平成24年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会

柔道グランドスラム東京2012 代表選手発表

今大会終了後、「柔道グランドスラム東京2012」の代表選手が発表されました。

男子日本代表出場選手

女子日本代表出場選手

監督のコメント

全日本柔道連盟 斉藤仁強化委員長

全柔連 斉藤仁強化委員長のコメント

斉藤仁強化委員長

オリンピックが終わり、節目の年のスタートの講道館杯ということで、ベテラングループは多少この4年のつけが回り怪我が多いと思います。

選手は生ものですから、一生懸命頑張れば頑張る程、怪我をすることも出てくるわけです。そのなかで若手にとってはものすごいチャンスなんです。特に女子は若手が追い上げてきてベテランを突き上げてきています。そこはものすごく計画的に強化をしていきたいなと思っています。

男子は、軽量級では出てきているんですが、100kg級と100kg超級が内容的に芳しくなかったかなと思います。ただ、学生チャンピオンの原沢選手が、どんな形にしろ勝ったということで自信を付けて、伸びてくれれば良いかなと思います。

講道館杯でスタートしたということで、良いも悪いもここからいかに両監督が組み立てて伸ばしていくか、「強い日本」「強い柔道選手」を作っていくかっていうところに期待したいと思います。

全日本柔道男子 井上康生監督

全日本柔道男子 井上康生監督のコメント

井上康生監督

100kg超級の部分ですごく低迷しているなか、原沢選手や百瀬選手など若い選手たちが出てきて嬉しく思っています。

原沢選手は未完成な部分や、強くなりたいという貪欲な心を持っているところが長所だと思います。まだウェイトトレーニングもやっていなくて、体ができあがっていない部分があるにもかかわらず、あのような試合ができるということにとても魅力を感じています。また、体のバランスも非常に良いものを持っていると思いますので、総合的に見たうえでもこれから期待し、強化をしていかなければいけない選手かなと感じています。

他にも期待していた選手はいたのですが、早々に負けてしまいました。100kg超級に関してはこれからもっともっと層を厚くしていきながら、レベルアップを図っていく必要があると思っています。

100kg超級は私の経験上、100kg級と全然違う競技と言って良いくらいトレーニング方法や、柔道のスタイルを考えていかなければならないと感じていますので、そういうものを含めて強化を図って行きたいと改めて感じました。

100kg級は少し層が薄い部分があるのですが、いろんな選手を強化していきながら、レベルアップを図っていかなければいけないと思っています。

90kg級を優勝した加藤選手は、昨年から国内では抜群の強さを見せていますが、海外ではもうひとつ勝てていない部分があります。彼は勘の良い選手ですし、やりこんでいけばいく程、味が出る選手ではないかと思います。

すべての階級で言えますが、個々の選手をどう世界で勝たせていくかということを考えた上で、強化を図っていかなければならないと改めて感じました。

全日本柔道女子 園田隆二監督

全日本柔道女子 園田隆二監督のコメント

園田隆二監督

昨日の3階級と打って変わり、若い選手がものすごく頑張ってくれました。

また、若い選手が勝ち上がってくるだけではなく、これまで強化してきた選手たちも勝ち上がってきました。

既存の選手と若い選手を競い合わせたいという目標があり、そのような強化をしていきたいと思っていますので、それに関して言えば今日の4階級はある程度目処が立ってきていると思います。若い選手たちが上を突き上げてきているなと感じました。新しい発見といいますか喜ばしいことだと思います。

今回だけではなく、安定して勝てる選手にしていく為に、国際大会での経験や合宿での強化をしっかりと考えてやって行きたいと思います。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード