【柔整ナビ】柔道整復師専門学校ブログ|柔整スタディ

柔道整復師は柔道整復師専門学校などで専門知識を身に付け、骨や関節、靭帯などの怪我をした人に対してサポートをし、回復へと導く専門家です。整骨院をはじめ、スポーツトレーナーや介護施設、医療センターなど、多方面で活動の場を広げています。柔道整復師の数は増加傾向にありますが、なかなか知名度が上がらないのも現状。柔道整復師が抱えがちな悩みについてもう少し掘り下げて見ていきましょう。

日本全国の柔道整復師専門学校の情報をまとめた柔道チャンネルの「柔整ナビ」
二宮 柔と加納 吾郎
日本全国の柔道整復師専門学校の情報をまとめた柔道チャンネルの「柔整ナビ」
ブログコンテンツTOP
  • 文字サイズ

記事

2018年2月28日

柔道整復師がよく抱える悩みとは

柔整師と被施術者

少しずつ周知されつつある柔道整復師。しかし一般の人にとってはなかなか認識されにくい職業と言われています。特に整体師と勘違いされることが多く、それぞれ大きな違いがあるものの、どちらもマッサージをしてくれる人と思われがちです。

また柔道整復師になじみがないため、施術法に不安を感じる被施術者もおり、世間ではどう思われているのかなど、悩むこともあるようです。柔道整復師として働いている人が日々どんな悩みを抱えているのか、実態に迫ります。

本当に症状を改善できるのか?スキル面での不安

柔道整復師イメージ

手術や薬などを使用せず、自分の手で被施術者を施術する専門家こそが柔道整復師。とは言え専門知識を身に付け、被施術者に合った施術方法を実践することができるのかと、悩んでいる人も少なからずいます。

知識だけを頭に入れようとする人が多く見られますが、これは逆効果の可能性が高いです。知識を身に付けておくことは重要ですが、自分が経験したことのない症例の被施術者を担当することになった場合、臨機応変な対応ができなくなることもあり得ます。

施術に不安がある人は、苦手分野を克服するため日々研究勉強に励み、何事にも前向きに取り組みましょう。

専門的知識に加え、実技面を磨くことで自信につながります。あいまいな説明いい加減な施術をすることは、被施術者にとって不安材料のひとつになるはず。施術中に被施術者を不安な気持ちにさせてしまわないよう、柔道整復師として、治したいという気持ちを持つことが大切です。

柔道整復師整体師の違いを分かってもらいにくい

スポーツトレーナー

柔道整復師整体師、どちらもマッサージ施術のため混同しやすいですが、内容は異なります。それぞれ特徴を説明していきましょう。

まずは一般的な内容の説明ですが、柔道整復師は捻挫や打撲などの外傷を負った場合に施術を行ないます。一方整体師は、身体の歪みを矯正したり、リラクゼーション目的の施術を行なったりなどが中心。

また柔道整復師の施術は保険が適用されますが、整体師による施術は保険の適用はありません

柔道整復師と整体師とでは資格の種類も異なります。柔道整復師は国家資格、整体師は民間資格。一方、開業権は柔道整復師にも整体師にもあるため将来的に独立・開業が可能なことは共通です。どの職業に就くかによって、どの資格が必要になるかが変わってくるので、あらかじめ調べておきましょう。

柔道整復師の資格を取得することで、スポーツトレーナー、接骨院・病院などのスタッフ、ケアマネージャー機能訓練指導員として働くことができます。活動の場を広げるためにも資格取得は重要な通過点なのです。

似たような職業のため勘違いされやすいですが、施術内容や保険適用の有無などの違いを自分自身が把握しておくことで、被施術者にも理解してもらえます。

帰り時間が遅く、拘束時間が長くなることもある

疲れがたまった女性

柔道整復師としての働き方について見ていきましょう。整骨院などの施術院は営業終了時間が20~21時のところも多く、被施術者が帰宅した閉院後も、事務作業カルテ整理院内清掃などやることはたくさん。

受付時間が終了する直前に被施術者が来院した場合は、対応に時間を要するため業務が延長することもあります。施術院のほとんどは朝9時から開院しているため、営業終了後の業務が長引くことで拘束時間が長くなるのが現状です。

個々で違いはありますが一般的な診療時間として、9~12時15時~営業終了時間となっています。午前中の診療を終えたら3時間程の昼休み。この時間を利用して午後の準備以外に、勉強会などを実施する整骨院もあるため、必然的に休憩時間が短くなり実質11時間以上の勤務となるのです。

整骨院などで働く柔道整復師は女性の姿もありますが、体力的限界を理由に1~2年程度で辞めてしまう人もしばしば。男性社会と言われているのも頷けます。

同僚スタッフや先輩・後輩との人間関係の悩み

悩む女性

柔道整復師として整骨院で働く人たちに、職場での人間関係について聞いてみると様々な意見がありました。

初めての職場の場合は誰もが人間関係を気にするものです。院長や先輩後輩、同僚などうまくやっていけるのか不安はつきもの。整骨院は基本的にはチームワークで仕事をしていますが、あくまでも個人の腕が試されます。

自分の技を真似されたくないという思いが強いため、仲間同士で助け合うことが苦手な人も多い環境です。個人的に技を極めたい人にとっては向いているとは言えますが、他方では周囲で協力し合いながら風通しの良い環境づくりを目指している職場もあります。

人間関係のもつれでどうしても仕事に支障をきたす可能性がある場合は、辞めるという選択肢もありますが、人間関係はどこの職場に行っても直面する問題のひとつ。気に入らない人がいるからといって職場を転々とすることは自分自身にとっても良いことではありません。多少の人間関係のもつれはあるけれども、仕事にやりがいを感じている場合は耐えることも必要です。

