接骨院イメージ

阿南坂口鍼灸整骨院・整体院

徳島県阿南市

「阿南坂口鍼灸整骨院・整体院」の最新情報をご紹介します。

正座は良いのか・・・/柔道チャンネル

2019年7月19日(金)

皆さん、こんにちは! 徳島県阿南市領家町の阿南坂口鍼灸整骨院・整体院、院長の天野です。今回は正座についてお伝えしていきます。皆さん、家の床で座るとき正座などはしませんか?正座にはメリット・デメリットがあるのはご存知ですか?メリット:背筋が伸びることで食事がとりやすくなるなど作業を行いやすい。デメリットは膝への負担が増すこと。正座は太ももの前の筋肉が縮んだ状態が続くことで血流が悪くなります。なので循環障害で痺れが出るのです。膝にフォーカスをすると正座は良くないのです。筋肉が硬くなり動きが悪くなることで痛みが出やすくなります。 正しい座り方・立ち方など相談されたい方は当院へお尋ねください。 TEL:0884-24-9688

交通事故について・・・/柔道チャンネル

2019年7月19日(金)

皆さん、こんにちは! 徳島県阿南市領家町の阿南坂口鍼灸整骨院・整体院、院長の天野です。 今回は交通事故についてお伝えします。全国的にも交通事故での死亡事故など最近多くなっています。交通事故が多い時期があり5月・8月・1月・2月が多いと言われています。5月・8月は長期休暇で遠方へ行かれる為事故が多1月・2月は雪後の路面凍結などが理由です。今回交通事故に遭った時にどのような手続きが必要なのかお伝えします。まず交通事故に遭遇すると警察⇒自身の保険会社への連絡が必要です。保険会社へ連絡する理由として事故治療する際に間へ入って頂き相手の保険会社と連絡を取って頂くためです。 治療ですがまず、病院へ行きましょう!病院ではレントゲンを撮り骨に異常がないのか確認するためです。そのまま病院で治療することも良いのですが、あまり何もしてくれません。は捻挫・打撲・挫傷といった整骨院が専門分野となりますので整骨院での治療をオススメします! 当院は交通事故専門としても実施していますので事故でお困りの方が居ましたらご相談ください。 TEL:0884-24-9688

猫背矯正について/柔道チャンネル

2019年7月16日(火)

皆さん、こんにちは! 徳島県領家町にある阿南坂口鍼灸整骨院・整体院の天野です。 今回は猫背矯正についてお伝えします。まずなぜ猫背になるのかご説明します。骨盤についているインナーマッスル(骨を支える筋肉)が弱くなっており骨盤に歪みが生じ後ろ重視となります。その結果後方へ転倒しないように背中を丸めて猫背が生まれてしまいます。猫背になると頚から背中の筋肉が緊張し頭痛・眩暈・吐き気・耳鳴り・歯が浮いたりする症状が出てしまいます。また更にひどくなると骨の変形によりストレートネック・頚椎のヘルニアなどが出やすくなります。 当院は姿勢を根本的な解決と考えています。なので姿勢を写真で撮影し筋肉の緊張状態など原因を確認し矯正を行い治療を行っています。 病院でレントゲンを撮ったが原因不明など言われたことはないでしょうか?レントゲンには筋肉・靭帯など原因は映らないからです。 長年悩んでいるあなた!当院ではその悩みが解決できます。根本的な解決をされたい方は阿南坂口鍼灸整骨院・整体院までお問い合わせください。 TEL:0884-24-9688

脊柱管狭窄症でお悩みの方必見!!!/柔道チャンネル

2019年7月15日(月)

