柔道グランドスラム大阪2019 大会の見どころ 女子

柔道グランドスラム大阪2019 大会の見どころ 女子
  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

柔道グランドスラム大阪2019をさらに楽しむ、男女階級別の見どころポイント!「柔道グランドスラム大阪2019」大会の見どころ-女子-

柔道グランドスラム大阪2019の女子柔道について、各階級別の見どころをご紹介します。

※文中のIJFポイントランキングは、2019年11月14日時点のものです。 ※掲載内容は、2019年11月14日時点のものです。 ※直近3年間の大会成績をリンクしています。

男子の見どころはこちら

女子48kg級

2019年度
講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
3回戦
角田夏実 vs 古賀若菜

日本代表は、渡名喜風南パーク24)、角田夏実了徳寺大学職員)、古賀若菜(南筑高校3年)、近藤亜美三井住友海上)の4選手。

実績、実力でリードするのが渡名喜で、3大会連続世界柔道選手権大会(以下、世界選手権)代表。2017年ブダペスト大会は優勝、2018年バクー大会、2019年東京大会は準優勝に輝いており、日本の第一人者と言える存在だ。148cmという小柄な体から繰り出す足技と崩してからの粘り強い寝技が武器。

今大会で渡名喜を脅かす存在となる可能性が高いのが、東京五輪(柔道)代表になるために階級を変更し、講道館杯全日本体重別選手権大会(以下、講道館杯)を制した角田。

角田は10月の柔道グランドスラム・ブラジリアまで52kg級に出場しており、一昨年の2017年世界選手権では52kg級で準優勝するなど、2018年、2019年世界選手権優勝の阿部詩日本体育大学1年)、2017年世界選手権優勝の志々目愛(了徳寺大学職員)とトップ争いを続けてきた。しかし、今年の東京世界選手権で阿部が2連覇を成し遂げ、東京五輪(柔道)出場がほぼ絶望的となったことで、可能性のある48kg級への階級変更を決意した。

階級を変更して臨んだ講道館杯を、オール一本勝ちで制したことで東京五輪(柔道)の可能性も現実味を帯びてきたと言って良いだろう。角田の代名詞とも言える巴投、そして巴投からの寝技。とりわけ腕挫十字固への移行は抜群で、警戒していても逃れることはできない。果たして、第一人者の渡名喜との直接対決が実現するのか。この階級最大の見どころとなりそうだ。

世界ジュニア柔道選手権大会優勝の他、柔道グランプリ・モントリオールでも優勝するなどシニアでも活躍し始めた若手有望株・古賀の戦いぶりも必見。講道館杯では業師・角田に敗れたものの、堂々の3位入賞を果たし今大会の切符を獲得した。高校生らしい思い切りの良い柔道に期待したい。

2015年アスタナ世界選手権王者で、渡名喜とは同い年の近藤は、今年の柔道グランドスラム・パリで久々の優勝を果たしたものの、精彩を欠く試合が続いている。先の講道館杯でも2回戦で格下選手に敗退。実績から代表には選ばれたものの、今大会は近藤にとって、背水の陣と言って良いだろう。

海外からは、日本人選手にとって最大の強敵、世界選手権2連覇のビロディド(ウクライナ)の出場はなさそうだが、2013年世界選手権優勝のベテラン・ムンフバット(モンゴル)をはじめ、今年10月の柔道グランドスラム・ブラジリア優勝のコスタ(ポルトガル)、リオデジャネイロ五輪銅メダルのガルバドラフ(カザフスタン)や韓国の若手ナンバー1、カン・ユジョンなどの有力選手が出場すると思われる。

女子52kg級

2019年度
講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
準決勝戦
前田千島 vs 内尾真子

この階級の最注目選手は、阿部。2018年バクー、2019年東京と世界選手権連覇を果たし、いまや名実ともに世界ナンバー1で、東京五輪(柔道)金メダルの最有力選手と言っても過言ではない。東京世界選手権では、最強の敵と思われたリオデジャネイロ五輪金メダリストのケルメンディ(コソボ)との直接対決を制しての優勝だった。今大会で阿部が優勝すれば、東京五輪(柔道)代表第一号となる可能性もある。

