【柔整ナビ】柔道整復師専門学校ブログ|柔整スタディ

柔道整復師は国家資格のひとつで、取得後は接骨院や病院といった職場で働くことができる他、スポーツトレーナーとしても活躍できます。一方、整体師やあん摩マッサージ指圧師の仕事内容と誤解される場合もあるのが柔道修復師。そこで今回は、柔道整復師の役割や代表的な施術方法、よく似た資格との違いや資格取得後の就職先などについてご紹介しましょう。

日本全国の柔道整復師専門学校の情報をまとめた柔道チャンネルの「柔整ナビ」
二宮 柔と加納 吾郎
日本全国の柔道整復師専門学校の情報をまとめた柔道チャンネルの「柔整ナビ」
ブログコンテンツTOP
  • 文字サイズ

記事

2018年2月28日

国家資格「柔道整復師」の役割や魅力について

国家資格柔道整復師の役割や魅力について

柔道整復師国家資格のひとつ。

資格を持っていると、接骨院や病院、またスポーツトレーナーとしても活躍することができます。

脱臼などのケガを手術せずに施術することで、人々の健康を支えるのが主な仕事です。

整体師やあん摩マッサージ指圧師の仕事内容と誤解されることもあるため、柔道整復師を目指すなら正しい知識を持っておくことが大切。

そこで今回は、柔道整復師の役割や代表的な施術方法、よく似た資格との違いや資格取得後の就職先などについてご紹介します。

柔道整復師の役割と主な業務

柔道整復師の役割と主な業務

「ほねつぎ」「整骨師」などとも呼ばれる柔道整復師は、「非観血的療法」と呼ばれる方法で患部を固定したり整復したりすることで、ケガの回復を図る役目を担っています。

最新の医療器具を使うのではなく、人間が本来持っている治癒力を活かした施術を行なうのが、柔道整復師の主な役割です。

柔道整復師の主な業務

柔道整復師の仕事は医業類似行為のため、医師や看護師などのように最新設備を駆使して施術を行なうことはあまりありません。

もちろん全くないわけではありませんが、その業務のほとんどが患部を観察し、触れて施術を行なうものです。

実際に触れて見ることで正確にケガの具合を判断し、適切な施術を行なうのが柔道整復師に求められる業務と言えます。

患部以外の施術も行なう

「ケガの施術」と聞くと、損傷部分だけを施術するイメージを持つ人もいます。

ケガで損傷した部分だけでなく、それが原因で不調に見舞われてしまった部分などの施術も行なうのが柔道整復師。

また、見た目だけでケガが良くなっても、以前のように自由に患部が動かせないこともあります。

こうした被施術者に対し、できるだけ改善できるよう施術を行なうことも大切な役割です。

柔道整復師が行なう代表的な施術方法とは

柔道整復師が行なう代表的な施術方法とは

柔道整復師は主に3種類の方法を駆使して施術に当たります。それぞれどんな特徴や違いがあるのか見ていきましょう。

整復法

骨折脱臼の際に用いられる代表的な施術法のひとつ。手を使ってもとの状態に戻すことを目的として行なわれるものです。

まずは症状を聞き、患部を観察し、実際に触って状態を把握します。

その上で患部を圧迫したりけん引したりして、もとの状態に戻していくのが整復法。特に脱臼の場合はこれまでの施術経験が問われることが多く、腕の見せ所とも言える施術です。

固定法

固定法はその名の通り、ギブスや包帯などで患部を固定する施術法です。

骨折や脱臼などの場合、無理に動かすとさらに症状が悪化し、なかなか良くなりません。

そのため様々な方法で固定を行ない、早く回復するように施術を行ないます。

ケガの具合に合った固定法を行なうことが求められる方法です。

損傷した組織を回復させる施術法

この施術法には三つの方法があり、被施術者の状態を見て適切な施術を施します。

ひとつ目は、特定の機器を用いて行なう施術法。超音波機器を使った施術や温熱を利用した施術法などが主な例として挙げられます。

二つ目は、身体を動かすことで症状の軽減や機能の回復を図る施術法です。手で行なうものもあれば器具を使って行なうものもあります。

三つ目は患部を揉んだりさすったりして症状の改善を目指す施術法。筋肉や神経、血液などに様々な作用を与え、改善を図るものです。

柔道整復師ならではの魅力とは?

