グランドスラム東京2011

柔道グランドスラム東京:大会の見どころ

昨年の大会風景

2011年12月9日(金)〜11日(日)まで、東京体育館(東京都)にて「柔道グランドスラム東京大会」が開催。男女7階級が行なわれ、トーナメントで優勝が争われる。

この大会は、世界柔道選手権大会のメダリストをはじめ、他の国際大会で活躍した選手達が多数出場するため、熱戦が期待される日本唯一の国際柔道大会だ。

また、来年開催されるロンドンオリンピックを目指す選手にとって、IJFポイントランキング制度上においても、大変重要な大会として位置づけられており、国内外で大きく注目されている。

ロンドンオリンピック出場は各階級一名。柔道では、ランキング制度が導入されており、2012年4月30日時点での世界ランキングで、各階級、男子:上位22名、女子:上位14名が選出される。
※ランキング内に同じ国の選手が複数いる場合は、ランキングは繰り下げ。また、複数選手がいる国は、そのなかから一名を選出。

これにより、この順位の中に入らなければ、オリンピック出場候補から外れてしまう。上位にランクしている選手が今大会優勝、あるいは上位入賞して高得点を獲得できれば、以降の国際大会出場への必要もなくなり、オリンピックまでじっくりと調整ができる。しかし、早々に負けてポイントを獲得できなかった場合は、オリンピックの代表枠に入るため、国際大会に出場し続けなければならなくなる。そういう意味でも今大会は非常に重要な大会なのだ。

今大会の日本代表56名のうち学生が25名。半数が若手であるが、これは決して経験を積ませるためだけではなく、当然ロンドンオリンピックも視野に入っている人選だろう。

代表になっている若手選手の中にも、現時点でランキングに入っていない選手やギリギリの選手もおり、そういった選手にとっては、オリンピック代表候補に生き残るための重要な大会。ポイントによるランキング制度が導入されている今日、裏を返せば今大会での敗北は今後の大会出場に大きく影響があり、まさに進退をかけた戦いになる。

ベテラン、中堅選手も決して安心してはいられない。たった一つの代表枠を掴むため、代表争いの幕が開ける。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード