大野 将平
東京五輪(柔道)
金メダリスト特集・
インタビュー

大野 将平|東京五輪(柔道)金メダリスト特集・インタビュー

大野 将平|東京五輪(柔道)金メダリスト特集・インタビュー

大野 将平|東京五輪(柔道)金メダリスト特集・インタビュー

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

2021年(令和3年)7月24~31日に開催された東京五輪(柔道)。男子・女子選手ともに大活躍し、階級別・混合団体合わせて12のメダルを獲得しました。なかでも金メダルは9つで、過去最多となっています。こちらでは、東京五輪2020における柔道金メダリスト「大野将平」選手について大特集。試合内容やインタビュー記事がご覧頂けます。「金メダリストの東京五輪(柔道)の試合や、思い・今後の展望を知りたい」という方におすすめです。

男子73kg級 大野 将平

大野将平

リオデジャネイロ柔道競技(五輪)金メダリスト、日本のエースとして、東京五輪(柔道)に臨んだ大野将平。結果は「やはり、大野将平は強かった」と周囲を感嘆させ、驚愕させ、納得させた。

今大会、大野はノーシードでのスタート。2019年8月の世界柔道選手権大会以降、ワールドツアーに1度しか出場しておらずランキングポイントを上げていなかったため、五輪前時点のワールドランキングは13位。通常であれば、シードされれば、強敵との対戦がなくほぼ「8強」(ベスト8)が保障されるわけだが、大野という絶対的な強さを持つジョーカーの出現により、シード選手たちが戦々恐々となったのは想像に難くない。

そして、ドローの結果、大野は4つに分かれた山型の最初のブロック(プールA)、つまり第1シードのオルジョフ(アゼルバイジャン)と準々決勝で対戦するブロックに入ることになった。

2回戦からの登場となった大野の対戦相手はライク(ベルギー)。大野に組ませまいと左右にスイッチしながら先に攻撃を仕掛けるライクに対し、大野はまったく動ずることなく落ち着いて対処すると、左で脇下、右で奥襟を掴んだ1分39秒、豪快な内股で一本勝ち。幸先の良いスタートを切った。

3回戦の相手は第8シードのシログル(トルコ)。今年6月のブダペスト世界柔道選手権大会で3位に入っている実力者ながら、このシログルも下がりながら隅返や巴投などを繰り返し、大野に主導権を握らせない戦法。序盤、技の出ない大野に「指導」が入るも、大野は焦る様子もなくジワジワと圧力をかけ、シログルが窮地から逃れようと仕掛けた隅返を潰すとすぐさま寝技に。上体を極め、足を抜いて縦四方固に入ると、最後は横四方固に変化して「一本」、2分52秒。まったく隙のない柔道で準々決勝進出を果たした。

準々決勝は、2016年リオデジャネイロ柔道競技(五輪)、そして、2019年東京世界柔道選手権大会の決勝を戦ったオルジョフ。どちらの大会でも大野が勝ってはいるが、長身で接近戦を得意とし、一発のある怖い選手。

試合は、リーチの長いオルジョフが先に組み、大野の圧力に下がり気味ながらも、先手の攻撃を仕掛ける展開。序盤、大野は場外際でうまく回り込まれて場外「指導」を取られるも、大野の落ち着いた様子は変わらず。大野が右手で襟を掴み、オルジョフが大野の左脇を指してきたところで引き手もキャッチ。ここぞとばかりに右内股に入れば、これが「技あり」に(2分5秒)。その後、オルジョフが反撃に転じ、大野の奥襟を掴んで果敢に仕掛けるも、大野は落ち着いてさばくと、浅い右内股を跨がせて右小内刈に入り「技あり」。大野が合わせ技で難敵オルジョフを退けた(3分11秒)。

大野将平

準決勝は初対戦のツェンドオチル(モンゴル)。本戦4分はやや慎重ながら、接近戦にも応じてツェンドオチルの力量を観察していた印象。しかし、ゴールデンスコア(延長戦)53秒、ツェンドオチルが左手で奥襟を取りにくるや、右手を脇に指し右に回りながら右小外刈で崩して「技あり」。ここでも隙のない攻撃で確実にポイントを奪い、決勝進出を決めた。

そして決勝。優勝候補の一人で、大野にとって最強の敵と注目された2018年バクー世界柔道選手権大会王者のアン・チャンリン(韓国)との接戦を、「指導」3反則勝ちで勝ち上がってきた第2シードのシャブダトゥアシビリ(ジョージア)との対戦。この試合は約10分に及ぶ消耗戦となった。本戦の4分は両者ともに一歩も譲らない互角の展開。延長戦に入っても一進一退が続いたが、延長戦3分30秒を過ぎたあたりから、思い切りの良い大外刈で大野が徐々にペースを引き寄せると、延長戦5分25秒、右に組んでの左支釣込足でシャブダトゥアシビリから「技あり」を奪取。激闘に決着を付けた。

