【柔整ナビ】柔道整復師専門学校ブログ|柔整スタディ

日本国内で近年、職業として人気が高まっている資格のひとつに「柔道整復師」があります。柔道整復師とは、接骨院や整骨院などの施設において骨折や脱臼、打撲など痛みを緩和させるための施術を行なう国家資格保有者のことで、資格を取得するためには所定の学校で知識を学ぶことが必須条件です。ここでは、柔道整復師を目指している方のために、一体どんな学校に入れば良いのかをご紹介します。

日本全国の柔道整復師専門学校の情報をまとめた柔道チャンネルの「柔整ナビ」
二宮 柔と加納 吾郎
日本全国の柔道整復師専門学校の情報をまとめた柔道チャンネルの「柔整ナビ」
ブログコンテンツTOP
  • 文字サイズ

記事

2019年8月22日

柔道整復師になりたい!どんな学校に入ればいいの?

柔道整復師になりたい!どんな学校に入ればいいの?

町の接骨院や整骨院をはじめ、病院や診療所の整形外科に柔道整復師として勤務するためには、厚生労働大臣交付の国家資格試験に合格し、資格を取得する必要があります。

しかし、資格試験を受験するためには指定の専門学校や短期大学、4年制大学などの「柔道整復師養成施設」で所定の知識と実技を修得しなければなりません。

そこで今回は、東京都、愛知県、福岡県の3エリアで柔道整復師について学べる学校の特徴や基本情報、柔道整復師を取り巻く制度、卒業後に活躍できる場について簡単にご紹介します。

柔道整復師を学べる学校はないの?

柔道整復師になるためには、高校卒業後、所定の養成施設に進学し、解剖学や生理学をはじめ、運動学、病理学、衛生学などの基礎系科目の他、柔道整復理論、柔道整復実技、リハビリテーション学などの臨床系専門科目を履修した上で、柔道整復師の国家試験に合格し、資格を取得しなければなりません。

ここで言う所定の施設とは、厚生労働省及び文部科学省、または都道府県が管轄する指定の養成機関のことであり、専門学校、短期大学、4年制大学など形態も様々です。いずれにしても3年以上の修学は必須条件で、必ず学校に進学し柔道整復師について学ぶ必要があります。

柔道整復師の養成課程が設けられている学校は、専門学校と大学を合わせて全国に100校以上存在し、通学地域や目的に応じて選択することも可能です。なお、専門学校、大学ともに「柔道整復師を目指す」という観点においては学習内容に大きな違いはなく、どちらが有利でどちらが不利ということはありません。

しかし、一般的に専門学校の方が実習中心のカリキュラムで学べるため、就職や資格取得に目標を定めた学習ができると言われており、一方、4年制大学のメリットは専門学校よりも1年長く、より学術的かつ理論的に一般教養を学べる点にあります。

柔道整復師の公的な位置づけ

柔道整復師の公的な位置づけ

柔道整復師が取り扱う柔道整復術は、日本古来の武術である「柔術」における蘇生法、「活法(かっぽう)」を施術法として実施することです。

「ほねつぎ」や「接骨師」とも呼ばれており、日本では昔から活用されている施術法ではありますが、現在の「柔道整復師法」として制度改正されたのは1989年(平成元年)になってからで、それ以降、都道府県単位で実施されていた資格試験は、厚生省(当時)が執り行なう国家試験に変更となり、厚生労働大臣発行の免許に位置付けられました。

2001年(平成13年)には世界保健機関(WHO)に提出された報告書において「Judo Therapy」として世界に初めて紹介。

翌2002年(平成14年)には一般社団法人日本柔道整復接骨医学会が、内閣総理大臣所轄の特別独立機関である「日本学術会議(にほんがくじゅつかいぎ:日本の人文・社会科学、理学・工学、生命科学、の全分野、約87万人の科学者を内外に代表する機関)」において、第7部予防医学・身体機能回復の分野で正式に登録されたのです。

規制緩和で養成学校が増加

1998年(平成10年)の「柔道整復師養成施設不指定処分取消請求事件」において福岡地裁が下した判決で国が敗訴したことにより、柔道整復師養成施設指定規則を満たしていれば養成施設を新規に設置できるようになりました。それ以降、柔道整復師養成施設は増加傾向にあり、近年では100校以上の施設が運営されています。

改革により教育レベルの向上が!

