接骨院イメージ
小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

徳島県小松島市

「小松島坂口鍼灸整骨院・整体院」の最新情報をご紹介します。

梨状筋症候群について/柔道チャンネル

2021年4月26日(月)

皆さん、こんにちは!小松島坂口整体院です!!
本日は、車の長距離運転やデスクワークなどによる長時間座った姿勢、激しいランニングや脚を使った運動でおこることがある「梨状筋症候群」についてご紹介させていただきます。
まず、梨状筋症候群とは座骨神経痛を発生させる要因として多い疾患の一つで、骨盤の仙骨から出ている座骨神経が、お尻にある梨状筋と呼ばれる筋肉によって締め付けられることで起こります。
正常であれば、梨状筋が柔軟なため座っていても筋肉が広がるだけで神経を圧迫することはほとんどないのですが、上で挙げた様な座っている姿勢が多いなどの日頃の生活習慣が積み重なると、梨状筋がほとんど使われなくなり、徐々に血流も悪化して硬く縮んだような状態になってしまいます。こうなると座った時に梨状筋が広がらず坐骨神経を圧迫するようになり、お尻から足先にかけての痛みや痺れ、酷くなってくると普通に立っているだけでもお尻から足先にかけて激痛や酷い痺れが出るようになったり、排便・排尿障害などにも発展してきます。
ならその梨状筋をマッサージなんかで緩めていけばいいんじゃないか、と考える方もいるのですが、いったん梨状筋症候群になるほど筋肉が硬くなっていると、股関節の可動域など動きを制限されるようになり、それをカバーするため他の筋肉にも負担がかかってその他の筋肉も緊張や硬結が生まれ動きが制限される…という悪循環が生まれ、それにより硬くなった筋肉他の筋肉によって姿勢のバランスが崩れて全体に歪みが出ている可能性が高いです。実際当院でも、座骨神経痛を訴えて来られる方のほとんどにお尻以外の筋肉の緊張や硬結、姿勢の歪みが診られます。なので、一時的に痛みだけ取るような対処的な治療ではなく、しっかり根本から治そうとする場合は梨状筋以外の他の部分の筋肉の緊張もしっかり緩め、反り腰や猫背などの姿勢の歪みを整えて正常な姿勢に戻していく必要があります。

・お尻や太ももの後面〜足先にかけて痛みがある。
・長距離の運転中や長時間のデスクワークなどで座っていると痛みや痺れがある。
・自分でお尻を押したりすると痛みがある。
・立った状態で靴下を履く事ができまい。

このようなお悩みがある方、ひょっとしたら梨状筋症候群になっているかもしれませんね。
当院では、姿勢・骨盤の歪みを整えて梨状筋症候群を根本から治す治療をさせて頂いております。
普段の生活で、お尻や太ももの後ろ側に痛み・痺れを感じている方、また、普段の姿勢に違和感を持っていたり、腰のあたりがだるいと感じる方、是非一度当院にご相談下さい!!


  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの「接骨院/整骨院ブログ」では、徳島県小松島市の小松島坂口鍼灸整骨院・整体院の最新情報をブログでご紹介します。

小松島坂口鍼灸整骨院・整体院の施術案内や日々の出来事などを中心に、通院を希望する方やそのご家族に向けた情報を発信。

また、小松島坂口鍼灸整骨院・整体院の施設情報も掲載致します。小松島坂口鍼灸整骨院・整体院への通院をご検討されている方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご活用下さい。

注目ワード