接骨院イメージ
北島坂口鍼灸整骨院・整体院

徳島県板野郡北島町

「北島坂口鍼灸整骨院・整体院」の最新情報をご紹介します。

姿勢不良からくる脊柱管狭窄症!長時間歩けなくなってしまうかも!?/柔道チャンネル

2020年10月13日(火)

みなさん、こんにちは! 北島坂口鍼灸整骨院です!! 腰部の痛みや、臀部から足にかけての痺れといった症状で思い浮かべやすいのが、『腰椎ヘルニア』か『脊柱管狭窄症』の二つだと思います。 今回は、脊柱管狭窄症について説明いたします。 脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある神経の通り道である脊柱管という筒状の場所が、様々な要因によって通り道が狭くなってしまい、神経を圧迫することで、痛みや痺れを出現させるというものです。 脊柱管を狭める原因として・・・ @背骨の変形によるもの 背骨と背骨の間には椎間板というクッション材があります。 このクッション材は、加齢と共に水分が抜けていくことでクッションが薄くなっていき、背骨にかかる負担が大きくなり、変形してしまうことで、脊柱管を狭めてしまいます。 A腰椎変性すべり症 本来、背骨と背骨が積み木上に綺麗に乗っかっているのですが、このバランスが崩れて段差ができてしまい、脊柱管を狭めます。 B靱帯部の肥厚 脊柱管の筒状の内側には、靱帯が壁を作っています。 この靱帯も詳しく原因はわかっていませんが、加齢と共に靱帯部が肥厚してくることで、脊柱管を狭くします。 といったように、他にも原因は様々ありますが、これらの主な原因は姿勢不良により起こります。 脊柱管狭窄症の中で、一番日常生活で困るのが『間欠性跛行』と呼ばれるものです。 間欠性跛行とは、歩行動作は脊柱管が狭くなりやすく、神経を圧迫することで、痺れ・痛みが強くなり、継続して歩き続けられなくなる症状です。 そのため、数分に一回座って休憩してまた歩くの繰り返しになってしまいます。 当院では、歩行時の姿勢を改善することで、脊柱管が狭くなりづらいようにし、症状を出づらくしていきます。 骨の変形や、靱帯の肥厚がなくなるわけではありませんが、日常生活で脊柱管の通り道が狭くならない治療をしていき、症状を緩和することは可能ですので、お身体でお困りの方は、お気軽にご相談下さい!! 当院は、新型コロナウイルス対策として・・ 1.患者様・スタッフの検温・手指の消毒 2.スタッフのマスク着用 3.施術後ベッドの消毒 4.ベッドの間隔を空けての施術 を徹底しておりますので、安心してご来院下さい!!
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの「接骨院/整骨院ブログ」では、徳島県板野郡北島町の北島坂口鍼灸整骨院・整体院の最新情報をブログでご紹介します。

北島坂口鍼灸整骨院・整体院の施術案内や日々の出来事などを中心に、通院を希望する方やそのご家族に向けた情報を発信。

また、北島坂口鍼灸整骨院・整体院の施設情報も掲載致します。北島坂口鍼灸整骨院・整体院への通院をご検討されている方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご活用下さい。

注目ワード