養成施設数の大幅な増加や診療報酬に関する諸問題発生によって、2017年(平成29年)4月1日に「柔道整復師学校養成施設指定規則等改正」が施行されました。

この改正により、「総単位数の引き上げ」や「最低履修時間数の設定」、「臨床実習施設に関する要件の規定」、「専任教員に関する見直し」などの教育レベルの向上が行なわれています。

養成施設の3年以上の修業と国家試験への合格が必須

柔道整復師になるためには、厚生労働省及び文部科学省、または都道府県が指定、管轄する専門学校や短期大学、4年制大学の養成施設において3年以上の修学が必要です。養成施設では、基礎系科目と臨床系専門科目を履修した上で、年に一度実施される国家試験に合格し、資格を取得しなければなりません。

柔道整復師が活躍している所

柔道整復師が活躍している所

柔道整復師の国家資格を取得することで、地域を問わず、全国の接骨院や整骨院に勤務することが可能です。「整体師」の資格と混同されることがありますが、整体師はあくまで民間資格のひとつであり、柔道整復師の方が活躍の場は広がります。ここでは、柔道整復師が勤務する主な業務先を3つご紹介しましょう。

採用枠が多い接骨院や整骨院

柔道整復師が勤務する代表的な施設です。資格取得後の就職先として採用枠が最も多く、骨折や脱臼、捻挫、打撲などの急性外傷に対して施術を行ないます。

整形外科ではリハビリテーションを担当

整形外科は運動器系疾患に対する施術を取り扱う診療科です。

整形外科で働く柔道整復師は、医師や理学療法士の指示により、リハビリテーションや整復補助を行ないます。運動器の機能的改善が最大の目的のため、「脊椎外科」「肩関節外科」「スポーツ医学」「リウマチ外科」など幅広く専門的な知識が必要です。

スポーツジムなどのスポーツトレーナー

スポーツジムやスポーツチームの専属トレーナーとして、選手の怪我に対する施術や身体のケアを行ないます。柔道整復師と合わせて「アスレティックトレーナー」「健康運動実践指導士」などの資格を取得することで、活動する範囲を広げることも可能です。

柔道整復師を学べる全国の教育機関

柔道整復師を学べる全国の教育機関

柔道整復師について学べる教育機関は全国にあります。ここでは、東京都、愛知県、福岡県にある「柔道整復師養成施設」を3施設ずつ一覧でご紹介。各施設それぞれの特徴にも触れていきます。

東京都内の学校

学校法人 帝京科学大学

修業年数は4年。医師以外で唯一けがの処置ができる国家資格者として、被施術者の状態を的確に評価できる柔道整復師を目指します。

柔道整復の基礎や応用はもちろん、西洋医学の知識や、希望に応じてアスレティックトレーナー資格の取得も可能です。

【施設情報】

学校法人 花田学園 東京有明医療大学

修業年数は4年。柔道整復学を「理論」「実践」から学びながら、国際的に活躍できる柔道整復師を目指します。

また、附属の接骨院やクリニックで行なう実践的な実習も用意されており、被施術者の心理を理解できる、「思いやりのある医療従事者」としての心を養う大学です。

【施設情報】

学校法人 杏文学園 東京柔道整復専門学校

修業年数は3年。柔道整復コースは「午前部」と「夜間部」が設けられており、カリキュラムを通して質の高い知識と技術を修得することで「真の医療従事者」を育成します。

また、臨床実習では柔道整復師国家資格合格に向けた学習以外にも、「教科書には載っていない」現場で役立つ実技を身に付けることも可能です。

【施設情報】

愛知県(名古屋近郊)

学校法人 日本教育財団 名古屋医専

修業年数は3年。自然治癒力を最大限に高める「手技」で、施術からスポーツ分野に至るまで幅広く活躍できる人材を育成します。

また、就職や独立開業に有利な「ダブルライセンス制度」も設置されており、スポーツ柔整についても学ぶことが可能です。

その他、校内には臨床実習が導入された附属施術所が併設されており、実技実習に関連付けて行なうことで確かな技術を身に付けられます。

【施設情報】

学校法人 セムイ学園 東海医療科学専門学校

修業年数は3年。東海地区の専門学校では唯一の「NSCA(米国コロラド州に本部を置く、世界的に権威あるストレングス&コンディショニング団体)認定校」であり、アスリートを守るための柔道整復術を修得可能です。

クラス担任を中心にした「個別指導」で、それぞれの能力を引き出します。また、国家試験の高い合格率も特徴です。

【施設情報】

学校法人 滋慶コミュニケーションアート 名古屋医健スポーツ専門学校

修業年数は3年。担任、副担任制を導入しており、それぞれの学生に柔軟に対応できるサポート体制が整えられています。

また、複数の学科が合同で授業を行なうことで多角的に知識を得られる「多職種連携教育」などを学ぶことも可能です。

【施設情報】

福岡県

学校法人 都築学園 福岡天神医療リハビリ専門学校

修学年数は3年。「全国一、面倒見の良い学校」が教育方針のひとつに掲げられており、全教員によるきめ細かい生活指導及び学習指導を受けられます。

柔道整復学科では、国家試験対策や実技実習の他、近隣の医科大学で行なう「解剖実習見学」も用意されており、実際に自分の目と手で体験しながら人体について学ぶことが可能です。

