【柔整ナビ】柔道整復師専門学校ブログ|柔整スタディ

この10年の間に約2倍にも人数が増加した柔道整復師。それに伴い、活躍の場は従来のように接骨院・整骨院だけでなく、病院の整形外科や大学の研究室、介護福祉施設やスポーツ関連施設など、どんどん拡大中です。このように変化を遂げつつある柔道整復師の求人事情や採用の傾向について、柔道整復師が増加した理由と共にご紹介します。

日本全国の柔道整復師専門学校の情報をまとめた柔道チャンネルの「柔整ナビ」
二宮 柔と加納 吾郎
日本全国の柔道整復師専門学校の情報をまとめた柔道チャンネルの「柔整ナビ」
ブログコンテンツTOP
  • 文字サイズ

記事

2018年11月1日

柔道整復師の現状と求人事情及び採用傾向まとめ

柔道整復師の試験内容・難易度を徹底解説

近年増加傾向にある柔道整復師。なぜ現在柔道整復師は増加しているのでしょうか。その理由を紐解くと共に、柔道整復師の新たな活躍の場となっている介護福祉施設やスポーツ関連施設での柔道整復師の果たす役割について解説します。

また、求人情報の探し方や就職活動の仕方・開始すべき時期や就職先としておすすめの施設例など、柔道整復師を目指すなら知っておきたい情報が盛りだくさんです。まずは柔道整復師の活躍の現状から見ていきましょう。

現状分析1:柔道整復師の人数が10年間で約2倍

現状分析1:柔道整復師の人数が10年間で約2倍に

厚生労働省の発表によれば、2016年(平成28年)末時点における柔道整復師の人数は、全国で68,120人です。これに対し、2006年(平成18年)末時点には38,693人。つまり、10年程の間に約2倍となり、柔道整復師の人数は増加の一途をたどっています。このような急激な人数の増加は、柔道整復師の養成学校が増えたことが原因です。

1998年(平成10年)にはたった14校しかなく、卒業生も約1,000人でした。それが現在は109校になり、卒業生もどんどん増えていきました。なぜこんなにも柔道整復師の養成学校が増えたかですが、1998年(平成10年)、柔道整復師養成施設を開校しようとしたのに、当時の厚生省から許可されなかったために行なわれた裁判の結果が関係しています。

この裁判で開校しようとしていた側が勝訴したため、この裁判を機に厚生労働省は一定の要件さえ満たせば開校を許可する方針に転換しました。こうして、柔道整復師養成施設の開校が規制緩和された、ということが養成学校増加の理由となったのです。

次に、柔道整復の施術所数を見てみましょう。2016年(平成28年)末時点における柔道整復の施術所数は48,024ヵ所。全国のコンビニが約50,000店舗と言われているので、コンビニと同じくらいの数の接骨院・整骨院があるということになります。

しかし、柔道整復師のすべてが接骨院や整骨院に勤務したり、自分で接骨院・整骨院を開業したりするわけではありません。例えば病院や診療所に勤務するケース。また、柔道整復師養成学校の教員になったり、大学で研究員になったり、スポーツチームのトレーナーとして勤務したりすることもあります。特に近年増加しているのは介護福祉施設での勤務です。

現状分析2:都道府県別に見る柔道整復師の就業人口

現状分析2:都道府県別に見る柔道整復師の就業人口

次は、都道府県別の柔道整復師の就業人数を見てみましょう。2016年(平成28年)末時点では、全国で最も多いのは東京都の10,605人。これは全体の約15.6%を占め、柔道整復師の6~7人に1人は東京で就業していることになります。

全国第2位は大阪府の8,994人で、全体の約13.2%。全国第3位は、神奈川県の3,900人(全体の約5.7%)です。その他、同程度の3,000人規模の都道府県としては、埼玉県や千葉県、兵庫県、福岡県、愛知県などが挙げられます。

しかし、人口10万人当たりの柔道整復師の率を都道府県別に見てみると、2014年(平成26年)時点での全国トップは大阪府の99.4人。次いで、京都府の75.1人、東京都の75人となっています。