柔道整復師の魅力

他の医療にはない、様々な魅力がある柔道整復師。ここでは柔道整復師が持つ魅力の中から、特に知っておいてほしいものをふたつご紹介します。

手術をせずに施術できる

柔道整復師の魅力のひとつは、手術をすることなく、体への負担ができるだけ少ない施術によって被施術者を救うことができる点です。

手術の多くは、どんなに小さくても体にメスを入れなければならないことがほとんど。

できれば体に傷を残すことなく回復したいと思っている人が多いので、注目を集めています。

また、手術を行なうには手術を受ける人の体力が必要。

高齢者子どもの場合、十分な体力がなく手術が受けられないこともあるので、手術を行なわずに施術を行なうことができる柔道整復師の技術は、こうした人たちを救うことができる手段のひとつです。

被施術者との信頼関係を築きやすい

柔道整復師の施術は症状を聞き、触れて判断することがメイン。そのため被施術者との距離が近く、信頼関係が築きやすいことも魅力のひとつです。

被施術者との信頼関係構築は、スムーズな施術ができるだけでなく、独立開業の礎(いしずえ)にもなります。

もちろん独立開業のためには実力や経験を積む必要がありますが、顧客が付くかどうかも重要な要素のひとつ。

被施術者と近い距離で医業類似行為に携わりたい人はもちろん、将来的に独立開業を考えている人にとっても魅力的な点だと言えます。

柔道整復師とよく似ている資格・職種の比較

柔道整復師と似ている資格や職種の比較

柔道整復師と似ている職種として、民間資格である「整体師」が挙げられます。

また、「あん摩マッサージ指圧師」は、柔道整復師と同様に国家資格ですが、その施術方法はマッサージが中心です。

ここでは、より細かく柔道整復師と両者の違いについて確認してみましょう。

整体師とは

整体師はカイロプラクティックをはじめとした代替医療(医業類似行為)を行なうことができる業種。

柔道整復師や後述するあん摩マッサージ指圧師など、国家資格が必要な行為、かつ「人の体にただちに害を及ぼす虞(おそれ)のある医業類似行為」以外を行なうことができます。

柔道整復師は厚生労働省もしくは文部科学省が許可した柔道整復師専門学校もしくは大学での勉強が必要となりますが、整体師はこうした指定は特にありません。

開業することもできますが、保険が適用される施術(行為)を行なうことができないという大きな違いがあります。

あん摩マッサージ指圧師

柔道整復師は主に打撲や骨折、脱臼などの手術を行なわずに施術を行ないますが、あん摩マッサージ指圧師はマッサージ指圧などによって症状の改善を図ります。

そのため柔道整復師とは異なり、 肩こり腰の痛みなどの悩みを改善することが主な施術目的。

また、柔道整復師は限られた場合でしかマッサージができませんが、医師の指示がなくてもマッサージができるというのも、あん摩マッサージ指圧師の大きな特徴です。こうした点が柔道整復師とは大きく異なります。

柔道整復師になるために必要なことは?

柔道整復師になるために必要なこと

柔道整復師になるためには、国家試験の受験資格を得る必要があります。

国家資格を受験するためには、厚生労働省が指定する「柔道整復師養成施設」へ3年以上通学、または、文部科学省が指定する四年制大学で必要科目を履修することが条件です。

試験科目

試験は解剖学や衛生学・公衆衛生学、リハビリテーション医学など10以上の科目から出題。医学に関する様々な知識が問われることが分かります。

出題数と合格ライン

2017年(平成29年)に行なわれた「第25回柔道整復師国家試験」では、必修問題が30問、一般問題が200問の計230問が出題されました。

合格ラインはそれぞれで異なり、必修問題については24点(80%)以上、一般問題については120点(60%)以上でしたが、片方だけでなく両方の合格基準を満たす必要があるため、どちらも偏りなく勉強しておく必要があります。

合格率

「第25回柔道整復師国家試験」の合格率は63.5%。つまり指定の学校に入ったからといって、必ず合格できるわけではないということです。

その点を踏まえてしっかり学習に励むことが大切だといえます。

柔道整復師が活躍できる就職先は?