みなさん、こんにちは!阿南坂口鍼灸整骨院の内村です。今回は腰部脊柱菅狭窄症についてお話しします!腰部脊柱管狭窄症とは、神経の通り道である脊柱管が腰の部分で狭くなってしまう病気です。脊柱管が狭くなってしまうため神経を圧迫してしまい腰から下の神経に関係する症状が出てきます。具体的には、腰の痛み、殿部の痛み、お尻から足にかけての痛みやしびれ、歩行障害、膀胱直腸障害などといった症状です。歩行障害の中に間欠性跛行というものがあります。歩行中に足が痛くなって来て歩けなくなり、前傾姿勢でしばらく休憩すると痛みが回復してまた歩けるようになるという症状です。腰部脊柱管狭窄症になる原因はいくつかありますが、加齢によるの腰椎疾患の合併によって起こることが多いです。例えば、変形性腰椎症、腰椎椎間板ヘルニア、黄色靭帯肥厚、変性脊椎すべり症などがあります。実際に腰部脊柱管狭窄症でお悩みの患者様は多いです。当院では、腰部脊柱管狭窄症に対してハイボルト療法、またはMPF療法を実施しています。高電圧の刺激を筋肉や靭帯の深部に浸透させて痛みの軽減や治癒促進などに利用できます。当院ではレントゲン、MRIに映らなかった筋肉や神経の悪い部分を探せるという治療検査機器としてしようしております。 特徴は、身体の奥深くからゆるめ、神経の働きを促進させる。良い状態の骨格を記憶させる。痛い部分ではなく根本原因に対するアプローチ。「痛み」のある刺激ではなく、身体の奥に「効く」刺激を与える。一般的なマッサージでよくならない骨盤矯正を何度もしているがよくならないマッサージや整体で痛みがよくならない!薬や痛み止めに頼らずによくなりたい!といった方に受けていただきたい施術になります。まずは、自分自身の姿勢の状態を知ることが大事なので当院にお任せください!ご連絡お待ちしております!阿南坂口鍼灸整骨院 0884-24-9688

腱鞘炎っていったい何???/柔道チャンネル

2019年7月13日(土)

みなさん、こんにちは!阿南坂口鍼灸整骨院の内村です。今日は腱鞘炎について記載していきます。そもそも腱鞘とは、骨と筋肉を繋いでいる腱を包み、腱が滑らかに動くように支える滑車のような動きをする組織です。この腱鞘と腱がこすれ合って炎症を起こしてしまうのが腱鞘炎です。腱鞘炎になると、指の付け根などに痛みや腫れが起こります。近年スマートフォンの長時間利用など指の使いすぎにより「ドケルバン病」といった腱鞘炎や、指の曲げ伸ばしの際に引っかかる「ばね指」といった症状が増えています。手首に負担がかかりやすい子育て中の人や、スポーツやキーボード操作などで指をよく使う職業の人などもなりやすいと言われています。ドケルバン病は、親指の使いすぎによって起こり、手の甲に腫れや痛みが起こり、親指を曲げたり広げたりすると手首が痛みます。ばね指は、指の曲げ伸ばしをするための腱と、腱の浮き上がりを抑えるトンネル状の「靭帯性腱鞘」の間で炎症が起こって発症する腱鞘炎の症状で、手のひら側の親指や中指、薬指の付け根などが痛むことがあります。こういったお悩みをお持ちの方でまずすることは整形外科に行って診察をしてもらうと思います。しかし整形外科に行っても湿布と痛み止めや湿布をくれるだけ。いわゆる対処療法にしかすぎないんです。当院ではそのような悩みを根本的に治療をすることができます。上記に記載したようなお悩み、またはそれ以外でもお体のことでお悩みのことがございましたらお気軽に当院にお越しください!ご連絡お待ちしております!!! 阿南坂口鍼灸整骨院 0884-24-9688
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの「接骨院/整骨院ブログ」では、徳島県阿南市の阿南坂口鍼灸整骨院・整体院の最新情報をブログでご紹介します。

阿南坂口鍼灸整骨院・整体院の施術案内や日々の出来事などを中心に、通院を希望する方やそのご家族に向けた情報を発信。

また、阿南坂口鍼灸整骨院・整体院の施設情報も掲載致します。阿南坂口鍼灸整骨院・整体院への通院をご検討されている方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご活用下さい。

注目ワード