【柔整ナビ】柔道整復師専門学校ブログ|柔整スタディ

手術をせずにケガの自然治癒力を高める専門家の柔道整復師は、専門学校などで受験資格を得て、国家試験に合格すれば取得することができる国家資格です。資格取得後は接骨院などの開業をはじめ、病院での勤務やスポーツトレーナー、機能訓練指導員など幅広い分野で活躍可能な柔道整復師。本記事では柔道整復師の資格について、その難易度や取得のためにどのように学んでいけば良いのかなどを詳しくご紹介していきます。

日本全国の柔道整復師専門学校の情報をまとめた柔道チャンネルの「柔整ナビ」
二宮 柔と加納 吾郎
日本全国の柔道整復師専門学校の情報をまとめた柔道チャンネルの「柔整ナビ」
ブログコンテンツTOP
  • 文字サイズ

記事

2019年10月3日

柔道整復師に必要な資格は?必要な勉強や難易度もチェック

柔道整復師に必要な資格は?必要な勉強や難易度もチェック

柔道整復師はケガの回復や健康維持のサポートを行なう専門家。接骨院や整骨院、医療施設、介護・福祉施設、スポーツジムなど様々な場で国内外問わず活躍できます。

柔道整復師は国家資格であり、国家試験に合格しなければ取得することはできません。試験を受けるためには、柔道整復師の養成コースがある専門学校や大学などで知識・技術を学ぶ必要があるのです。

今回の記事では、柔道整復師を目指せる学校や試験の難易度、取得にかかる期間など、柔道整復師を目指すにあたって知っておきたい情報をまとめていきます。

柔道整復師とは

柔道整復師とは

手術や投薬を行なわずに、手技で骨折やねん挫といった外傷に施術したり、自然治癒力を高めることで体調を整えたりして、多くの人々の生活を支える柔道整復師。接骨院や整骨院で柔道整復師が外傷性のケガに対する施術を行なった場合、保険を適用することができます。

現在では接骨院での業務に加え、介護施設や病院、さらにはスポーツジムやプロスポーツ専属トレーナーなど様々な分野で活躍を見せる柔道整復師について、詳しく見ていきましょう。

業務独占の国家資格

柔道整復師の資格は、業務独占資格であり、医師である場合を除いて柔道整復の業務を行なっていけないという決まりがあります。つまり、柔道整復師の資格なしに接骨院や整骨院で手技を用いた施術を行なうことはできないという訳です。

また、柔道整復師が打撲やねん挫に対して、また医師の同意を得た上で骨折や脱臼に対して施術を行なう場合、健康・労災保険を適用することができます。特に長期の施術が必要となる場合には、保険が使えない整体やカイロプラクティックではなく、保険が使える接骨院や整骨院へ通院する人は少なくありません。

業務独占かつ保険適用できるため、柔道整復師は様々な場面で活躍できる国家資格と言えるのです。

役割の需要は増している

柔道整復師の主な役割は、手術を行なうことなく、自身が持つ治癒力を利用して身体機能が衰えてしまったりした人々の機能を回復すること。柔道整復師は接骨院や整骨院のスタッフだけでなく、整形外科やリハビリテーションセンターでの機能訓練指導員、ジムやフィットネスクラブのトレーニング指導を行なうことができます。

さらに、柔道整復師としての実務経験を積み介護支援専門員証を取得することで、要介護者を支援するケアマネジャーなど、柔道整復師としての役割を果たすことができる場は広がり続けているのです。

柔道整復師でできること

柔道整復師の資格を取得すると、全国にある接骨院や整骨院で働くことができます。さらに、独立開業することも可能。自分の店舗を持ちたいと考えている人にぴったりの資格と言えます。

業務独占として独立された国家資格

柔道整復師の資格は、業務独占資格であるという点が特徴です。業務独占資格とは、資格を持っている人のみが独占して仕事を行なうことができる資格。柔道整復師以外には、医師や理学療法士、看護師などがあたります。

柔道整復師のみが施術を行なうことのできる手技を用い、外傷を原因としたケガの施術を行なうと労災保険や健康保険の適用、または医療費控除の対象とすることが可能です。

なお、柔道整復師と似ているように感じられる整体師は、民間の資格であるため保険を適用することができません。

全国の接骨院で働ける

全国にある接骨院や整骨院で働くことができる柔道整復師。接骨院や整骨院では、骨折や打撲、挫傷といった外傷に対して手術をせずに整復や固定などをし、自己治癒力を発揮させる「非観血的療法」という施術を行ないます。

これらの施術は専門の学校で3年以上学び、国家試験に合格した柔道整復師だからこそ行なえる施術なのです。あん摩や指圧師も国家資格ですが、行なえる施術内容は異なっています。