中にはクレームが多く、難しい被施術者もいる

苦情を言うシニア

柔道整復師は被施術者とコミュニケーションを取ることも仕事。しかし話しかけてもなかなか心を開いてくれず、中には苦情がくることが多い人もいます。

コミュニケーションが取りづらいと、被施術者の要望にも応えることができません。満足のいく施術ができないと再び苦情に発展するなど悪循環です。マッサージの力加減による痛み痺れ接客態度など苦情があった際は、適切な対応を心掛けましょう。

誠心誠意対応することで被施術者の信頼を取り戻せる可能性もあります。苦情に対して反抗したり逃げたりすると、院内の評価も悪くなるので気を付けましょう。

柔道整復師が増加 競争激化による不安

鍼灸師

普段街を歩いていると、あらゆるところにマッサージ店整骨院の看板が見つかります。整骨院などで働く柔道整復師の人数は2012年(平成24年)の58,573人から年々増加し続け、それに伴い整骨院の拠点数も右肩上がりです。

開業率は約8割で、これは昔も今も変わりありません。ひとつの地域に整骨院が10~20あるのは珍しいことではありませんが、拠点となる場所はビジネス街都心部の立地条件が良いところが多く見られます。短時間で施術可能な店舗も増えるなど、マッサージや整体業界の競争が激しくなっているのも事実です。

また、柔道整復師向けの専門学校も増加傾向にあります。国家資格受験者は多いものの、柔道整復師の合格率は2002年(平成14年)頃までは80%だったのが年々下がり続け、2015年(平成27年)以降は60%台と低下。それでも年間5,000人前後が柔道整復師となって多方面で活躍しています。

しかし、国家資格を取得しているだけでは競争が激化した社会では勝ち抜くことが困難な時代です。柔道整復師として第一線で活躍しながらも、さらにキャリアアップをしたいと考えている人は、別の国家資格を取得するのがおすすめ。

例えば、柔道整復師と類似職種の国家資格として鍼灸師が挙げられます。生理学や解剖学は両方の資格に共通する科目ですが、一般的に柔道整復師の方が難易度は高いです。

捻挫や打撲などの症状を回復させる柔道整体師と、お灸や鍼を使用しながら、ツボによって身体の悪い箇所を施術していく鍼灸師。どちらも手技のみの施術が特徴と言われていますが、国家資格を要するため難易度の高い職業なのです。

ふたつ以上の国家資格取得が必要ということではありませんが、自分の可能性を信じてあらゆることに挑戦することは、将来的な独立・開業へのさらなる近道にもなるかもしれません。

関東で最大級 充実の研修制度を誇る共立総合整骨院グループの「武蔵境院」(東京)

共立総合整骨院グループ内で行なわれている研修制度は充実しています。新人研修では1人の教師が2人の新人を教育する「エルダー制度」を実施。少人数制を導入することで質問をしやすくするなど、恵まれた研修体制です。

また各院では月1回半年に1回の頻度でグループ全体の勉強会を開催し、さらには学会外部セミナーに参加することもでき、知識や技術の向上を図ります。

共立総合整骨院グループで関東最大級の研修制度を誇る医院として挙げられるのが東京都武蔵境市にある「武蔵境院」です。

平日は21時まで営業し、さらに年中無休でお客様に通ってもらいやすいのが魅力です。スタッフが多いため出張サービスも可能となっています。

マッサージや鍼灸、接骨の他、美容の施術も受けることができるので女性にも好評。武蔵境院は赤ちゃん連れの被施術者も受け入れ可能です。院内も広々としているため、泣き声なども気にせず安心して来院することができると評判になっています。

【施設情報】

  • 施設名:共立総合整骨院 武蔵境院
  • 所在地:〒180-0023 東京都武蔵野市境南2-12-2 武蔵野エイトマンション102
  • 電話番号:0422-30-5938

1976年(昭和51年)創業 あい・メディカル グループが手掛ける「あい整骨院 四ツ橋院」(大阪)

大阪市内を中心とした整骨院グループ「あい・メディカル グループ」。新人研修をはじめとする各種育成制度にも積極的に取り組んでいます。社訓である「One for all, All for one」を守り、チームワークも良好です。

「あい・メディカル グループ」では施術内容が充実しています。疲労感が取れない、歪みを改善したい場合にはマッサージ整体骨盤矯正。この症状は特に女性に多く、血液循環やリンパの流れを促進させてくれ、出産をした人にも効果的と言われている程です。

鍼施術もあり、これを行なうことで抵抗力や身体全体の自然治癒能力が高まります。その他にも様々な施術を利用することが可能。身体の痛み等による不安から解消させ、被施術者が笑顔になるような対応を心掛けることを目的に、施術メニューの充実を図っています。

ここで、あい・メディカル グループである、大阪・西区「あい整骨院 四ツ橋院」を紹介しましょう。「あい整骨院四ツ橋院」は地下鉄四つ橋線「四ツ橋」駅より徒歩1分。駅から近く、建物のピンクカラーが目印です。捻挫、打撲、交通事故などの外傷から、骨盤・背骨の矯正まで幅広く対応しています。

【施設情報】

  • 施設名:あい整骨院 四ツ橋院
  • 所在地:〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1-6-8 テクノーブル四ツ橋ビル1F
  • 電話番号:06-6535-9890

※この記事は、2017年12月時点の情報に基づいて作成されています。

※当サイトは原則「リンクフリー」と致しております。

近くの柔道整復師専門学校を検索する

北海道・東北エリア北陸・甲信越エリア関東エリア東海エリア関西エリア中国・四国エリア九州・沖縄エリア

ページの先頭へ戻る