世界柔道2019(世界柔道選手権2019東京大会)

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

優勝選手インタビュー

男子66kg級 丸山 城志郎

丸山 城志郎

男子66kg級の丸山城志郎が、日本武道館(東京都)で行なわれた世界柔道選手権大会に初出場。準決勝で世界柔道選手権大会3連覇目指した阿部一二三を延長の末、浮技(技あり)で下し日本人対決を制して決勝に進出。決勝ではキム・インファン(韓国)に快勝。一気に頂点に駆け上がった。

丸山城志郎のプロフィール

初出場で世界王者に

初出場で世界王者に

ここまで来るのに…、いろいろな思いがあったので、嬉しい気持ちです。(26歳で世界の頂点は)普通の選手より長くかかっているので。

初戦で右足を負傷してしまい万全の状態ではありませんでしたが、準決勝では同階級のライバルでもある阿部一二三選手と対戦し勝つことができました。試合は延長戦までもつれましたが、(柔道グランドスラム大阪2018平成31年全日本選抜柔道体重別選手権大会に続く)3度目の勝利ができたので良かったです。

今回、優勝にたどり着くことができたのは、「勝ちたい」という強い気持ちを胸に、ただひたすら技を繰り出し、前に進み続けたことが勝因だと思っています。

決勝戦での大声援

決勝戦での大声援

キム・インファン選手(韓国)との決勝(開始2分30秒過ぎに得意の巴投げを仕掛け、場内は大歓声が沸くも決まらず。その後も果敢に攻め、最後は残り29秒で2つ目の技あり[腰車]を決めて金メダル)では、最後の合わせ技が決まったとき、とても大きな声援が聞こえました。

こんなにもたくさんの方が自分を応援してくれたんだと。今回の優勝で改めて実感することができました。

世界柔道選手権で勝利したことで、これまでお世話になった方々に、少しでも恩返しをすることができたかなと思います。

来年の東京五輪(柔道)に向けて

来年の東京五輪(柔道)に向けて

今大会(世界柔道選手権)に優勝できたことで、目標としている東京五輪に大きく近づくことができました。東京五輪で金メダルを獲ることが最大の目標です。今日だけはこの(優勝の)嬉しさを身に沁みながら、明日から気持ち切り替えてやっていきます。

次の11月のグランドスラム大阪で勝ちきることが、まず大事なことです。目標へ向かうために、今年はまだまだ勝負の年だと思っているので、次の結果に繋げていけるように頑張りたいと思います。

インタビュー:2019年8月26日

  • 世界柔道選手権2019 日別大会結果
  • お気に入りの選手に応援メッセ―ジを送ろう!選手応援メール
  • 大会の模様を配信中!大会動画

このページのTOPへ

柔道チャンネル「世界柔道2019(世界柔道選手権2019東京大会)」について
「世界柔道2019(世界柔道選手権2019東京大会)」は、国際柔道連盟が主催する世界選手権。選手にとっては、2020年東京柔道競技(五輪)への出場に大きくかかわる大会です。
柔道チャンネルでは、2019年8月25日〜9月1日に開催される、「世界柔道2019(世界柔道選手権2019東京大会)」の情報を発信しております。
出場日本選手の紹介や過去の大会成績、写真などを掲載していきます。世界各国の柔道家による熱い戦いを、ぜひご覧下さい。
注目ワード