平成24年度全日本学生柔道優勝大会

平成24年度全日本学生柔道優勝大会 大会ブログ

「柔道チャンネル」スタッフが、大会当日の模様など「全日本学生柔道優勝大会」に関する最新情報をお伝えします。

2012年6月24日(日)

東海大学五連覇達成!

東海大学五連覇達成!

皆さん、こんにちは*


先程、平成24年度全日本学生柔道優勝大会(男子61回・女子21回)の男子決勝戦が行なわれました*


決勝に駒を進めたのは東海大学」「日本大学強豪2校*


日本大学が立て続けにポイントを取り、3-0とリードした際、これは決まったかも…と場内の観客に緊張の空気が流れましたが、そこから東海大学怒涛の巻き返し*


3-3まで盛り返し、代表戦までもつれ込んだ末、東海大学大逆転優勝!史上初の大会五連覇を達成しました*


主将として部を引っ張った穴井選手や、ケガを押して出場した羽賀選手、相当なプレッシャーのかかる代表戦を務めた王子谷選手など、全員で勝ち取った勝利でした*


前人未到の記録ですが、東海大学上水監督はさらに記録更新に挑戦するといった力強いコメントもありました*


こういった大きな記録樹立を目の前で見れて、本当に興奮し感動しました*


東海大学の皆さん、本当におめでとうございます*

2012年6月24日(日)

まもなく男子決勝戦!

まもなく男子決勝戦!

皆さん、こんにちは*


まもなく、平成24年度全日本学生柔道優勝大会(男子61回・女子21回)の男子決勝戦が行なわれます*


激戦を制し、決勝戦に勝ち進んだ大学は以下の通り*


【男子決勝戦】

東海大学 VS 日本大学


東海大学は準決勝で、地区予選大会の東京学生柔道優勝大会で敗れた明治大学に、大将戦までもつれながら2-1で勝利。雪辱を果たし、決勝進出を決めました*


一方の日本大学は、準決勝で優勝候補筆頭の国士舘大学3−3の内容勝ち。接戦を制し決勝進出を決めています。


両校、充実した戦力のため、ここまでの勝ち上がり方をみると、今年の決勝戦は接戦になるのではないでしょうか*


史上初の大会五連覇を狙う東海大学か、これを阻止し、15年ぶりの優勝を目指す日本大学か、大会の結果・大会トピックスは、柔道チャンネル平成24年度全日本学生柔道優勝大会で掲載します。お楽しみに*

2012年6月24日(日)

東海大学の五連覇に待ったをかけるのは

東海大学の五連覇に待ったをかけるのは

皆さん、こんにちは*


柔道関係者のなかでは、今大会五連覇に挑む東海大学と並び、優勝候補と言われているのが、国士舘大学です*


メンバーを欠いていたとはいえ、東海大学は予選で明治大学に0-3で敗退。その東海大学を破った明治大学を相手に、国士舘大学6-0の圧勝でした*


国士舘大学のポイントゲッターは、払い腰を得意とし、昨年全日本学生柔道体重別選手権大会(以下、学生体重別選手権)100kg超級3位の岩尾敬太選手


それに加え、粘りが持ち味の全日本ジュニア柔道体重別選手権大会優勝の浅沼拓海選手、昨年学生体重別選手権90kg級優勝の春山友紀選手がいます。


春山選手は、昨年の同大会で体重差をものともせず、東海大学から一勝を奪っている経験豊富な選手です*


また、予選では出場していなかった遠藤翼選手が本選では出場するとあって、大幅な戦力アップとなるのではないでしょうか*


今年の国士舘大学は充実した戦力。東海大学五連覇に待ったをかけるのは国士舘大学かもしれません*

2012年6月24日(日)

五連覇に挑む東海大学

五連覇に挑む東海大学

皆さん、こんにちは*


五連覇に挑む東海大学ですが、地区予選を兼ねた東京学生柔道優勝大会では、準々決勝で明治大学にまさかの敗退。戦力を欠き、0-3の大敗でした*


昨年、本大会で活躍した高木海帆選手羽賀龍之介選手が予選では欠場していましたが、今大会では羽賀選手が戻り、戦力がアップすると期待されています*


キャプテンの穴井航史選手をはじめ、羽賀選手全日本ジュニア選手権大会優勝の王子谷剛志選手を中心に五連覇へ挑みます*


今年加入した中国からの留学生、王(ハオ)選手も期待できると、東海大学師範・山下先生もお話されていました*


今大会は五連覇もかかっており、同じ轍を踏むことはないはずです。予選で敗れ、王者のプライドに火がついたと思います*


羽賀選手は私、個人的に大好きな選手。今年は高木選手の穴を埋め、東海大学のポイントゲッターとして、活躍できることを期待したいです*


史上初の五連覇、見てみたいですね*

2012年6月24日(日)

優勝旗・優勝杯は何処の大学に渡るのか

優勝旗・優勝杯は何処の大学に渡るのか

皆さん、おはようございます*


平成24年全日本学生柔道優勝大会(男子61回・女子21回)最終日が、まもなく始まります* 昨日は、男子1回戦が行なわれました。大会五連覇に挑む東海大学や優勝争いが予想される国士舘大学は、シードにより本日2回戦からのスタートです*


優勝旗・優勝杯は何処の大学が手にするのか。今日も目の離せない戦いが続きます*


柔道チャンネルでは、昨日から引続き、本日も大会結果を速報します。こちらもぜひ、ご利用下さい*

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード