接骨院イメージ
北島坂口鍼灸整骨院・整体院

徳島県板野郡北島町

「北島坂口鍼灸整骨院・整体院」の最新情報をご紹介します。

腰痛でよく聞く『ヘルニア』とは??/柔道チャンネル

2020年7月21日(火)

みなさん、こんにちは! 北島坂口鍼灸整骨院です!! 梅雨時期などの季節の変わり目は、ギックリ腰や慢性的な腰痛が徐々にひどくなりやすく、ご来院される方が急増しています! このような患者様が、『この症状はヘルニアですか?』『以前にレントゲンでヘルニアと診断されました』と言われる方がいます。 そこで、腰痛=ヘルニア??と思われている方に、ご説明したいと思います。 そもそも『ヘルニア』とは、『突出する』という意味です。 そのため、ヘルニアの前には、突出しているものの名前が入ります。 腰のヘルニアは『腰椎椎間板ヘルニア』といい、ヘルニアのの中で一番多いため、腰痛=ヘルニアと想像してしまう人が多いですが、腰以外の部位でも使われる言葉です。 腰椎椎間板ヘルニアは、腰の位置にある背骨と背骨の間にある椎間板というクッション材が圧迫されて飛び出す状態です。 クッション材が飛び出すだけでは、お身体に何も症状が出ないのですが、飛び出した側に神経の通り道があり、そこを圧迫してしまうと、痛み・痺れなどの症状を出してしまいます。 腰椎ヘルニアは、MRIで診断することができます! よく患者様で、レントゲンでヘルニアと診断されたという方がいますが、レントゲンには椎間板が写らないためレントゲンかどうか判断するのは不可能です。 しかし、腰椎ヘルニアの方は椎間部分が狭くなるので、背骨と背骨の間が狭くなっているところはヘルニアになっている可能性はあります。ただ、加齢と共に椎間板の水分は少なくなり、潰れてくるため、レントゲンではヘルニアと診断できないのです。 病院でヘルニアと診断された場合でも、違う部位に痛みが出ていることもあるので、再度症状を確認することも大切です。 当院では、お身体の動きによって、ある程度の症状の疑いがあるか判断することができます。 実際、ヘルニアと診断されたが、腰痛は別の原因で出ていたため、治療してすぐに症状改善される方も多いです。 腰痛がどこからきているかわからなく、悩まれている方も一度ご来院をおすすめします!! 当院は、新型コロナウイルス対策として・・・ @患者様・スタッフの手指消毒・検温 Aスタッフのマスク着用 B施術後のベット消毒 Cベット間隔を空けての施術 を徹底しておりますので、安心してご来院下さい!!
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの「接骨院/整骨院ブログ」では、徳島県板野郡北島町の北島坂口鍼灸整骨院・整体院の最新情報をブログでご紹介します。

北島坂口鍼灸整骨院・整体院の施術案内や日々の出来事などを中心に、通院を希望する方やそのご家族に向けた情報を発信。

また、北島坂口鍼灸整骨院・整体院の施設情報も掲載致します。北島坂口鍼灸整骨院・整体院への通院をご検討されている方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご活用下さい。

注目ワード