「リオデジャネイロ五輪を終えてからの、苦しくて辛い日々を凝縮したような、そんな一日の戦いでした」と振り返り、「(試合前は)悲観的な思いしかなかった」と心の内を吐露した大野。その言葉には、金メダルを獲ることの難しさがにじみ出ており、そのプレッシャーから解放された表情は、かつて見たことのないほど晴れ晴れとしたものだった。

「この状況下でオリンピックが行われたことに、賛否両論あるのは理解しています。ですが、我々アスリートの姿を見て、何か心が動く瞬間があれば、光栄に思います」。最後に残したこの言葉が、東京五輪に出場したすべてのアスリートの思いを代弁していたのではないだろうか。

独占インタビュー
金メダリスト大野将平に聞く

東京五輪(柔道)の金メダリストたちに柔道チャンネルが独占インタビュー!金メダルへの道のりや試合内容、現在の思いなどを語って頂きました。

前回王者の重圧と真っ向対峙してオリンピック2連覇を達成!

東京五輪優勝おめでとうございます。日本柔道史上7人目、男子では4人目となる五輪2連覇を成し遂げた気持ちを聞かせて下さい。

五輪で2連覇を達成できた安心感はあります。また柔道は金メダリストがたくさんいる競技なので、連覇したことで少し違いを示すことができたかなと思っています。

開催が1年間延期され、前回王者として、海外のライバル選手たちに研究される時間も増えたと思います。どのような準備をして東京五輪を迎えましたか。

延期期間は苦しさを感じる部分も多かったのですが、2013年の世界柔道選手権大会でチャンピオンになってから追われる立場には慣れていると言うか、しっかりと理解できていました。また、4年前に五輪の舞台を経験していたので、あらゆることを想定して準備をすることができたと思います。

打倒・大野に燃えるライバルを一掃

初戦は開始1分39秒の内股で一本勝ち。2020年2月のグランドスラム・デュッセルドルフ以来の実戦でしたが、非常に落ち着いた試合運びでした。

約1年5ヵ月間実戦から離れていたので、やはり初戦が非常に大事になると考えていました。対戦相手のライク選手(ルーマニア)が強敵だということも理解していたので、冷静に試合に入ることができたと思います。

3回戦も一本で勝ち上がり、準々決勝ではリオデジャネイロ五輪の銀メダリスト、オルジョフ選手(アゼルバイジャン)から内股と大内刈で技ありを奪って完勝しました。

リオデジャネイロ五輪の決勝を含めて、彼とはたくさん試合をしてきましたし、同級生でもあるので、五輪という場で再び戦えたことを本当に誇りに思います。

準決勝と決勝はGS延長戦での勝利でした。特にシャフダトゥアシビリ選手(ジョージア)との決勝は試合時間が9分を超える熱戦となりましたが、どのような気持ちで戦っていましたか。

シャフダトゥアシビリ選手も同級生で、過去に何度も対戦しています。2021年の世界柔道選手権大会チャンピオンですし、ロンドン五輪で金メダル、リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得している強敵なので、五輪の決勝という場で戦えたことを誇りに思います。最後は支釣込足で技ありを奪ったのですが、彼の当日の戦いぶりを見て「今日は手こずるだろうな」と、ある程度長い試合になることを想定していたので、GS延長戦になっても気にすることなく、落ち着いて戦うことができた結果だと思います。

周囲の期待を自己向上の糧に

優勝が決まった瞬間の気持ちを教えて下さい。また、井上康生監督からはどのような言葉をかけられましたか。

やはり安心したという気持ちが強かったです。井上監督からは「しびれた。強かったな」と言って頂きました。

最後に、大野選手を支え、応援してくれた人たちへのメッセージをお願いします。

「大野は当然2連覇するだろう」「必ず勝ってくれるだろう」という言葉が、プレッシャーになったことは間違いないのですが、皆さんの期待があったからこそ自分自身を疑い、油断することなく5年間を過ごしてこられたのだと思います。今後についてはゆっくり考えたいと思っていますが、練習拠点の天理には後輩の丸山城志郎選手もいるので、少し休んだあとに彼と一緒に稽古とトレーニングを始めようと思っています。

このページのTOPへ

柔道チャンネル「東京五輪(柔道)」について
東建コーポレーションが運営する柔道情報の専門サイト「柔道チャンネル」では、全日本柔道連盟オフィシャルパートナーとして、柔道にかかわる様々な情報を発信しています。2021年(令和3年)7月に開始した東京五輪2020は、連日のメダルラッシュで日本中を感動させました。柔道では計12個のメダルを獲得。なかでも金メダルは過去最多の9つとなっています。こちらでは、東京五輪2020における柔道金メダリスト「大野将平」選手の試合をご紹介。熱い試合展開をご確認頂けます。
注目ワード