第41回全国高等学校柔道選手権大会

第41回全国高等学校柔道選手権大会 大会直前監督インタビュー

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

2019年3月20日(水)〜21日()に開催される「第41回全国高等学校柔道選手権大会」。今大会に向けての意気込みと展望を、強豪高校の監督にお伺いしました。

【男子】  国士舘高校  岩渕公一監督

国士舘高校 岩渕公一監督

岩渕公一監督

昨年は高校選手権、金鷲旗で優勝して三冠に王手というところまで行きましたが、インターハイを落としてしまいました。今年は三冠を狙える質量が揃ったので、4年ぶりの三冠制覇に向かって頑張ります。

全国高等学校柔道選手権大会 2018

金鷲旗高校柔道大会 2018

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技 2018

今年のチーム作りで一番心掛けているのは、「斉藤立のワンマンチームにしない」ということです。

全国高等学校柔道選手権大会(以下、高校選手権)は抜き勝負なので、当然チームがピンチのときは、斉藤が出て2、3人抜くことを期待しなければならない場面も出てくると思います。

それは仕方ないのですが、夏の金鷲旗高校柔道大会(以下、金鷲旗)や全国高等学校総合体育大会 柔道競技(以下、インターハイ)に向けての心構えとしては、チーム全員が「自分が主力」という気持ちで戦ってほしいですね。それを今から選手たちに意識させていこうと思っています。

三冠(高校選手権、金鷲旗、インターハイ)という大きな目標があるのは選手たちも自覚していますが、高校選手権で優勝しなければ挑戦者にはなれません。チームは昨年からのレギュラーが多く、その意味では経験値もあります。

なかでも勝負のカギを握っているのは藤永龍太郎、長谷川碧、道下新大など、昨年からレギュラーだった選手たちです。全員筋力もアップしてきたので、斉藤の負担を少なくするためにも、これらの選手が頑張ってくれることを期待しています。

国士舘高校 斉藤立

国士舘高校 斉藤立

一番のライバルは、新チームでいくつもの大会に勝っている大牟田高校福岡県)。作陽高校岡山県)も高橋翼君の存在が大きいですし、チーム全体も大型で要警戒のチームでしょうね。大牟田高校は組み手が上手い大きい選手も揃っています。そんな相手とどう戦うか、鋭意作戦を練っているところです。

これからの課題は、立ち技はもちろんですが、寝技の精度を上げていくことです。でも、寝技を集中してやると選手がへばるんですよ。あまりやりたがらない。でも、そこは勝つか負けるかの分岐点ですから、嫌でもやらなければなりません。これから気合を入れて練習していきます。

2月は体力強化と寝技の精度アップを主眼としてやっていました。体力的にはきつい時期ですが、ここを乗り切れば新しい変化が生まれます。

男子団体戦トーナメント表

【女子】  夙川学院高校  松本純一郎監督

夙川学院高校 松本純一郎監督

松本純一郎監督

今年は1年生が中心のチームなので、村川実葉瑠、金知秀、吉峰芙母絵と実力者が揃った昨年に比べるとやや安定感がなく、その意味では不安はあります。

勝負のカギは先鋒勝負だと思います。山崎笑佳、出口華らが頑張れば、たとえ引き分けでも後ろの新名彩乃、畑田暁菜、桑形萌花が取ってくれます。特に山崎は近畿大会でも好調に勝っていたので、今一番波に乗っていると言えるでしょう。

新名、畑田、桑形らは3人とも個人戦にも出場しますが、もし個人戦で上手くいかなかったとしても、賢い子なので団体戦に生かすことができると思います。

夙川学院高校 桑形萌花

夙川学院高校 桑形萌花

今の夙川学院で急成長しているのは畑田です。寝技の上手い選手ですが、立ち技の進歩とともに寝技も相乗効果で良くなっています。一本取れないと見れば指導を取って、昨年の阿部詩のように勝つ方法もできる選手です。全国中学生柔道大会の個人戦にも出ていない無名選手ですが、団体戦で活躍した選手で夙川学院に来てからとても強くなりました。

畑田、桑形などは先輩の吉峰や長谷川瑞紀が1年生だった頃と比べると、とても優秀です。

桑形は70kgですが78kg超級でも十分に戦えます。しかし、米川明穂藤枝順心)、朝飛真美(桐蔭学園)選手はかなりの強敵です。

ライバルは、富士学苑高校山梨県)を筆頭に、熊本西高校熊本県)、横須賀学院高校神奈川県)、藤枝順心高校(静岡県)など、気が抜けないチームばかりですね。

本番までの練習は特に変わったことはやりません。前日まで、いつも通り追い込んだ練習をやります。鎬を削った練習で、戦う心を研ぎ澄まし試合に臨みます。そこでケガしたらそれまでだと思っています。

殺気立つくらいに神経を研ぎ澄まして、「自分が勝ったらチームの勝利」という気構えを作らせます。それをやるのは私の役割ですが、誰かに任せるということでなく一人ひとりのやり抜く覚悟を養っていくことが大切です。

「これだけの練習をやってきたのだから絶対に他に負けるわけはない」という不敗の心で一人ひとりが納得できる形で試合を終えてくれればいいです。そこに勝利の展望も開けると思っています。

女子団体戦トーナメント表

  • 選手応援メール
  • 第41回全国高等学校柔道選手権大会 大会動画
  • 第41回全国高等学校柔道選手権 大会写真集
  • 第41回全国高等学校柔道選手権 出場選手紹介写真集
  • 第41回全国高等学校柔道選手権大会 名場面写真写真集
  • 第41回全国高等学校柔道選手権大会 大会レポート

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネル「全国高等学校柔道選手権大会」について
2019年3月20・21日に日本武道館で「第41回全国高等学校柔道選手権大会」が開催されます。
高校三大大会のひとつである今大会は、今年最初の高校柔道大会であり、今年の高校柔道界の行方を占う重要な大会です。20日は男女個人戦(各5階級)、21日は男女団体戦(男子5人制、女子3人制)が行なわれ、予選を勝ち抜いてきた選手たちによる熱戦が繰り広げられます。東京柔道競技での活躍も期待される若き世代の選手による熱い戦いをぜひ、ご確認下さい。
柔道チャンネルは、全国高等学校柔道選手権大会に出場される選手の方々を応援しております。
注目ワード