接骨院イメージ

小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

徳島県小松島市

「小松島坂口鍼灸整骨院・整体院」の最新情報をご紹介します。

膝のお皿の下が痛い人はジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)になっているかも?/柔道チャンネル

2020年6月8日(月)

皆さん、こんにちは! 小松島坂口鍼灸整骨院の須原です。 本日は、膝の下側が痛くなる症状「ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)」についてご紹介していきます。 ジャンパー膝になる原因は、簡単にいうと、「使い過ぎ」です。 ジャンプ動作を頻回に行う、バスケットボールやバレーボールなどのスポーツをしている方に多くみられます。 ジャンプ動作を繰り返すと、太ももから膝下までつながっている「大腿四頭筋」といわれる筋肉が伸び縮みを繰り返します。 膝蓋靭帯とは、大腿四頭筋が膝下に付くときに形成される靭帯になっています。 その靭帯が伸び縮みを繰り返し続けると、微細な断裂が起こったり、炎症症状が出てくるものがジャンパー膝になります。 症状としては、運動時の膝下の痛みや膝下を押したときの圧痛などが主になります。 屈伸のように、膝を深く曲げたときなどに痛みが出た経験はございませんか? そういった方は、ジャンパー膝の可能性があるので、是非一度、当院にご相談ください! 当院では、症状の重さによっても変わりますが、基本的に、「ハイボルト療法」という電気の機械を使って、炎症を抑えていく施術をしています。 ジャンパー膝は、場合によっては、3ヶ月以上症状が続いたり、靭帯や腱が断裂する場合もあります。 こうなると、手術適応になってしまうので、痛みが出たら、早め早めに痛みを取り除くことが必要になります。 本日は、ジャンパー膝についてご紹介してきました。 上記の症状に身に覚えがある方などは、お気軽に当院にご相談ください!
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの「接骨院/整骨院ブログ」では、徳島県小松島市の小松島坂口鍼灸整骨院・整体院の最新情報をブログでご紹介します。

小松島坂口鍼灸整骨院・整体院の施術案内や日々の出来事などを中心に、通院を希望する方やそのご家族に向けた情報を発信。

また、小松島坂口鍼灸整骨院・整体院の施設情報も掲載致します。小松島坂口鍼灸整骨院・整体院への通院をご検討されている方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご活用下さい。

注目ワード