第60回全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技大会

強豪高校の監督に意気込みをお伺いしました。

大会直前特集

強豪高校の監督に聞く 男子 大会直前監督インタビュー

岩渕公一監督(国士舘高校)

岩渕公一 監督 岩渕公一 監督

金鷲旗高校柔道大会(以下、金鷲旗)の後半戦で先鋒を務めた江畑丈夫(1年)が世界カデ柔道選手権大会に出場するため今大会に出ることができません。

よって、当然メンバーは変わってきます。今大会は砂田勇登(2年)、吉良勝弥(2年)の活躍がカギになるでしょうね。

今大会に向けて少しでもレベルアップさせようと、金鷲旗の試合中で見つけた課題はすぐにその場で話して指導してきました。

3年生の活躍、そしてチームの全国優勝を目の当たりにしてさらにやる気を出してくれているので、砂田と吉良が今大会までにどのくらい伸びるのか、そこがポイントです。

また、五十嵐涼亮(3年)の復帰は非常に大きいです。金鷲旗で大活躍しましたしね。ただ、復帰直後にあれだけガンガン試合をしたので怪我をしていた膝にはかなり負担がかかったはず。これを治して、もう一段力を上げて今大会に臨みます。

小川竜昂(3年)は負傷のため乱取りに復帰したのは金鷲旗数日前。まったく本来の出来ではなかったですが、今大会までにはかなり良くなるはずです。

遠藤翼(3年)も力を発揮してくれると思います。金鷲旗はなんとか優勝することができましたが、今年はインターハイも絶対に勝ちたい、獲りたい大会なんです。必ず優勝します。

高橋洋樹監督(東海大学付属相模高校)

高橋洋樹 監督 高橋洋樹 監督

レギュラーの小原拳哉(2年)が金鷲旗直前の関東ジュニア柔道体重別選手権大会で左肘を負傷。

また、中量級の富沢裕一(3年)も右膝を怪我してしまい、金鷲旗は予定とは少々違うメンバーになってしまいました。

小原は肘を手術しましたので今大会は間に合いませんし、富沢も微妙なところです。

ただ、いない選手のことを考えても仕方がないので、金鷲旗で起用した山尾明(3年)、河端祥也(2年)、蓮池慎吾(3年)、倉橋功(3年)で戦い切るという気持ちでしっかり鍛えています。

金鷲旗はつないでつないで、大将の倉橋勝負にもち込むという戦い方で、なんとか決勝までは勝ち上がりましたが、最後は地力の差が出たと思っています。

今年はどこからでも点が取れるというような派手な試合のできるメンバーではありません。

今大会は点取り戦なので、引き分けではなくて攻撃的な戦いが重要になってきます。点を取ること、投げることを考えなければいけないと思っています。

いろいろ過程はあっても、金鷲旗に関しては、負けは負け。今大会に向けて、気持ちを切り替えて戦いたいと思っています。

今年最後のタイトル、優勝を目指して頑張ります。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネル「全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技大会」について
柔道チャンネルでは、毎年、夏の恒例「全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技大会」の大会結果速報を配信しています。高校生のあこがれの舞台インターハイの気迫溢れる試合、そして一本を取る豪快な技の数々などダイジェスト動画でご覧頂けます。また、選手・大会写真集、大会結果、選手コメントなどの大会情報も満載です。
注目ワード