【施設情報】

学校法人 福岡医療学院 福岡医療専門学校

修業年数は3年。全国トップクラスの国家試験合格率を誇っており、多様化するニーズに付加価値を加えられるように通常のカリキュラム以外にも多彩なセミナーが設けられています。

また、「文部科学大臣 職業実践専門課程(企業と連携し、最新の実務における知識、技術、技能を身に付けるため、実践的な職業教育に取り組む専門学校及び学科)」に認定されており、より実践的な知識と技術を修得可能です。

【施設情報】

学校法人国際学園 九州医療スポーツ専門学校

修業年数は3年。社会で活躍できる柔道整復師を育成することが目標にされており、スポーツ現場で活動する経験豊富な講師陣が授業を担当してくれます。

国家試験合格に必要な知識だけではなく、「人間力+現場力」を最大限に利用した実技を修得可能です。

【施設情報】

働きながら学ぶのは可能か

働きながら学ぶのは可能か

柔道整復師への転職を検討している社会人の方も多くいらっしゃいます。しかし、柔道整復師を目指すためには養成施設へ入学し知識を学ぶことは必須であるため、働きながら学習する時間を確保することは、なかなか簡単なことではありません。

そういった社会人の方のためにも「夜間部」が設けられて、卒業後の就活サポートに力を入れている専門学校も多く、国家試験対策はもちろん、それまでの経歴や経験を活かす方向での、キャリアチェンジのためのサポートを積極的に行なってくれる場合もあります。

通信課程制度が実装

2017年(平成29年)の「柔道整復師学校養成施設指定規則等改正」施行により、基礎分野14単位のうち7単位を超えない範囲であれば、放送大学などの通信教育を活用して学習できるように規定が追加されています。

しかし、それ以外の単位については指定の養成施設でカリキュラムを受講して知識を学ぶことが必要です。

夜間帯に開校している学校も

平日午後18時以降の夜間帯に授業が開始される「夜間部」が設置されている専門学校もあり、日中は仕事や家事などで忙しく働いている方でも無理なく通学を続けることのできる体制が整えられているのも珍しくありません。

実施されるカリキュラムに関しても、忙しい社会人の方のためにも、ポイントを絞った効率的な構成が取り入れられている場合が多く、それぞれのライフスタイルやペースに合わせた学び方ができることも魅力のひとつです。

また、社会人の再進学をサポートする教育訓練給付制度(雇用の安定と再就職の促進を目的とした働く社会人向けの、支払った費用の一部が支給される制度)の指定を受けていたり、学費減免制度や夜間部限定の有資格者コースが設けられていたりすることもあります。

学費は?

学費は?

養成施設(専門学校、短期大学、4年制大学)の形態によって費用は異なります。一般的に必要な諸経費とそれぞれの相場は次の通りです。

年間約100万円にその他の諸経費

首都圏や地方など所在地によっても違いはありますが、一般的に最初の入学年度で「約120~200万円」の学費が相場とされています。その他にも研修費や実習費、専門書購入、白衣などのユニフォーム代についても別途必要です。

専門学校で400万前後

専門学校の学費相場は入学金、授業料、初年度学費、授業料などを含め、3年間で「300~400万円」です。その他、設備費や実習費、教材費など「30万円程度」の諸経費もかかります。

大学で600万前後

4年制大学の学費相場は入学金、授業料、実験実習費、施設設備費、学生傷害保険料などを含め、4年間で「約600~750万円」です。その他、設備費や実習費、教材費なども含めると、専門学校よりも「100~200万円程度」余分に必要になる場合が多くあります。

短大で300万前後

学校法人沖永学園 帝京短期大学 ライフケア学科柔道整復専攻 柔道整復コース(昼間部)を例に挙げると、入学金、授業料、施設拡充費、実験実習費、学生傷害保険費、付帯賠償保険費、後援会入会金、後援会費、手続時納入金額などを含め、3年間で「約300万円」前後の学費がかかります。

夜間部についてもほぼ同額の学費が必要です。

※この記事は、2019年5月時点の情報に基づいて作成されています。

※当サイトは原則「リンクフリー」と致しております。

近くの柔道整復師専門学校を検索する

北海道・東北エリア北陸・甲信越エリア関東エリア東海エリア関西エリア中国・四国エリア九州・沖縄エリア

ページの先頭へ戻る