右内股、右袖釣込腰、さらに右大外刈といずれも切れ味抜群。以前は苦手と言われた寝技においても着実に地力を付け、東京世界選手権のケルメンディ戦では寝技勝負に持ち込み、横四方固で一本勝ち。寝技でも確実に取れるまでに成長している。しかし、東京五輪(柔道)に向け、世界中が阿部対策を練るのは間違いない。さらなる成長に期待がかかる。

阿部とともに今年の東京世界選手権に出場し、銅メダルに輝いた志々目も虎視眈々と東京五輪(柔道)の切符を狙う。阿部同様、外国人選手にめっぽう強く、今年5月の柔道グランドスラム・バクー決勝で、フランスのブシャールに負傷による棄権負けを喫するまで57連勝という記録を残している。とりわけ左内股は特筆すべき切れ味だ。ケガを押して出場した東京世界選手権は準々決勝でケルメンディに敗れたものの銅メダルを確保。今大会で阿部の優勝を阻止し、自ら優勝することだけが、五輪代表の可能性を残す唯一無二の手段。志々目にとって正念場の戦いとなりそうだ。

残る日本代表2人は、講道館杯優勝の内尾真子(自衛隊体育学校)と3位の前田千島(三井住友海上)。トップの2人からは実力、実績で劣るものの、いかにこのチャンスを活かすことができるか。内尾にとっては、講道館杯初優勝で勝ち取った初のグランドスラムの大舞台。存在感を残したいところだ。前田は今年7月の柔道グランプリ・ブダペストではケルメンディに巴投と背負投の合技で一本勝ちした経験を持ち、潜在能力の高さを感じさせる。現時点のポジションは、阿部、志々目に続く3番手。果たして、その上に行けるかどうか。今大会での戦いぶりに期待したい。

外国人選手で有力なのは、IJFワールドランキング1位のブシャール。世界選手権では2度銅メダルに輝いており、ワールドツアーでは常に上位進出を果たしている強豪。組み手争いから、捨て身系の技や低い肩車に入り、そこから絞めや抑え込みに極めるのが必殺のパターン。分かっていてもなかなか避けられない。その他では、コーヘン(イスラエル)やペレス(スペイン)、世界選手権で2度決勝に進んでいるベテランのティトゥ(ルーマニア)などが要注意選手だ。

女子57kg級

2019年度
講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
決勝戦
玉置桃 vs 舟久保遥香

2018年バクー世界選手権優勝、2019年東京世界選手権準優勝の芳田司コマツ)、東京世界選手権では団体戦の代表として日本の優勝に貢献した玉置桃(三井住友海上)、先の講道館杯では決勝で、同門の先輩・玉置に敗れ大粒の涙を流した舟久保遥香(三井住友海上)、そして講道館杯で3位に入り、大きなチャンスを得た鶴岡来雪(コマツ)の4選手がこの階級の日本代表。

注目は、東京世界選手権以来の試合となる芳田。昨年のこの大会は5位という不本意な結果だっただけに、関西(京都)出身の芳田としては、地元の応援に応えて優勝したいところだ。芳田の魅力は、切れ味鋭い内股。156cmと、この階級ではかなり小柄だが、腰と太腿を使って跳ね上げる内股で長身の外国人選手もきれいに宙を舞わせる。相手を崩してからの寝技も巧みで、立って良し寝て良しの好選手だ。

芳田にピタリと追随するのが玉置。技が特別に切れるわけではないが、相手の意表を突く独創的な攻撃が得意で、韓国背負いや袖釣込腰など、練習で見せない技を試合で繰り出すことも。粘り強く、最後まであきらめない精神力が最大の武器と言えるかもしれない。

舟久保の最大の魅力は寝技。舟久保固めと称される、崩袈裟固のような、肩固のような変形の寝技に持ち込む一連の動作は、思わず見入り、感心するレベルだ。昨年の柔道グランドスラム大阪では、今年の東京世界選手権でチャンピオンに輝いたデグチ・クリスタ(カナダ)に勝って銅メダルに輝いている。

鶴岡にとっては、初のグランドスラムの大舞台。世界の強豪を相手にどのような戦いができるか。高校、大学、社会人といずれのシーンでも、準決勝、決勝まで進みながら、なかなか頂点に立てない鶴岡だが、この大会を飛躍の大会にしたい。

