型コロナウイルス対策として・・ 1.患者様・スタッフの検温・手指の消毒 2.スタッフのマスク着用 3.施術後ベッドの消毒 4.ベッドの間隔を空けての施術 を徹底しておりますので、安心してご来院下さい!!

お子さんの運動時の怪我が増えています!!/柔道チャンネル

2020年11月17日(火)

みなさん、こんにちは! 北島坂口鍼灸整骨院です!! 本格的に寒くなってきており、運動時に怪我をするお子さんが多くなってきています。 お子さんのお身体は、成長期の段階で筋肉より骨が先に成長していきます。このため、筋肉は骨の成長に追い付いていない為、常に緊張している状態です。 そんな中、スポーツで身体を動かすことで筋肉により負担をかけて痛みが出ることはもちろん、冬場は寒さで筋肉が硬くなりやすい状態なので、ウォーミングアップ不足により筋肉を傷めることが多いです。 運動前によく地面に座ってゆっくり筋肉を伸ばす静的ストレッチをしている人がいますが、静的ストレッチは筋肉が緩みすぎてしまうため、かえって運動時に筋肉に負荷が掛かってしまいます。 運動前におこなうといいのは、動的ストレッチといい、動きながら体を大きく動かし、体温を上げるのと関節の可動域を上げることを目的とします! お子さんのスポーツ外傷は、早期治療をしないと運動を休まないといけなくなってしまいます。 お子さんが少しでも身体に違和感や痛みを訴えている場合は、お早めにご相談下さい! 当院は、新型コロナウイルス対策として・・ 1.患者様・スタッフの検温・手指の消毒 2.スタッフのマスク着用 3.施術後ベッドの消毒 4.ベッドの間隔を空けての施術 を徹底しておりますので、安心してご来院下
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの「接骨院/整骨院ブログ」では、徳島県板野郡北島町の北島坂口鍼灸整骨院・整体院の最新情報をブログでご紹介します。

北島坂口鍼灸整骨院・整体院の施術案内や日々の出来事などを中心に、通院を希望する方やそのご家族に向けた情報を発信。

また、北島坂口鍼灸整骨院・整体院の施設情報も掲載致します。北島坂口鍼灸整骨院・整体院への通院をご検討されている方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご活用下さい。

注目ワード