東京五輪・金
新井千鶴インタビュー
- 柔道チャンネル

東京五輪・金 新井千鶴インタビュー - 柔道チャンネル

新井 千鶴|東京五輪(柔道)金メダリスト特集・インタビュー

新井千鶴|東京五輪(柔道)金メダリスト特集・インタビュー

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

2021年(令和3年)7月24~31日に開催された東京五輪(柔道)。男子・女子選手ともに大活躍し、階級別・混合団体合わせて12のメダルを獲得しました。なかでも金メダルは9つで、過去最多となっています。こちらでは、東京五輪2020における柔道金メダリスト「新井千鶴」選手について大特集。試合内容やインタビュー記事がご覧頂けます。「金メダリストの東京五輪(柔道)の試合や、思い・今後の展望を知りたい」という方におすすめです。

女子70kg級 新井 千鶴

新井千鶴

リオデジャネイロ柔道競技(五輪)は、最終選考会の全日本選抜柔道体重別選手権大会で敗れて代表落選。代表の座を争った田知本遥が金メダルを獲得し、悔しさを募らせた新井にとって、東京五輪(柔道)出場、そして金メダルはまさに悲願だった。

今大会第3シードの新井千鶴は、2回戦から登場しペレス(プエルトリコ)と対戦。ペレスは2017年ブダペスト世界柔道選手権大会の決勝で対戦した相手であり、初戦からこのレベルの選手と戦うことからも、この階級の層の厚さ、混戦具合が分かる。その世界柔道選手権大会決勝では新井が送襟絞で勝ち、初めての世界タイトルを獲ったわけだが、ペレスは、釣込腰や背負投など、威力のある投げ技を得意とする要注意選手。新井は、そのあたりをしっかりと警戒しながら、慎重に試合を進めゴールデンスコア(延長戦)1分30秒、得意の左大外刈で一本勝ち。好スタートを切った。

準々決勝のスコッチマッロ(ドイツ)も、ワールドツアーでは上位常連の強敵。新井とはケンカ四つとなる右組みだが、技は新井同様、内股、大内刈、大外刈を得意とし、左右の差はあるが、柔道スタイルは新井と少し似ている。両者組み合って、積極的に左右の技を出し合う展開。中盤、内股をこらえたところを左小外刈で崩され尻餅をつかされるも、背中をつかなかったためポイントはなし。逆にその直後、新井が内股から体落に変化して「技あり」を奪うと、そのまま立たせずに縦四方固に抑えて「技あり」合わせて「一本」(3分21秒)。準決勝進出を決めた。

準決勝の相手は、ロシアの新星、22歳のタイマゾワ。今大会の「台風の目」として注目されていた選手が、前評判通りの強さを見せ、強敵を連破して準決勝へ勝ち上がってきた。新井とタイマゾワは5月の柔道グランドスラム・カザンで対戦し、左一本背負投「技あり」で新井が敗れている。この対戦は、予想通り、いや予想以上の激闘となった。

序盤、まず新井が内股で先手の攻撃を仕掛けると、タイマゾワもすぐさま釣り手だけの内股から間髪入れずに一本背負投という、前戦で「技あり」を取った連続技で応じる。

その後、タイマゾワの背負投、内股を潰して寝技、あるいは新井が内股を掛けてからの寝技と、新井が何度もあと一歩のところまで追い詰める。延長戦に入っても、同様の展開が続き、延長戦3分過ぎには、数度にわたり新井が抑え込みに入るも、その都度、タイマゾワの必死の抵抗にあい数秒で解ける。

さらに、延長戦7分過ぎには、新井の腕がらみに「一本」が宣されるも、タイマゾワが「参った」はしていないとして取り消し。その後も、両者、立ち技で、寝技で攻め合い一進一退の攻防が続く中、タイマゾワが内股を仕掛けてきたところ、新井が小外刈で合わせてうつ伏せにするや、送襟絞に極めて「一本」。タイマゾワは「参った」することなく落ちてしまった。延長戦12分41秒、トータル試合時間16分41秒という激闘だった。

新井千鶴

一方、反対側のブロックからは、今年6月のブダペスト世界柔道選手権大会優勝のマティッチ(クロアチア)と第1シードのファン・ダイク(オランダ)を連破したポレレス(オーストリア)が決勝進出。新井と相対することとなった。

決勝戦。タイマゾワとの死闘からおよそ2時間。疲れは残っていると思われたが、新井は序盤から積極的に前に出る。本来は左組みながら、この試合右に組んできたポレレスを、開始1分、得意の小外刈で崩していきなり「技あり」奪取。その後も新井が組み勝って足技、足車、内股などで攻めると、ポレレスは終始密着しての返し狙い。それでも「最後まで悔いを残さない攻めをする」と果敢に技を出す新井。危ないシーンはあったものの、落ち着いてさばき、最後は寝技で時間を使ってタイムアップ。

終了のブザーとともに、厳しかった表情を崩しさわやかな笑顔になると、上野順恵コーチ、そして日本選手団に向けて、控えめに左拳を上げ喜びを表した。

世界3連覇を狙った2019年の世界柔道選手権大会で王座から陥落し、落ち込んだ時期もあったという新井。「何度もくじけそうになったんですけど、それでも自分の信念をぶらさずにここまでやってきて、しっかり結果がついてきて本当に良かった。どんなときも「千鶴は強い」と言い続けてくれた両親、兄をはじめ、たくさんの方に支えてもらって、サポートしてもらって、応援してもらってここまでこられたので、すべての人に感謝したいです」。目に涙を浮かべながらも、晴れ晴れとした笑顔でそう話した。