東京世界選手権優勝のデグチのエントリーはないが、2017年ブダペスト世界選手権王者のドルジスレン(モンゴル)、昨年のこの大会で優勝しているクリムカイト(カナダ)、今年10月の柔道グランドスラム・ブラジリア2位のストール(ドイツ)、さらに、レン・チャンリン(台湾)、カラカス(ハンガリー)といった有力選手も出場を予定しており、日本人選手にとって厳しいトーナメントとなりそうだ。

女子63kg級

2019年度
講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
決勝戦
鍋倉那美 vs 土井雅子

2017年~2019年世界選手権3連覇、63kg級の絶対王者と称されるアグベニュー(フランス)は残念ながら出場しないようだが、それでも、IJFワールドランキング上位の選手がほとんどエントリーしており、かなり豪華なトーナメントになりそうだ。

IJFワールドランキング3位、2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストのトルステニャック(スロベニア)、同ランキング4位、2019年東京世界選手権3位のフランセン(オランダ)、7位のレスキ(スロベニア)、8位のデルトロ(キューバ)、9位のベルメヤー(オランダ)、さらにベテランのシュレシンジャ―(イギリス)。錚々たる顔ぶれだ。

迎え撃つ日本代表は、世界選手権2年連続準優勝の田代未来(コマツ、ランキング2位)と、昨年のアジア競技大会 柔道競技優勝の鍋倉那美(三井住友海上、ランキング6位)、今大会2連覇を狙う土井雅子(JR東日本)、そして、講道館杯3位の幸田奈々(帝京科学大学1年)。

今大会で最も注目されるのは、日本の第一人者・田代の勝ち上がり。東京世界選手権の決勝ではアグベニューと11分以上の激闘を演じ、あと一歩のところまで絶対王者を追い詰めた。最後は惜しくも払巻込技ありで敗れたものの、東京五輪(柔道)での金メダルを期待させる内容だった。

とは言え、来年の東京五輪(柔道)の代表はまだ田代に確定しているわけではない。東京世界選手権で田代が優勝していないため、今大会で田代が優勝したとしても、五輪代表の内定が出ることはない。しかし、優勝すれば、五輪代表に大きく近付くことは間違いない。外国人選手よりも日本人選手に苦戦することが多い田代だが、来年の東京五輪(柔道)に向け、日本の第一人者として、しっかりと力を見せつけられるか。

逆に、鍋倉や土井が田代の優勝を阻止し、自ら優勝となれば、代表争いは最後までもつれることとなり、鍋倉や土井にもチャンスが出てくる。日本のトップ4選手、さらに海外の強豪が集結する今大会で優勝することができれば、東京五輪(柔道)の代表候補として大きなアピールとなる。講道館杯で3位に入り、今大会出場の機会を得た幸田にとっても、名前を上げる絶好のチャンス。奮闘を期待したい。

女子70kg級

2019年度
講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
準決勝戦
新添左季 vs 田中志歩

2017年ブダペスト世界選手権、2018年バクー世界選手権と連覇を果たし、今夏の東京世界選手権で3連覇を狙ったものの、まさかの3回戦敗退を喫した新井千鶴(三井住友海上)。心技体充実を感じさせる状態で臨んだ大会での敗戦ということで、改めて勝負の怖さを実感することとなった。しかし、個人戦では不本意な内容だったものの、フランスとの団体戦決勝で今回の東京世界選手権で世界王者となったガヒーと戦う機会を得、一本勝ちしてチーム優勝に貢献したことで、最悪のイメージを払拭して大会を終えることができた。

普通に戦えば優勝できる実力を持つと、指導陣から高く評価されている新井だけに、いかに平常心で戦うことができるかが勝敗のカギとなる。勝って当たり前と言われる中、実際に勝つのは容易ではないが、それを克服できないようでは、来年の東京五輪(柔道)の緊張感の中で勝ち切ることはできない。新井にとって、絶対に負けられない試練の戦いと言える。

