接骨院イメージ

法花坂口鍼灸整骨院・整体院

徳島県徳島市

「法花坂口鍼灸整骨院・整体院」の最新情報をご紹介します。

上腕二頭筋長頭腱炎について/柔道チャンネル

2019年12月24日(火)

みなさんこんにちは(^^)/徳島県にある整骨院の法花坂口鍼灸整骨院です。 本日は「上腕二頭筋長頭腱炎」ということでご紹介させて頂きます。 上腕二頭筋長頭腱炎とは、肩から肘にかけて着いている上腕二頭筋(力こぶの筋肉)に負荷がかかって腱と呼ばれる骨と骨を繋ぐ部分に炎症が起こってしまう状態です。上腕二頭筋の主な働きは、肘を曲げる動作や、肩周りを安定させる役割があります。腱の部分は肩の関節に着いており、腕の骨の溝を走っている筋肉です。病態としては主にスポーツでの障害が多いです。競技特性としては、球技全般(野球やソフトボール、ボウリング、陸上競技の砲丸投げ、円盤投げなど)が挙げられます。特に多いのが野球です。広義の「野球肩」にも分類されます。投球動作を細かく分けると、コックアップ時(頭の後ろにボールを持ってくる時)と加速期(ボールを投げる直前の動き)に肩の前に負担がかかりやすく、特に加速期が上腕二頭筋長頭腱に最もストレスがかかりやすい時期になります。 腱は骨の間を走っているので、そこで衝突が起こって痛みや動きの制限がかかってしまいます。スポーツで多い症状ですが、日常生活でも症状が発生することもあります。重たいものを持ったり、料理など包丁で硬いものを切っている時に力を入れすぎて痛みが出ることもあります。 お身体の調子が気になる方当院へお越しください。
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの「接骨院/整骨院ブログ」では、徳島県徳島市の法花坂口鍼灸整骨院・整体院の最新情報をブログでご紹介します。

法花坂口鍼灸整骨院・整体院の施術案内や日々の出来事などを中心に、通院を希望する方やそのご家族に向けた情報を発信。

また、法花坂口鍼灸整骨院・整体院の施設情報も掲載致します。法花坂口鍼灸整骨院・整体院への通院をご検討されている方は、ぜひ「接骨院/整骨院ブログ」をご活用下さい。

注目ワード