接骨院イメージ
小松島坂口鍼灸整骨院・整体院

徳島県小松島市

「小松島坂口鍼灸整骨院・整体院」の最新情報をご紹介します。

姿勢の状態と脊柱管狭窄症について/柔道チャンネル

2020年10月12日(月)

皆さんこんにちは!坂口鍼灸整骨院・小松島院です。 本日は脊柱管狭窄症と姿勢の関係についてお話しさせていただきます。 まず、脊柱管狭窄症とは、その名の通り脊柱管という脊椎にある神経を囲んでいる管が狭くなっている疾患です。 原因としては、 最近、こんな症状で悩んだことはありませんか? ・歩いていると腰、足にかけて痛み、痺れが出る。 ・両足のしびれや痛みに悩まされている。 ・足の感覚が鈍い。 ・歩きたいのに痛みで歩けない。 ・普段足が痺れているが座ると楽になる こういった方、もしかしたら脊柱管狭窄症になっている、もしくはなりかけているかもしれません。 この疾患には様々な原因がありますが、なかでも多いのが姿勢や骨盤の歪みです。 姿勢や骨盤に歪みが生じると、脊柱管を構成する椎骨や骨盤に付着している筋肉に必要以上の負荷がかかり、筋肉が固まって骨の位置が不自然にずれてしまい、結果、脊柱管が狭まってしまうことがあります。 当院ではこういった症状に対し、MPFという特別な手技を用いて姿勢や骨盤の位置を整えたり、特殊な電気を使ったトレーニング機器で身体の姿勢を支える要となっている筋肉・・・インナーマッスルを鍛える治療を行っております。 狭窄症の症状でお悩みの方、是非当院に相談してみてください!
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの「接骨院/整骨院ブログ」では、徳島県小松島市の小松島坂口鍼灸整骨院・整体院の最新情報をブログでご紹介します。

小松島坂口鍼灸整骨院・整体院の施術案内や日々の出来事などを中心に、通院を希望する方やそのご家族に向けた情報を発信。

また、小松島坂口鍼灸整骨院・整体院の施設情報も掲載致します。小松島坂口鍼灸整骨院・整体院への通院をご検討されている方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご活用下さい。

注目ワード