今大会には、新世界王者のガヒーの出場はなさそうだが、IJFワールドランキング3位のベルンホルム(スウェーデン)や5位のポラレス(オーストリア)、4位のファンダイク(オランダ)、7位のポルテラ(ブラジル)といった世界の有力選手が多数エントリーしており、日本代表にとっては、初戦から気の抜けない試合の連続となることが予想される。東京世界選手権で新井に土を付けたティモ(ポルトガル)も出場しているので、新井には直接対決でリベンジしてほしいところだ。

この階級の日本の二番手として新井を追いかけてきた大野陽子(コマツ)は、11月の講道館杯で初戦敗退という失態を演じたものの、これまでの実績で辛うじて代表に選出された。思い切りの良さが身上で、払腰や大外刈は外国人選手でも一発で畳に叩きつける威力を持つ。抜群の内容で優勝した今年2月の柔道グランドスラム・パリのようなパフォーマンスを見せて再浮上なるか。

その他の日本代表は、新添左季(自衛隊体育学校)と田中志歩(環太平洋大学3年)。現在の新添は、一般的には日本の三番手という評価だが、ワールドランキングでは日本人最上位の6位(新井は9位、大野は22位)。昨年12月の柔道ワールドマスターズ・広州ではガヒーやアルベアル(コロンビア)といった強豪を破って優勝しており、実は新井との東京五輪(柔道)代表争い最右翼の選手と言っても過言ではない。田中とともに東京五輪(柔道)後の日本をリードすべき次世代の選手と言われているが、今大会の結果次第では東京五輪(柔道)の可能性もないわけではない。この階級の日本人の勝ち上がりも要注目だ。

女子78kg級

2019年度
講道館杯全日本柔道体重別選手権大会
決勝戦
梅木真美 vs 和田梨乃子

当初エントリーされていた、今年の東京世界選手権優勝のマロンガ(フランス)は出場しないようだが、2017年ブダペスト世界選手権優勝のアギアル(ブラジル、IJFワールドランキング2位)、9月の柔道グランドスラム・アブダビ優勝のアポテカー(スロベニア、ランキング4位)、2018年バクー世界選手権2位のステインハウス(オランダ、ランキング5位)らの有力選手が出場を予定している。

日本で最も注目を集めているのは濵田尚里(自衛隊体育学校)。2018年バクー世界選手権優勝、2019年東京世界選手権2位。そしてなにより記憶に新しいのが、東京世界選手権男女混合団体戦での勇姿だ。当初出場予定のなかった濵田だが、70kg超級に出場予定だった朝比奈沙羅(パーク24)と素根輝(環太平洋大学1年)の両者が体調不良で出場できなくなるという日本の大ピンチに、階級下にもかかわらず代役出場して全試合一本勝ちという大活躍。決勝では個人戦で敗れているマロンガに得意の寝技で圧勝し、日本チームを優勝に導いた。まさに日本の救世主と言っても過言ではない活躍で、大いに株を上げた。今大会で優勝しても東京五輪(柔道)代表の内定とはならないが、代表に向けて大きなアドバンテージになることは間違いない。今大会でも得意の寝技で観客を魅了してほしい。

濵田以外の日本代表の選手も、指をくわえて見ているわけではない。2015年のアスタナ世界選手権で優勝し、2017年のブダペスト世界選手権では2位になっている梅木真美綜合警備保障:ALSOK)は、ケガなどによりしばらく低迷していたが、11月の講道館杯で優勝し復調の兆しを見せている。不本意な2回戦敗退だったリオデジャネイロ五輪の悔しさを晴らすためにも、東京五輪(柔道)出場をあきらめるわけにはいかない。

若手の和田梨乃子(三井住友海上)と泉真生(コマツ)は、講道館杯で良いパフォーマンスを見せ、いわゆる若手枠で今大会の代表となった。和田は、社会人になりやや足踏み状態が続いていたが、10月の世界ジュニア柔道選手権大会では素晴らしい内容で優勝。成長を感じさせた。和田、泉にとって、今大会は飛躍のチャンス。ぜひ存在感を残すような、思い切りの良い試合をしてほしい。