将来は開業することも可能

柔道整復師は、資格を取得したあとに職業倫理・適切な保険請求と施術所管理、安全な臨床についての研修を受講し、規定年数の実務経験を積むことによって施術管理者になることができます。

2018年(平成30年)3月までは柔道整復師の資格のみで施術管理者となることができましたが、同年4月から研修の受講実務経験が必須となったので注意が必要。

施術管理者となることで、柔道整復術を用いた施術を行なう自分の接骨院や整骨院を開業することができるのです。

柔道整復師を目指せる学校

柔道整復師を目指せる学校

柔道整復師になるためには、柔道整復師を目指せる学科のある文部科学大臣指定の4年制大学・3年制以上の短期大学、または厚生労働大臣指定の柔道整復師養成施設となっている専門学校に3年以上通う必要があります。

学校で生理学や解剖学などの基礎科目と柔道整復実技などの専門科目を学び履修したあと、柔道と整復の認定実技試験を通過することで柔道整復師の国家試験の受験資格を得ることができるのです。

ここでは柔道整復師を目指すことのできる学校について、学校の形態別に見ていきましょう。

大学・短期大学

柔道整復師になるための知識や技術を身に付けることができる学科を持つ、文部科学大臣指定の4年制大学または3年制以上の短期大学に進学することで、柔道整復師を目指すことができます。

学科はそのまま柔道整復師コースとなっている場合もありますが、健康科学科ライフケア学科など異なった名称の場合もあるので注意。

柔道整復師は福祉や医療に特化した大学の他、総合大学でも目指すことができます。大学によっては他学部との連携授業や海外研修・留学に参加できるなど、様々な学部や、プログラムが豊富にあるのは大学の特徴です。

専門学校

厚生労働大臣指定の柔道整復師養成施設となっている専門学校で3年以上学ぶことでも、柔道整復師になるための国家試験を受ける資格を得ることができます。学校の数が大学・短期大学に比べて多いため、北海道から沖縄県まで全国どこでも学べるという特徴を持つ専門学校。

医療・福祉・スポーツといったそれぞれの分野に特化した専門学校があるので、自分が将来どのような柔道整復師になりたいかによって進学先を決めると良いでしょう。

柔道整復師になるのは難しい

柔道整復師になるのは難しい?

柔道整復師になるためには、厚生労働大臣や文部科学大臣の指定を受けた専門学校か大学で3年以上必修科目を学んだ上で、年に1度実施される柔道整復師国家試験に合格しなければなりません。決して合格率が低い訳ではありませんが、近年は難易度が上がったとも言われる柔道整復師の試験。

これから柔道整復師を目指すにあたり、知っておきたい必修科目の内容や試験の難易度について詳しく見ていきます。

養成施設(または同等の機関)で3年修業

まず、厚生労働大臣が指定した柔道整復師養成施設となっている専門学校、または文部科学大臣指定の大学・短期大学で3年以上修業しなければ柔道整復師になることはできません。

学校では生理学・運動学・解剖学といった講義の必修科目と、臨床実習柔道整復実技などの実技・演習の必修科目を履修します。必修科目以外の選択科目は学校によって異なるので、事前の確認が必須です。

合格率は以前より減った(60%前後)

学校での修業期間が終わると、柔道整復師国家試験を受験しなければなりません。試験は年に1度3月に実施されており、2019年(平成31年)には北海道から沖縄県まで全国10ヵ所で行なわれました。

試験は筆記試験のみで、必修科目で履修した生理学・運動学・解剖学などの知識を問われます。

国家試験の合格率は数年前までは70%前後となっていましたが、2014年度(平成26年度)を境に合格率は低下。2017年度(平成29年度)には58.4%となっています。

教育改革されカリキュラムの引き締めが行なわれた

近年、柔道整復師養成学校の増加などから生じた環境の変化により、さらに質の高い柔道整復師を育成する必要性があるとし、2017年(平成29年)4月にカリキュラムの改正を実施。改正前には学校の必修単位数は85単位以上でしたが、改正後は99単位以上に引き上げとなりました。

カリキュラムの改正により、競技者や高齢者に対する外傷予防技術や職業倫理など、専門分野と専門基礎分野を合わせて12項目がカリキュラムに追加されています。

修業期間は?

修業期間は?

