接骨院イメージ

小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

徳島県小松島市

「小松島坂口鍼灸整骨院・整体院」の最新情報をご紹介します。

「かかと」の痛みでお悩みの少年・少女へ!/柔道チャンネル

2020年6月17日(水)

皆さん、こんにちは! 小松島坂口鍼灸整骨院の須原です。 本日は、スポーツをしている少年・少女に発生しやすい「踵(かかと)」の痛みについてご紹介していきます。 踵の痛みを訴えることが多いのは、サッカーをしている男の子に多いといわれています。 この時に、注意していただきたいのが、 「セーバー病」という症状があるということです。 セーバー病は、 「骨端症」という総称名があり、その中の特に踵の痛みを訴えている症状をセーバー病といいます。 骨端症には、代表的なものに、 「オスグッド・シュラッター病」といわれる、膝の痛みを訴える症状もあります。 セーバー病などの骨端症は、使い過ぎによって起こってくるものです。 セーバー病では、踵の骨にアキレス腱が付いているため、そのアキレス腱が繰り返し収縮を起こすことによって、踵の骨の端が炎症を起こして痛みが出るものになります。 踵の痛みがセーバー病かどうかは、レントゲンを撮らないことには確定できないものになりますので、少しでも気になる方は、一度、整形外科を受診することをオススメします。 セーバー病ではなく、単純な踵の痛みですと、当院で行っている「ハイボルト療法」でしっかり痛みを取ることが出来ます。 セーバー病の場合も、ハイボルト療法で痛みを取ることはできますが、痛みが再発することが多いため、根本的な解決にはなりません。 セーバー病は、成長に伴って、踵の骨がしっかり出来てくると、痛みが出なくなりますので、保護者の方は、ご安心ください。 本日は、踵の痛みについてご紹介してきました。 最近は、部活動も始まって、久しぶりに体を動かすことが多くなり、疲労が溜まりやすい状況になっていますので、 少しでも違和感などを覚えた場合には、当院にお気軽にご相談ください!
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの「接骨院/整骨院ブログ」では、徳島県小松島市の小松島坂口鍼灸整骨院・整体院の最新情報をブログでご紹介します。

小松島坂口鍼灸整骨院・整体院の施術案内や日々の出来事などを中心に、通院を希望する方やそのご家族に向けた情報を発信。

また、小松島坂口鍼灸整骨院・整体院の施設情報も掲載致します。小松島坂口鍼灸整骨院・整体院への通院をご検討されている方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご活用下さい。

注目ワード