興味深いのは、富山県が72.1人と、東京都に次いで人口比で見た場合の柔道整復師が多くなっていること。周辺の新潟県・石川県・福井県などは26.5~46.9人程度なので、北陸地方では突出した多さです。また、和歌山県も71.6人と多めになります。近畿地方は人口当たりの柔道整復師が多い傾向になっていました。

柔道整復師の求人事情と採用傾向

柔道整復師の求人事情と採用傾向

柔道整復師の求人は、接骨院や整骨院、病院の整形外科だけでなく、介護福祉施設やスポーツ関連施設などにも拡大しつつあります。 まず、柔道整復師の就職先として一番オーソドックスとも言えるのが接骨院・整骨院。ここでは骨折や捻挫、打撲といった、保険が適用される外傷の施術が主になっています。しかし、柔道整復師や整骨院の増加を受け、最近では自由診療を取り入れたり、エステサロンのような美容や癒やしのメニューを導入したりなど、他の整骨院との差別化を図るところが増加中です。

次に病院の整形外科ですが、ここは就職先としての人気は抜群。これは、医師の指示のもとに仕事ができたり、看護士や理学療法士など他の医療分野のスタッフと共に施術に当たることでより広い視野を持てたりするためです。また、幅広い症例を診ることができるのも魅力。開業を考えている人にとっては、接骨院とはまた異なるスキルの向上が図れます。

高齢化に伴い需要が増えているのが、特別養護老人ホームやデイサービスなどの介護福祉施設です。これらの施設で配置が義務づけられている「機能訓練指導員」として、筋力低下を防ぐための歩行訓練やリハビリ、マッサージなどを行ないます。デイサービスの場合は、仕事内容として利用者の送迎が含まれるため、求人への応募条件として運転免許があることが求められることが多いので、運転免許がない人は応募時によく確認しましょう。

また、スポーツ選手やスポーツチーム、企業などと契約してスポーツトレーナーとして働く、という選択肢もあります。しかし、スポーツトレーナーとして働く場合、スポーツ選手個人との専属契約だけでは生活ができないことがあるのも事実。そのため、整骨院に勤務しつつ、その整骨院とスポーツチームとの契約によりスポーツトレーナーとして働くことで収入の安定を図る人もいます。この場合は、特定の選手だけを診ることはできないものの、そのスポーツチームの色々な選手を診ることができるのが長所です。

雇用形態についてですが、どの就職先であってもまちまちで、正社員の場合もあれば、契約社員、アルバイトとして勤務する場合もあります。また、待遇面も職場によってかなりの差。社会保険完備・研修制度ありなど福利厚生が充実している整骨院もあれば、そうではないところがあるのも現状として否めません。しかし、開業を視野に入れている人は、多少厳しい待遇面であっても、修行として捉えて経験や実績を積むことを優先している場合もあります。

柔道整復師の求人傾向から見る将来性

柔道整復師の求人傾向から見る将来性

近年特に柔道整復師の需要が高まっているのが、介護施設です。介護施設では人出が不足しており、「機能訓練指導員」もやはり人出不足。そのため、柔道整復師の募集を積極的に行なっている介護施設の求人が増えています。しかも、接骨院や整骨院よりも介護施設の方が待遇で良いケースもあるため、整骨院から介護施設に転職する人も増加中です。

また、健康ブーム・ダイエットブームにより増加傾向にあるフィットネスジムやスポーツ関連施設も、柔道整復師の新たな活躍の場になっています。ジムなどの施設でスポーツトレーナーとして、トレーニングの指導やコンディショニングの観点から専門的なアドバイスをすることが求められているのです。

人数が急増したことで、業界内の競争が激化したと言われる柔道整復師。しかし、高齢化に伴い「機能訓練指導員」として、また健康ブームに伴い「スポーツトレーナー」として、新たな需要が生まれています。柔道整復師の求人を探す場合は、接骨院や整骨院、病院の整形外科だけでなく、介護施設やスポーツ関連施設の求人も覗いてみましょう。