柔道整復師になるための国家試験を受けるには、知識や技術を学ぶ必要があります。学ぶ場は柔道整復師を目指すためのコースを備えた4年制の大学や、3年制以上の短期大学・専門学校。修業期間は3年以上となっていますが、通う学校によって修業期間は異なります。

また、国家試験に合格して晴れて柔道整復師になったあと、独立開業するためには実務経験などを積まなければなりません。このように、資格を取ればすぐに柔道整復師として独立開業できる訳ではないことを理解しておきましょう。

専門学校で3~4年

文部大臣の指定した学校または厚生大臣の指定した柔道整復師養成施設に通うことは、柔道整復師を目指すひとつの方法です。修業期間は3年以上となっており、3年でカリキュラムを終える学校もあれば4年かけてカリキュラムを進めていく学校もあります。

専門学校は大学や短期大学に比べ比較的学費が安価であり、全国に学校があり、地方の人でも学びやすい環境が整っていると言えるのです。

大学で3~4年

文部科学大臣が指定した4年制大学か3年制以上の短期大学で学ぶこともまた柔道整復師になるためのひとつの方法。医療や福祉を専門に扱う大学から総合大学まで様々な大学で柔道整復師に必要な知識や技術を学ぶことができます。

専門学校より比較的学費が高く学べる地域も限られますが、柔道整復師以外の分野を学ぶこともできるため、将来に向け視野を広げて学ぶことが可能です。

勤務年数・実績によって有資格の幅が異なる

学校を卒業したあと柔道整復師国家試験に合格しても、すぐに独立して接骨院や整骨院を開業できるかと言うと、そういう訳ではありません。2018年(平成30年)より、規定年数の実務経験研修を受講することが開業のために必須となったのです。

そのため、国家試験に合格後は接骨院や病院などに勤務して経験を積みつつ、開業に向けて準備をするという形になります。

柔道整復師を目指すのってどんな人?

柔道整復師を目指すのってどんな人?

柔道整復師を目指しているのは同じでも、その置かれている立場は様々。高校を卒業して進学先を柔道整復師の専門学校や大学にする人もいれば、他の大学を卒業してから、または一度社会人として働いてから柔道整復師を目指す人もいます。

また、看護師や理学療法士などの資格を持ち、現場で働きながら夜間学校に通うという人も少なくありません。

資格習得を目指す社会人

就職はしたものの、「仕事内容に満足がいかない」、「様々な分野で活かせる一生ものの資格が欲しい」など、社会人として悩みを抱えた人たちが、柔道整復師を目指すことがあります。

仕事を辞めて勉学に勤しむのではなく、夜間部を利用して働きながら学校に通う人も少なくありません。ですから、社会人だからという理由で学び直すことを諦める必要は全くないのです。

医療資格を複数所有している従業者

看護師や理学療法士、はり・きゅう師などの医療系資格を保有し現場で働きながら、柔道整復師の資格取得を目指す人もいます。

現場で働いている中で柔道整復師の知識や技術を得る必要性を感じて学校に通う人が多く、学校によっては医療系資格の有資格者である場合、学費のサポートなどを行なうといった制度もあるのです。

柔道整復師を習得するために

柔道整復師になりたいとき、まず考えなければならないのは国家試験を受けるための技術や知識を学ぶ場を選ぶこと。働きながら学びたいのか、学業に専念したいのかなど、状況によってその選び方は変わってきます。

仕事を続けながら通学したい場合は夜間部を選択して通学することが可能。自分のライフスタイルに合わせて柔道整復師の資格を習得することができるのです。

開校時間も様々で社会人の習得をサポートしている機関がある

働きながら柔道整復師の資格を取りたいと考える人のため、夜間部を設置している学校も多くあります。始業時間が遅めに設定されているので、仕事が終わったあとに通学することも可能。

学校によっては、夜間部の中に一から学ぶ人向けのコースに加え、看護師や理学療法士などの資格をすでに持っている有資格者向けのコースが設置されている場合もあるので、学校を選ぶ際には自分に合ったコースを確認しましょう。

活動が流動的でも近場で学べる

働きながら柔道整復師を目指す場合、仕事を終えてから学校に通うことになります。一見両立は難しそうに思えますが、夜間部に通う人のうち90%が20代以上という学校があるほど、独立やキャリアアップのため多くの社会人が柔道整復師の資格取得を目指しているのです。

学校によっては忙しい社会人であっても試験に合格できるよう、夜間部のための学習サポート制度を導入。働きながらでも学びやすい環境が整った学校を選ぶことが柔道整復師になるための大きな一歩と言えます。

※この情報は2019年5月の情報に基づいて作成されています。

※当サイトは原則「リンクフリー」と致しております。

近くの柔道整復師専門学校を検索する

北海道・東北エリア北陸・甲信越エリア関東エリア東海エリア関西エリア中国・四国エリア九州・沖縄エリア

ページの先頭へ戻る