平成24年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技大会

優勝監督のコメント

女子団体戦優勝:阿蘇中央高校 内藤寿是監督のコメント

内藤寿是監督

内藤寿是監督

春の高校選手権では決勝戦で負けるという悔しい終わり方をしてしまいましたし、先日行なわれた金鷲旗では準々決勝で今日の決勝戦の相手だった渋谷教育学園渋谷高校に敗れていましたので、インターハイこそは優勝するという意気込みで臨んでいました。

金鷲旗直後から、キャプテンの飯塚を中心に全員の課題をもう一度出し直して取り組んできましたが、(熊本県は)豪雨の影響が大きく、正直なところ柔道に打ち込むのが難しい状況でした。そんな中でも一生懸命、ひたむきにやってきたことが報われたのだと思います。

元々、決勝戦は敬愛高校(福岡県)を想定していたので、梅木(中堅)で手堅くポイントをとって、先鋒・大将では引き分けに持ち込む作戦でしたが、それがひっくり返った形になりましたね(笑)。

先鋒の土井は攻撃な柔道を得意とする選手で、どんな相手でも奥襟を叩いてガンガン攻めていけるところが魅力です。寝技もいいものを持っていますし、決勝戦では上手く波に乗れたんじゃないでしょうか。

中堅の梅木は実力がある選手です。ただ、右ひざのケガの回復が思わしくなかったのと、金鷲旗の直前にマイコプラズマ肺炎にかかってしまって、大変辛い状態でした。何とか出場できるまで持ち直してくれたのは彼女の頑張りのおかげですね。周りの選手も助けてくれたのがプラスに働きました。

上村は受けの巧手なので、どんな相手にも動じませんし、安定した柔道をするので、安心して大将に据えることができました。

決勝戦を含め、どの試合も負けておかしくない程の接戦が続きましたが、こうして優勝できたのは選手達が人数の少ない中で粘り強くやってきたことが実を結んだのだと思います。今後も勝つだけじゃなく、周囲の人達に応援してもらえるような柔道をしていきたいですね。

男子団体戦優勝:東海大学付属浦安高校 竹内徹監督のコメント

東海大学付属浦安高校 竹内徹監督

竹内徹監督

決勝戦は1年生の村田を起用しました。本当は鎌田(3年)を起用しようと思っていましたが、昨日の試合では鎌田の調子が良くなかったので、鎌田が負けた時点で切り替えました。

村田は、金鷲旗でも10人抜きをするなどの活躍もしましたし、3年生にも負けない気力を持っています。気迫も非常に充実していました。決勝で次鋒の石神が引き分けた後、流れを再び戻したのは、村田のおかげですね。

オーダーはウルフ、石神、村田、ベイカー、女良の順。ウルフ、石神で勝ち取って、ベイカーには、相手が守りにこられないような状況を作りました。相手がベイカーに対しても、攻めてくるようなオーダーを組んだのです。

「ベイカーまでで試合を決める」このオーダーには本当に悩みました。一週間以上掛かりましたよ。今大会は、多くの学校が一番強い選手を副将に置くオーダーを取ってきましたので、その点でもうちに分がありましたね。

今日は特に、石神が良かったですよ。6月頃から技の切れも出てきて、急速に良くなりました。彼は言って伸びるタイプ。檄を入れたからなのでしょうか(笑)。

三冠達成までの道のりは、楽では無かったです。時間はそんなに掛けていませんが、練習は本当にきつかったと思います。選手、部員達は手を抜かないで必死に練習についてきてくれました。なので、私自身も負けることはないと信じていました。

高校三大大会三冠達成は、高校生にとっても、指導者にとっても究極の夢だと思います。その三冠を達成できて、素直に嬉しいです。これ以上の喜びはありませんね。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネル「全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技大会」について
柔道チャンネルでは、毎年、夏の恒例「全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技大会」の大会結果速報を配信しています。高校生のあこがれの舞台インターハイの気迫溢れる試合、そして一本を取る豪快な技の数々などダイジェスト動画でご覧頂けます。また、選手・大会写真集、大会結果、選手コメントなどの大会情報も満載です。
注目ワード