第62回全国七大学総合体育大会柔道競技大会(七帝柔道)

大会レポート

優勝した大阪大学

優勝した大阪大学

2014年6月14日(土)〜15日(日)、京都市武道センター・旧武徳殿(京都府)にて「第63回全国七大学総合体育大会柔道競技(七帝柔道)」が開催され、男子が15人制の勝ち抜き団体戦、女子は今年度3大学が参加のため、3人制によるリーグ戦で優勝が争われた。

先に行なわれた女子の試合では、北海道大学が優勝。初戦で名古屋大学を破り、続く東北大学戦で引き分け。初戦の一勝を守りきった北海道大学が連覇を達成した。

敗れた東北大学は、名古屋大学と初戦で引き分け。逆転優勝に望みを懸けた事実上の決勝では、先鋒で落としたポイントを大将戦で奪い返し代表戦に持ち込んだが、あと一歩及ばなかった。

一方の男子は、ここ数年主管破りが続いているだけに、今年こそはそれを阻止したいと京都大学に注目が集まったが、初戦の名古屋大学に勝利するものの、二回戦の北海道大学に敗退した。

決勝は、初戦から順当に勝ち進んだ昨年優勝の東北大学と、準決勝で二人リードされながらも、逆転で勝利を手にした大阪大学が対戦。

試合は、東北大学の五鋒・大岡が一本勝ちし、東北大学リードのまま中盤戦に突入したが、大阪大学の主将で七鋒・添田が一本を奪いタイに戻すと、中堅・竹之内も一本を奪い逆転、流れは完全に大阪大学へ変わった。

続く大阪大学の七将・山下が豪快な背負い投げで一本を奪いさらにリードを広げると、その後は各自がきちんと役割をこなし、引き分けに持ち込む。

終盤、東北大学の副将・芝野が一本を奪い、さらに追いつきたいところだったが、大阪大学の三将・鷹合が追随を許さず引き分け。最後は大阪大学の副将・松村が粘りの柔道から一本を奪い、二人残しで勝利。大阪大学が43年ぶりの優勝で大会を締めくくった。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネル「全国七大学総合体育大会柔道競技大会(七帝柔道)」について
柔道チャンネルでは、日本の7つの国立大学が合同で開催している「全国七大学総合体育大会柔道競技大会(七帝柔道)」の大会結果速報を配信しています。この大会独自のルールの紹介や七帝柔道の紹介もしております。当サイトでは、日本各地で行なわれる柔道大会もいち早く結果をご覧頂けます。
注目ワード