就職先を見つける方法【新卒編】

就職先を見つける方法【新卒編】

専門学校や大学を卒業後すぐに就職する場合、在学中に学校の就職指導を受けながら、就職先を決めていくケースが一般的です。学校によっては、特定の整骨院や病院の整形外科などから、求人情報が送られてきます。

なかにはインターンシップを実施している整骨院もありますので、職場の雰囲気などを確認してみましょう。具体的な施設例については、【明るい職場と技術が自慢の整骨院「調布ふだてん整骨院」(東京)】【インターン生を募集中の整骨院「誠英鍼灸整骨院」(名古屋)】で紹介しています。

就職活動を始める時期ですが、おすすめなのは夏休み明けの9月。年内に内定をもらうことで3月の国家試験に集中できるからです。年末から国家試験まではとても就職活動をできるような状態ではありません。かといって国家試験後に就職活動をしたとしても、期間が1ヵ月もない上、人気の就職先はすでに募集が終わっている場合もあります。希望の就職先に就職し、国家試験にも集中するためには9月から就職活動を始めるようにしましょう。

就職先及び転職先を見つける方法【既卒編】

就職先を見つける方法【既卒編】

専門学校や大学を卒業してから就職活動を始めることになった場合には、インターネットなどから入手できる求人情報を参考としながら、就職活動を進めることになります。柔道整復師など専門職に特化した就職・転職サポートを行なっているメディアもありますので、積極的に活用してみましょう。

既卒であっても、既卒者向けの求人や「既卒者歓迎」とする求人もたくさんあります。また、介護施設やスポーツ関連施設などでの需要も高まっていますので、もし整骨院での求人で希望に合うものが見つからない場合は、こういった新しい活躍の場へ目を向けるのもおすすめです。

明るい職場と技術が自慢の整骨院「調布ふだてん整骨院」(東京)

東京都調布市にある「調布ふだてん整骨院」。職場の明るい雰囲気が魅力です。無料の施術付き見学会を随時開催するなど、職場の雰囲気と技術に自信があることが求人情報から伝わってきます。

キャリアアップ制度があり、自分の努力次第で上を目指せる、というのも魅力。技術習得のためのマニュアルがある他、被施術者への対応の仕方や集客の方法まで学べるので、開業を視野に入れている人にもおすすめの職場です。

【施設情報】

  • 施設名:調布ふだてん整骨院
  • 所在地:〒182-0024 東京都調布市布田1-3-1
  • 電話番号:042-444-6767

インターン生を募集中の整骨院 「誠英鍼灸整骨院」(名古屋)

愛知県名古屋市にある「誠英鍼灸整骨院」。最寄駅である地下鉄東山線「上社駅」からすぐの好立地です。インターン生及びアルバイトを募集中で、柔整専門学校の学生は優遇されます。外傷に対する施術を施すだけでなく、カイロプラクティックや美容鍼など美容や健康に関するメニューも用意しているのが特徴。

院長は柔道整復師であるだけでなく、カイロプラクターとしても実績があるため、カイロプラクティックについても学ぶことができます。これからの接骨院・整骨院は保険診療だけでなく自費診療も取り入れることで、他の院との差別化を図る必要があると言われているので、将来開業を考えている人にとっては大きな長所です。また、開業に向けての資金調達や集客の方法、被施術者との信頼関係の築き方、スタッフの育て方なども教えてもらえます。

【施設情報】

  • 施設名:誠英鍼灸整骨院
  • 所在地:〒465-0025 愛知県名古屋市名東区上社3-711
  • 電話番号:052-701-3110

※この記事は、2017年12月時点の情報に基づいて作成されています。

※当サイトは原則「リンクフリー」と致しております。

近くの柔道整復師専門学校を検索する

北海道・東北エリア北陸・甲信越エリア関東エリア東海エリア関西エリア中国・四国エリア九州・沖縄エリア

ページの先頭へ戻る