柔道整復師が活躍できる就職先

柔道整復師の勤務先は、接骨院整骨院の他、病院勤務介護施設など多岐にわたります。

実務経験によって培った知識と技術を用い、スポーツ分野でのトレーナーとして活躍する人もいるのです。

やりがいは勤務先や働き方によって様々。ここではそれぞれのやりがいについてご紹介しましょう。

接骨院や整骨院でのやりがい

他の医療機関に比べ、被施術者との距離が近いことが、接骨院や整骨院の大きな特徴です。

そのため被施術者と顔なじみになることも多く、直にお礼を言われる機会も少なくありません。

また「この先生じゃないとダメ」と指定を受けることもあり、被施術者に頼りにしてもらえる実感を得やすい職場だといえます。

病院(整形外科)でのやりがい

接骨院・整骨院と違い、手術投薬に対応しているため、様々な症例の人に出会える病院。

これから柔道整復師としてさらに知識を深めていきたい人にはおすすめの職場となっています。

また、柔道整復師以外の医療スタッフから刺激を受けることも多く、新たな視点で症例を考えられるきっかけが得られるのが長所。

柔道整復師として多くの経験を積みたい人は、病院がおすすめです。

スポーツトレーナーとしてのやりがい

アスリートにとってなくてはならない存在といえるのがスポーツトレーナーです。

フィットネスクラブなどで活躍できる他、経験を積むことで、プロアスリート専属のスポーツトレーナーになることも可能。

縁の下の力持ちとして彼らを支えられることは、大きなやりがいにつながります。

機能訓練指導員としてのやりがい

福祉施設で働くことの多い機能訓練指導員は、人材不足が叫ばれる介護分野で重宝される存在のひとつ。より確実に就職したい人にとってうれしい職業です。

「いつ・何人対応するか」というのが計画的に決められていることが多いため、落ち着いて被施術者と向き合うことができます。

ここからは具体的な勤務先事例として、東京及び大阪で人気の整骨院情報を紹介します。

【勤務先事例】東京都心及び関東エリアで人気の整骨院「こころ整骨院グループ

メディアでも施術技術の高さが注目されている「こころ整骨院グループ」。

東京都新宿区など都心をはじめ、関東エリアに整骨院を展開しています。良い施術家となれるよう、研修制度も充実している点が魅力です。

企業ビジョンと働く上での魅力

『良い施術家を育てたい』という思いからスタートした「こころ整骨院グループ」。

被施術者の痛みを理解し、解決を目指すだけでなく、スタッフにも技術や経験を積んでほしいと願っている整骨院です。

スタッフの仲の良さもグループの魅力のひとつで、アットホームな雰囲気で働くことができます。

【施設情報】

【勤務先事例】大阪で人気の整骨院「整骨院ヒーリングハンド

腰や肩などの痛みを根本的に施術できる技術を誇る「整骨院ヒーリングハンド」。

独自の施術「美療骨格矯正」を開発し、口コミなどでも話題となっている人気の整骨院です。

柔道整復師の募集は随時行なわれており、説明会インターンシップも実施されています。

企業ビジョンと働く上での魅力

社員が輝く会社を目指す「整骨院ヒーリングハンド」の魅力は、「人」

アットホームな雰囲気で、技術だけでなくスタッフの人生の質をも向上させたいというのが総院長の思いです。

アットホームなのはスタッフ間だけではありません。被施術者とも気軽にコミュニケーションが取れるよう、教育や指導を行なっていることも大きな魅力のひとつ。

被施術者とのコミュニケーション能力はどの職場でも問われます。技術以外で柔道整復師に必要な能力を磨けるのは、特に将来独立を考えている人にとって、大きな長所です。

【施設情報】

  • 施設名:整骨院ヒーリングハンド
  • 所在地:〒541-0056 大阪府大阪市中央区久太郎町3-5-26 谷口悦第二ビルB1
  • 電話番号:03-6434-1255

※この記事は、2017年12月時点の情報に基づいて作成されています。

※当サイトは原則「リンクフリー」と致しております。

近くの柔道整復師専門学校を検索する

北海道・東北エリア北陸・甲信越エリア関東エリア東海エリア関西エリア中国・四国エリア九州・沖縄エリア

ページの先頭へ戻る