女子78kg超級

2019年東京世界選手権
決勝戦
素根輝 vs I.ORTIZ

今年9月の東京世界選手権で78kg超級のチャンピオンとなった素根が、この階級で最も注目すべき選手。大学1年生の19歳。163cmの低身長で安定性は抜群、投げられる印象はほとんどない。大きい相手にも臆することなく前に出て、左大内刈や体落と、積極的に仕掛けていくのが素根の柔道スタイル。しかもまだまだ発展途上で、世界チャンピオンになった現在も進化中だ。国内のライバルである2018年バクー世界選手権優勝の朝比奈には初対戦から3連敗を喫するも、昨年4月の全日本選抜体重別選手権大会以降5連勝。決着はほぼ毎回長期戦となるも、長くなればなるほど練習量に優る素根の地力が発揮される。

現時点では、東京五輪(柔道)の代表戦線で一歩リードの素根だが、朝比奈も代表の座をあきらめてはいない。176cm、135kgの恵まれた体躯から繰り出す払腰や支釣込足は、身体の大きな外国人選手でも一発で仕留める破壊力を持っている。2018年のバクー世界選手権で念願の世界王者となったが、現在は、素根の後塵を拝している状態。今大会で素根の優勝を許せば、素根に東京五輪(柔道)代表内定が出る可能性も高く、朝比奈にとって、今大会は背水の陣と言える。両者の対決は見逃せない。

その他の日本代表は、冨田若春(コマツ)と児玉ひかる(東海大学1年)。この階級の第一人者の素根が最年少ではあるが、冨田22歳、児玉21歳と両者ともにまだ若く、今後、素根を脅かす存在に成長してほしい選手。今大会も貴重な経験の場として、思い切り世界の強豪に挑んでほしい。

海外からエントリーしている選手で最も警戒すべきはオルティス(キューバ)。2008年北京五輪銅メダル、2012年ロンドン五輪金メダル、2016年リオデジャネイロ五輪銀メダル、2009年以降の世界選手権で優勝2回、準優勝2回、3位4回と、まさにレジェンド的な存在だが、30歳の現在も世界のトップを走り続けている強豪中の強豪だ。大きな身体ながら一本背負投や袖釣込腰などの担ぎ技を得意とし、相手の技に対する返し技も強烈。さらに試合巧者でもあり、相手によって戦法を変えてくる器用さもかね備えている。日本人選手にとっては最も大きな壁と言える。

その他、2013年リオデジャネイロ、2014年チェリャビンスク世界選手権2位のアルテマン(ブラジル)、2018年バクー世界選手権3位のセリッチ(ボスニア・ヘルチェゴビナ)、ブラジルの新鋭、10月の柔道グランドスラム・ブラジリア優勝のソウザ(ブラジル)、2016年リオデジャネイロ五輪銅メダリストのベレンセク(スロベニア)などの有力選手もエントリーしており、警戒が必要だ。

男子の見どころはこちら

  • 柔道グランドスラム大阪2019 日別大会結果
  • お気に入りの選手に応援メッセ―ジを送ろう!選手応援メール
  • 大会の模様を配信中!大会動画

このページのTOPへ

柔道チャンネル「柔道グランドスラム大阪2019」について
「柔道グランドスラム大阪2019」は、(公財)全日本柔道連盟が主催する国内唯一の国際大会ですが、今回の2019年大会は、東京五輪(柔道)の代表選考をかねているため一味違います。誰もがあこがれる五輪の舞台。限られた出場枠を狙い、柔道選手が熱い戦いを繰り広げます。もちろん、戦う相手は日本人選手だけではありません。来年の東京五輪(柔道)を見据えた世界との戦いに目が離せません!
世界柔道で優勝した「丸山城志郎」「阿部詩」「素根輝」は、柔道グランドスラム大阪2019では、どのような戦いを見せるのかも見どころ。他の選手も、柔道グランドスラム大阪2019での活躍で日本代表の座を勝ち取れるか。興味深い柔道が展開されます。柔道チャンネルでは、2019年11月22~24日に開催される「柔道グランドスラム大阪2019」の情報を発信しております。出場日本選手の紹介や過去の大会成績、写真などを掲載していきます。もちろん、選手の組合せや試合結果も掲載!世界各国の柔道家による熱い戦いを、ぜひご覧下さい。
注目ワード