独占インタビュー
金メダリスト新井千鶴に聞く

東京五輪(柔道)の金メダリストたちに柔道チャンネルが独占インタビュー!金メダルへの道のりや試合内容、現在の思いなどを語って頂きました。

前に出て攻め切る柔道を貫き最高の舞台で、最高の結果を実現

金メダル獲得おめでとうございます。女子70kg級では2016年リオデジャネイロ大会の田知本遥さんに続く2大会連続優勝となりました。現在の気持ちを聞かせて下さい。

代表の座を逃したリオデジャネイロ柔道競技(五輪)の翌年から、一年一年、東京五輪(柔道)に向けた準備をして自分を鍛えてきました。開催が一年延期されましたが、その期間にもいろいろな経験をさせてもらい、そのひとつひとつが自分を成長させてくれました。たくさんの人の協力があったからこそ実現できた最高の舞台で、これまでの思いや自分の力をすべて出し切って戦い、金メダルを手にすることができて本当に嬉しいですし、ホッとした気持ちもあります。

開催延期が決まってからの1年間はどのように過ごされましたか。

過去の映像を見て、自分の弱点や、さらに伸ばしていくべき部分を再確認しながら過ごしました。その中で体力作りや組み手の改善が必要だと感じましたし、技術面ではより細かい部分に目を向けて、日々、強化をしていきました。

16分41秒に詰まった優勝への執念

初戦と準々決勝は一本で勝ち上がり、準決勝でタイマゾワ選手(ROC:ロシアオリンピック委員会)と対戦しました。試合時間16分41秒の「死闘」について振り返って頂けますか。

最後は延長戦の送襟締で勝つことができましたが、タイマゾワ選手は本当に体がやわらかく、寝技に入っても何度も逃げ切られてしまいました。ただ、過去の試合映像を見て彼女の特徴は分かっていましたし、5月に開催された柔道グランドスラム・カザン(ROC:ロシアオリンピック委員会)でも対戦していました。そのときは負けてしまっていたので、リベンジという意味も含めて、五輪に向けて取り組んできた自分の柔道をしっかりとぶつけて、「何が何でも技を獲り切って決勝に進むんだ」という思いで戦いました。

決勝戦では試合開始1分8秒に小外刈で技ありを奪い、その後も攻めの姿勢を貫いてオーストリアのポレレス選手に勝利しました。どのような気持ちで戦いましたか。

今回は対戦した外国人選手一人ひとりから、「絶対に勝つんだ」という五輪にかける強い思いを感じていたので、決勝戦でも自分の技を決め切って、必ず金メダルを獲るんだという気持ちでした。また、それ以上に、五輪という舞台で戦うために、苦しい思いをしながら稽古を積み上げてきたという思いがあったので、やり抜いてきた自分自身に後悔を残して大会を終えることだけはしないように、最後は前に出て攻め切る柔道をして終わろうという気持ちで戦いました。

優勝の瞬間は畳の上で満面の笑みを見せてくれました。戦い終えたときはどのような心境でしたか。

勝った瞬間にいろいろな感情が湧いてきました。優勝できて嬉しいという気持ち、ずっと目標にしてきたタイトルを獲れた喜びはもちろんですが、どこかホッとした感覚もありました。緊張感だったり責任感だったり、すべてが解き放たれた瞬間でした。

メンバーとともに勝ち取った金メダル

金メダルを獲得したあと、増地克之監督やスタッフの皆さんとは、どのような言葉を交わしましたか。

増地監督を含め、ずっとサポートをして頂いた全日本柔道連盟のコーチやスタッフの皆さんが本当に喜んでくれて、「おめでとう」と言って下さいました。メンバーの皆さんを代表して五輪に出場し、最後まで一緒に戦い切ることができたという思いが強いので、自分がその一員でいられたことを本当に幸せに思います。

最後に、新井選手を支え、応援してくれた人たちへのメッセージをお願いします。

たくさんの方の応援や支えがあったからこそ、自分は金メダルが獲れたと思います。そして、難しい状況の中でも多くの人が協力してくれたからこそ、自分たちアスリートが最高の舞台で力を発揮することができました。かかわってくれたすべての方に感謝の気持ちでいっぱいです。東京五輪(柔道)という自分にとって大きなイベントは終わったのですが、柔道や五輪を通じて経験させてもらったことをふまえて、これからも変わらず、人として成長できるように努力していきたいと思います。

東京五輪(柔道)金メダリスト・新井千鶴 名場面動画

東京五輪(柔道)金メダリスト・新井千鶴
東京五輪(柔道)
金メダリスト・新井千鶴

このページのTOPへ

柔道チャンネル「東京五輪(柔道)」について
東建コーポレーションが運営する柔道情報の専門サイト「柔道チャンネル」では、全日本柔道連盟オフィシャルパートナーとして、柔道にかかわる様々な情報を発信しています。2021年(令和3年)7月に開始した東京五輪2020は、連日のメダルラッシュで日本中を感動させました。柔道では計12個のメダルを獲得。なかでも金メダルは過去最多の9つとなっています。こちらでは、東京五輪2020における柔道金メダリスト「新井千鶴」選手を特集。東京五輪(柔道)で活躍した試合やインタビュー記事を掲載しています。
注目ワード