平成25年全日本柔道選手権大会

試合後のコメント

優勝  穴井 隆将選手(天理大学職員)

穴井選手穴井選手

何回出場しても全日本柔道選手権大会は緊張します。ここの畳に上がる嬉しさを改めて感じました。

ロンドンオリンピックで期待に応えられなくて辛い思いをしましたが、日本中から温かい励ましを頂きました。最後に恩返しをしようと畳に上がったけど、まさか優勝できるとは…。

全日本引退を表明してから稽古ができていなかったので、やれることをやろうと思いました。勝ちたいとかは考えずに、夢中で心の底から柔道を楽しめましたね。自分にプレッシャーを与えることなくできたのが良かったのではないかと思います。

内容は見て頂いた通り。皆に応援してもらい幸せを感じましたが、見せれるような内容ではありません。今日色々な選手と対戦し、畳に上がり彼らの眼、表情を見たとき「勝ちたい」気持ちが伝わりました。

しかし、ときに行き過ぎてもいけません。戦いを終えメンタルの難しさを感じましたね。改めて(現役続行は)無理だと感じました。それに今の自分は精神的に◎、技術・作戦も◎、体力は×です。体力が無い分、いかに相手を揺さぶりながらを考えてやっていましたからね、そういう戦い方では現役続行は、やはり無理です。

(引退は)自分自身を分析して出した結論なので、一度言ったことは曲げません。色々な人に愛してもらった、幸せだったな、という柔道人生でした。

決勝で対戦した原沢選手はロンドンオリンピックでの練習相手。自分の要求に色々と応えてくれた選手です。そんな彼が何処までできるのか楽しみでした。正直勝てないのではないかとも思っていました。

戦いを終え「最後は勝ちに拘ったため、戦い方については申し訳なかった。重量級を背負って行って欲しい」と伝えました。土をつけられながら自分もここまで成長できました。今後、あのときのおかげと原沢選手に言われる様になれば、嬉しいですね。

柔道は、一生懸命やればやるほど実力・結果がつきます。小さなお子さん、中学生、高校生、大学生、若手の皆には、これから頑張ってほしいですね。

現役引退について、もちろん悔いはあります。ロンドンオリンピックで勝てなかったこと。本当に悔しかったです。今でも夢に出ることもあります。街に出てもオリンピックで負けた奴、と言われることもありました。

しかし、家族、職場の人、天理関係の人は、それについて何も言わず普段通りに接してくれたのが、本当にありがたかったです。それが一番居心地が良かったです。あたたかい励まし、それに支えがあったからこそ今日までやってこれたと思っています。

今後は指導者。天理高校・大学は「日本一」から、ここ数年離れています。日本一を目標にし、これまでの経験、試合中で活かせる技術などを選手に伝えていければいいですね。「穴井に指導してもらえて良かった」、そう思われるような指導者になりたいです。

大会結果

優勝 準優勝 3位
穴井 隆将
(天理大学職員)
原沢 久喜
(日本大学3年)
石井 竜太
(日本中央競馬会)
垣田 恭平
(旭化成)

トーナメント表

トーナメント表

トーナメント表トーナメント表トーナメント表トーナメント表

昨年大会の模様@大会の模様@

昨年大会の模様A大会の模様A

昨年大会の模様B大会の模様B

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネル「全日本柔道選手権大会」について
柔道チャンネルでは、男子柔道無差別で日本一を決定する「全日本柔道選手権大会」の動画をYouTubeにて配信しています。無差別級ならではの試合展開、そして一本を取る豪快な技の数々などダイジェスト動画でご覧頂けます。また、選手・大会写真集、大会結果、選手コメントなどの大会情報も満載です。
注目ワード