柔道選手紹介

■ 2021年11月1日

垣田 恭兵 かきた きょうへい(男子100kg級)

垣田 恭兵 かきた きょうへい

過去2大会連続で3位入賞を果たし、初優勝を目指して臨んだ2021年全日本選抜柔道体重別選手権大会で、惜しくも初戦敗退に終わった垣田恭兵(旭化成)。

1回戦の相手は2020年講道館杯全日本柔道体重別選手権大会(兼全日本選抜柔道体重別選手権大会)の3位決定戦で対戦し、2本の背負投で合技一本勝ちを収めている山口貴也(日本大学4年)。試合序盤は組み手争いで優位に立ち、開始1分37秒に指導ポイントを先取したが、次第に相手の圧力を受ける時間帯が増え、残り30秒を切ったところで指導ポイント1-2と逆転を許してしまう。さらに終了間際の3分59秒、一瞬の隙を突かれて内股で技ありを献上し、痛恨の逆転負けを喫した。

男子100kg級の強化指定選手の中では最年長のベテランだが、2020年も講道館杯全日本柔道体重別選手権大会(兼全日本選抜柔道体重別選手権大会)で3位に入賞するなど、その実力はいまだ健在。2022年1月に開催予定の講道館杯全日本柔道体重別選手権大会では、悲願の初優勝をぜひ実現してほしい。

プロフィール

  • 強化指定:B強化
  • 階級:100kg級
  • 年齢:33歳
  • 段位:5段
最近の主な戦績
2020年
講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 100kg級 3位

※掲載内容は公開時(2021年11月1日)の情報となります。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード