柔道選手紹介

■ 2021年8月9日

永山 竜樹 ながやま りゅうじゅ(男子60kg級)

永山 竜樹 ながやま りゅうじゅ

2021年3月に開催された柔道グランドスラム・タシケント(ウズベキスタン)で優勝を飾り、グランドスラム大会通算7個目の金メダルを獲得した永山竜樹(了徳寺大学職員)。

国際大会出場は約1年ぶりだったが、初戦から落ち着いた試合運びで一本を重ねて難なくベスト8に進出。準々決勝は谷落の技ありで優勢勝ち、準決勝は背負投と縦四方固の合技で相手をねじ伏せると、決勝で2015年世界柔道選手権大会王者のスメトフ(カザフスタン)と対戦。序盤から積極果敢に技を仕掛けてペースを握ると、開始1分31秒に豪快な背負投で技ありを奪取。その後も攻撃を緩めず元世界王者を圧倒して、2019年柔道ワールドマスターズ・青島、2020年柔道グランドスラム・パリに続いて国際大会3連勝を飾った。

2021年6月にはハンガリーで開催された世界柔道選手権大会に出場。戦前は優勝候補筆頭と目されていたが、3回戦で2021年ヨーロッパ選手権大会3位の新鋭・フセイノフ(アゼルバイジャン)の背負投を浴び、まさかの優勢負け。世界王者¢ユ冠の悲願は、4度目の挑戦でも成就させることができなかった。

目標とする2024年パリ五輪に向け、IJF世界ランキング1位の実力者に求められるのは「世界選手権王者」の称号を手に入れること。東京五輪(柔道)の舞台に立てなかった悔しさを糧に、大きな壁を乗り越えてほしい。

プロフィール

最近の主な戦績
2020年
柔道グランドスラム・パリ 60kg級 優勝
2021年
柔道グランドスラム・タシケント 60kg級 優勝

※掲載内容は公開時(2021年8月9日)の情報となります。

このページのTOPへ

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード