• HOME
  • 柔道整復師
  • 柔整専門学校インタビュー 了徳寺健二さん(了徳寺学園理事長)

柔整専門学校インタビュー

了徳寺健二さん(了徳寺学園理事長)

千葉県柔道連盟の会長でもあり学校法人了徳寺学園の理事長でもある了徳寺健二さんに、了徳寺学園医療専門学校を設立したきっかけ、これから柔道整復師を目指す方へのアドバイスを語って頂きました。

弱小チームからの始まり

弱小チームからの始まり

私は柔道の選手としては三流なんですが(笑)、川崎製鉄に入社して柔道部の監督兼、60kg級の選手でした。今で言うプレイングマネージャーですね。

私が監督として就任した頃は千葉市の市民大会でも勝てない程の弱小柔道チームでした。

そんなチームの監督をやってくれと私に打診があり、全国に誇れる強いチームを作りたいと思っていた私は、弱いチームは嫌だと一旦は断ったのでした。しかし、粘り強い先輩達の要請に、渋々引き受けることになったのです。そこから私の苦労が始まりました。

人材発掘のための全国行脚

人材発掘のための全国行脚

当時、川崎製鉄は一大企業で、千葉製鉄所だけでも、関連会社を含めると3万人もの社員がおりました。

私達の時代は柔道をやっている人達が多かったので、各職場を回って柔道選手の発掘をしました。みんなで賑やかに柔道の練習ができる環境を作らないと選手は育たないと思っていたので、OB会等も作ったりしましたね。

その甲斐があったのか、私が監督に就任する前は僅か10人程しかいなかった部員が、50人以上も集まったのです。

さらに部員をスカウトして強い柔道部を目指そうとしたのですが、当時、川崎製鉄は生産が優先され、柔道部の活動にあまり理解を得られませんでした。

しかしながら、「柔道の選手は非常に粘り強いし、どんな困難にも乗り越える体力と精神力を兼ね備えている。柔道に携わっている者を採用することは、将来企業の発展に繋がる」と会社を説得し、全国の人材をスカウトして回るという特権を頂けたのでした。

柔道部も会社も発展する人材

柔道部も会社も発展する人材

当時、国体に出場するような各県の高校代表選手を集めていたため、チームの戦力は上がっていきました。

次に目を付けたのが、俗に言う七帝大(東京大学、京都大学、名古屋大学、大阪大学、東北大学、北海道大学、九州大学)の学生達です。

七帝大の柔道は寝技に強く、各大学の柔道部キャプテンを引き抜くとさらにチーム力がつきます。

そして、もうひとつの利点として、彼らは頭脳も優秀ですので、企業の発展や将来の柔道部の運営に重要だと考えていました。

思った通り、彼らは現在、川崎製鉄の中でも重要なポストで働いています。私の読みは正しかったのです(笑)。

夢を追いかけ会社を退職

夢を追いかけ会社を退職

私の夢は、オリンピックや国際大会で活躍する選手を育てることでした。

その様な選手が活躍すると企業イメージ向上にも繋がるので、まずは環境を整えようと、専門部申請を会社に提出しました。

専門部というのは、大学卒有望選手等のスカウト枠が与えられる他、柔道の練習に打ち込む環境が整うことになります。

オリンピックや国際大会を目指すには、この様な環境が必要だと思っていました。

また、専門部として活動すれば、先述したように、強豪選手を大学からスカウトすることができるのです。

再三の申請にもかかわらず、当時の川崎製鉄では、なかなか理解を得ることができませんでした。

夢が叶えられないのであれば、ならば自分がオリンピック選手を育てる環境を作ると決心し、会社を退職することになったのです。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード